【コスパ良し!】Visioの代わりに使える 代替ソフトの決定版!EdrawMax

Visio形式である『vsdx・vsd』ファイルを開いたり、編集したり別のファイル形式に書き出せるソフト「Edraw Max」

Visioのメイン用途である「フローチャートやマインドマップ、組織図、回路図、間取り図」などを描画することも可能!

Windows・Mac・Linuxに対応しているコスパの良い「Visioの代替ソフトウェア」をご紹介致します。

100%安全・安心 | マルウェアなし | 広告なし

フローチャート
home tuxing 1
home tuxing 2
home tuxing 3

Visio(ビジオ)代替品

EdrawMax(エドラマックス)は、Windows・Mac・Linux上で使用可能なVisioと同様の作業が可能なソフトウェアです。フローチャート、組織図、マインドマップ、電気回路図、P&ID、UML図、チャート、ガントチャート、インフォグラフィックスなどを作成できます。Visioに似ていますが、操作はより簡単で、価格も安いVisio代替ソフトです。参考:EdrawでVisio ファイルを編集する方法


visio
transformation

Visioファイルのインポート/エクスポート

EdrawMax(エドラマックス)でVisio(.vdx、.vsdx)ファイルをインポートすることが可能です。インポートされたVisioファイルはベクター形式なので編集時に劣化することはありません。エドラマックスで編集し、Visio形式でエクスポート出来るので、Visioユーザーとの共同作業に便利です。


260+ダイアグラム用の記号とテンプレート

Visioと比較して、EdrawMax(エドラマックス)には豊富な記号とテンプレートが含まれています。200種類以上のダイアグラムの作成に使えるベクターのシンボルと記号が利用可能。また、Visioよりも多くのテンプレートが用意されているため、ユーザーは作図を効率的に作成する事が出来ます。


記号
共有

ファイルを保存、共有しやすい

Edrawドキュメントをコンピュータやクラウドに保存し、共有します。 ワンクリックすると、ファイルをWord、PDF、PPT、PNGなどの様々な形式にエクスポートできます。オンラインブラウザビューアから任意の場所でもファイルを開くことができます。ワンボタンを押してソーシャル共有リンクを生成できます。


Visio®との機能比較

Edraw Maxには、Visio®の機能だけでなく、フローティングボタンを介してダイアグラムを自動生成したり、
ベクトルスケッチツールを使って自分で図形をデザインする等、Visio®に含まれない機能も多く利用する事が出来ます。詳しくは以下でご覧ください。

Visioの代わりの「多機能のベクター作図ソフト」EdrawMax(エドラマックス)

フローチャート、マインドマップ、組織図、電気回路図、ネットワーク図、P&ID、UML図、インフォグラフィック
BPMNなど200種類以上のダイアグラムをWindows・Mac・Linux等デバイス問わず作成できます。

フローチャート
フローチャート
組織図
間取り
マインドマップ
ネットワーク図
P&ID
インフォグラフィック
電気回路
ガントチャート
チャートとグラフ
チャートとグラフ

さあ、Visioの代替ソフト[EdrawMax(エドラマックス)]を試してみよう!

Visioの代替ソフトをダウンロードして、Visio(.vdx、.vsdx)ファイルの書き出しや読み込み、豊富なテンプレートをお試しください!
無料体験 無料体験 無料体験 今すぐ購入

Edrawは世界企業トップ500社にも愛用されております。