Edraw(エドラ)製品 操作ガイド

気になる操作方法を確認しよう。

MindMaster使い方ガイド

MindMaster Android APPは、2019年11月にEdrawSoftがリリースした新製品になります。ユーザーフレンドリーなマインドマッピングツールとして、MindMasterはアイデアを集め、思考を整理し、マインドマップを共有できるようにユーザーをサポートします。豊富な挿入テンプレートとスタイリッシュなレイアウトにより、ユーザーはiPhone上で上質なマインドマップを作成することができます。また、マインドマップを画像、HTML、PDFなどの形式でエクスポートすることも可能です。本ガイドでは、MindMaster Android APPの使用方法について説明します。

MindMaster APPをダウンロードする

MindMasterをGoogle Playで検索し、ダウンロードをクリックします。ダウンロード完了後、アプリを開いて使用することができます。

登録とログイン

アプリを開き、サインアップする、またはMindMasterアカウントでログインします。

マインドマスターAndroidログイン

新規ユーザー:Emailアドレスを使用して登録します。Facebook、Twitter、Googleアカウントでログインすることも可能です。

登録済みユーザー:登録したEmailまたはサードパーティーアカウントを利用してログインします。

ログイン後、File(Cloudドキュメント)、DropBox、Google Driveでファイルの検索/管理し、マインドマップを作成、編集、閲覧できるようになります。

ユーザーセンター

最近開いたファイル:最近開かれたマインドマップファイルを表示、管理することができます。

File: パーソナルCloudファイルです。

DropBox:DropBox内でマインドマップファイルを表示、保存、管理することができます。

Google Drive:Google Drive内でマインドマップファイルを表示、保存、管理することができます。

共有: 共有されたファイルを管理することができます。

ゴミ箱:削除ファイルを見つけることができます。

設定:設定ページに移動することができます。

MindMasterデスクトップ:MindMasterソフトウェアのホームページです。

MindMasterオンライン:MindMasterオンラインのホームページです。

Edraw Max:Edraw Maxソフトウェアのホームページです。

ホームページ

ホームページとは、MindMasterでユーザーインターフェースを設定するためのメイン機能であり、ベーシック機能になります。

マスターAndroidホーム

+ボタン:クリックして新規マインドマップを作成します。12個のマインドマップタイプから1つを選択して作業を開始します。

作業ページ

作業ページは、MindMasterにおけるコア機能ページになります。ユーザーは、作業ページでマインドマップを作成することができます。

MindMaster Androidキャンバス

キャンバス:マインドマップを作成する場所で、ズームイン/ズームアウトをすることができます。

トピック:クリックして、選択されたトピックの後ろにトピックを作成します。

サブトピック:クリックして、新規サブトピックを作成します。

アウトライン:アウトラインビューモードに切り替えます。

戻る:ホームページに戻ります。

元に戻す/やり直す:1つ前の手順に戻ります。

写真:クリックして、アルバムから写真を選択します。

機能ユニット

マインドマスターAndroid機能ユニット

(左から右)

吹き出し:クリックして吹き出しを追加します。

関係:クリックして関係ラインを追加します。

フローティングトピック:クリックしてマインドマップにフローティングトピックを適用します。

サマリ:クリックしてサマリを追加します。

囲み:クリックしてサマリを追加します。

テキストユニット

マインドマスターAndroidテキストユニット

ハイパーリンク:クリックしてハイパーリンクを追加します。

添付:クリックして画像、動画、ファイルの添付を追加します。

ノート:クリックしてノートを追加します。

コメント:クリックしてコメントを追加します。

デザインユニット

マインドマスターAndroidデザイン

テーマ:30種類のすぐに利用可能なテーマが用意されています。

レイアウト:12種類のマインドマップレイアウトが用意されています。

バックグラウンド:バックグラウンドカラーをデザインする、または画像をバックグラウンドとして挿入することができます。

テーマカラー:現在のテーマのテーマカラーを変更することができます。

スタイル:4種類のレインボーカラースタイルと2種類のラインスタイルが用意されています。

マスターAndroidトピックデザイン

シェープ:トピックのシェープの変更、フィルカラー、ラインカラーの調整、およびトピックへの画像の挿入が可能です。

ブランチ:ブランチラインのスタイル変更、各トピックへの番号付けが可能です。

テキスト:フォントサイズ、フォントカラー、テキストバックグラウンドカラーを変更することができます。

保存とエクスポート

MindMaster Android保存ユニット

保存:クリックしてローカルに保存することができます。

名前を付けて保存:ファイルを個人のCloud、DropBox、Google Driveに保存することができます。

共有:クリックして共有リンクを生成することができます。生成後、シングルクリックのみでFacebook、Twitter、WhatsAppで共有することが可能です。

写真:画像形式で保存し、共有することができます。

PDF:PDFとして保存し、印刷することも可能です。

設定ページ

MindMaster Android設定

ベーシック情報:個人情報を編集することができます。

言語設定:アプリ言語を変更することができます。

フィードバック:フィードバックや提案を弊社まで送信することができます。

MindMasterについて:アプリのバージョン情報とプライバシーポリシーを確認することができます。