Edraw(エドラ)製品 操作ガイド

気になる操作方法を確認しよう。

MindMaster使い方ガイド

ガントチャート表示

ガントチャートは、ビジュアルタスクバーを用いてプロジェクトステータスとプロセスを監視するのに有効です。ガントチャート表示では、直接タスク情報を管理することができます。ガントチャート表示でタスク情報を変更した場合、マインドマップ上の関連する情報も変更されます。

ガントチャートパネルを開く/閉じる

  1. ガントチャートパネルを開く方法は2つあります。
    • アドバンスツールをクリックし、ガントチャートボタンガントチャートボタンをクリックします。
    • 右サイドバーのタスクパネルに移動し、ガントチャート表示のアイコンをクリックします。
    • ガントチャート表示アイコン
  2. 上記のボタンのいずれかを再びクリックすることでガントチャートパネルを閉じることができます。

ガントチャートオプションを設定する

ガントチャートオプションメニューでは、日付フォーマット、メジャー/マイナーユニットの設定、作業日の設定、プロジェクト全体の開始/終了時間の設定を行うことができます。

  1. ガントチャート設定ダイアローグを開くには、
    • アドバンスツールをクリックし、ガントチャートオプションボタンガントチャートオプションボタンをクリックします。
    • 右サイドバーのタスクパネルに移動し、ガントチャートオプションのアイコンをクリックします。
    • ガントチャートオプションアイコン
  2. ガントチャートオプションダイアローグでガントチャート設定オプションを編集します。
    • ドロップダウンの日付形式メニューから日付形式を選択します。
    • 作業日を選択します。
    • 大区分/小区分を選択します。
    • 開始/終了時間を設定します。
    • ガントチャートオプションウィンドウ

ガント表示でタスク情報を編集する

ガントチャートでは、各タスクがタスクバーとして表示されます。タスクバーを移動またはドラッグすることでその開始/終了時間を変更することができます。また、ガント表示でタスクディペンデンシーを構築することも可能です。

  1. タスクの名前を変更する
  2. タスク名コラムのセルをダブルクリックしてタスクの名前を変更します。

    タスクの名前を変更する
  3. タスクの開始/終了時間を変更する
  4. バーの右側の境界部分をドラッグしてバーの長さを変更します。バーを選択し、カレンダー上でポジションを移動させます。

    ガント日付を変更する
  5. タスク完了度を変更する
  6. タスクバーの左側の境界にカーソルを合わせ、マウスをクリックしながら右方向にドラッグすると緑色のエリアが表示されます。この緑色のエリアがタスクの完了度を表します。

    ガント完了度を変更する
  7. タスクディペンデンシーを構築する
  8. タスクバーをクリックし、マウスをクリックしながら別のタスクバーまでドラッグします。これで関係が構築されます。

    タスクディペンデンシーを構築する タスクディペンデンシーを構築する
  9. 日付単位を変更する
  10. 日付の単位を変更するには、ガント表示パネルの右上にある+または-ボタンをクリックします。

    日付単位を変更する

ガントチャートをエクスポートする

エクスポート機能では、ガントチャートをPDFファイルとして保存することができます。ガントチャートを印刷する、または他の人と共有する際に便利です。

  1. アドバンスツールに移動し、ガントチャートをエクスポートボタンをクリックします。
  2. 保存ウィンドウでガントチャートの名前を入力します。
  3. 保存をクリックします。