マインドマップ 知識

成績アップ!学習時間を上手に管理するテクニック

成績アップを目指すための勉強時間管理方法

勉強はするつもりなのに、実感しているほど勉強時間が取れていないことがあります。学生生活は勉強以外にもするべきことがあり、スケジュール管理も大変です。点数や資格など、狙っていることの成果を得るために、ある程度の時間を確保しなければいけません。
このページでは、時間管理を上手に行うためのマインドマップ作成についてご理解頂くことで勉強にお役立ち頂ける情報を紹介しております。 成績アップを目指すためにも、しっかりとスケジューリングを行って、効率的な勉強ができるように準備していきましょう。

マインドマップを無料で書くならEdrawMind(エドラマインド)

100%安全・安心 | マルウェアなし | 広告なし

Part 1: 勉強の成績があがらない理由

成績があがらないのは勉強していないから!そう言われると納得がいかない学生さんが多いはずです。大人が考える以上に、学生には勉強に費やせる時間が多くありません。
通常の授業が終わると、部活動や補習、それが終わったとしても何らかのサークル、習い事、学習塾などに通って帰宅するとします。そこから、自分のための勉強をすることにしても、睡眠は必要です。
全ての勉強を目いっぱい勉強することは簡単ではありません。まず勉強で結果を出すには時間管理をして、狙った通りに密度が濃い学習こそ求められています。
重点的に学習するポイントと、あまり時間をかけずに済む部分を見極めて、適切な配分をしていけるかどうかが結果につながるでしょう。


Part 2: 時間管理をして勉強に役立てるコツ

時間を意識する勉強術は、時間を多く取れない学生にこそ効果が期待できます。時間管理をして勉強するコツと理由を3つ紹介します。時間をどううまく使っていくかが、今後の成績や受験に大きく左右します。

2.1 スキマ時間を活用

学校や大学などに通う以上、自己の勉強のために時間を費やすということは週末でもない限りは、難しいです。毎日の時間管理を綿密に行い、スキマ時間を勉強に費やす習慣作りが勉強に役立つコツです。
睡眠時間を削るような学習は、逆に集中力を切らしてしまったり、体調不良を起こしてしまったりする可能性を高めるため、良い方法ではありません。
無理なく学習を行い、短い時間もうまく活用して、効率的な勉強をしていくことが何よりも大切です。

2.2 不透明な時間をなくす

時間管理をしてみると、何をするわけでも時間だけが過ぎていた不透明な時間なども見つかります。スキマ時間と不透明な時間を、バランスよく勉強に用いることが結果への近道です。
実際に勉強する時も中身について時間管理をして、同じことばかりを繰り返さない意識も必要になります。 時間がないと思っていても、案外使える時間が残っていたりすることもあるため、まずは日々の生活を、見直してみることから始めましょう。

2.3 行事に合わせて優先を決める

限りがある時間を有効に使うには、急ぐべきこととそうではないことの線引きが欠かせません。スケジュール管理も大事にして、テストや模擬試験と言った重要度が高いものを把握して、試験範囲や科目など実施日まで逆算してのプランニングが結果に繋がります。

上記の3つを意識すると勉強の成果を上げることが期待できます。また、時間管理そのものもビジュアル的にわかりやすいものがおすすめです。
例えば優先したい事柄の色を変えてみたり、より見やすいデザインに変えたり、自分が見てわかりやすいスケジュール作りを目指しましょう。


100%安全・安心 | マルウェアなし | 広告なし

Part 3: マインドマップで勉強の時間管理(おすすめ勉強術

週の勉強計画

☞☞無料テンプレートダンロードこちらへ☜☜

マインドマップでの勉強管理では、 1日の勉強スケジュールや、一週間、月別に分けてどのような配分で勉強をしていくかスケジュールを立てることができます。
また、テストの日程や受験の手続き、その他の備考などについてまとめるなどして、試験などに合わせたスケジュールを立てることも可能です。

一日の勉強計画

一日の勉強計画

☞☞無料テンプレートダンロードこちらへ☜☜

パソコンソフトのEdrawMindを使えば、様々なテンプレートを活用することができるため、自分の好きなデザインでスケジュール管理表を作成できます。
テーマやノード間の間を広げるなどして、詳しく時間ごとに何の学習をするのか書き込んで行ったり、月の家第1週は何を重点的に勉強するのか決めていくこともできるでしょう。追加したいことがあればマウス操作で増やしていくこともできるため、直感的にマインドマップを作っていくことができます。
さらに、イラストの挿入や色分けするなどのことも単純操作でスムーズに行えるため、クリックやキーボードの打ち込みが出来れば、それ以上の技術は必要としません。全体を見ながらバランス調整などをして、一目でどのような勉強をしていくのかわかるようなマインドマップにしておくと、勉強スケジュールも頭に入りやすくなります。


Part 4: まとめ

日々の学習を効率的にしていくためには、時間管理をしていくことが何よりも大切です。勉強する時間配分を間違えてしまえば、成績アップはもちろんのこと、テスト対策や入試対策十分に行うことができなくなってしまいます。
マインドマップを使ったスケジュール表を作れば、1日の時間配分や、週間や月間の予定もジャンルや項目に分けた管理がしやすくなるでしょう。もし、マインドマップを作れるパソコンソフトの中で、簡単操作でマインドマップの作成が行えるかつ、豊富なテンプレートを求めている方には、EdrawMindで作図することが必要です。
パソコンを使った表作成は難しいと思われがちですが、EdrawMindであれば上級者のような技術力も必要としないため、誰でも安心して使えるでしょう。

EdrawMind -- あなたのアイデアと知識を構築
  • 12種類のレイアウト & 33種類のテーマ
  • 700+のクリップアート
  • プレゼン & ブレーンストーミングモード
  • グループのコラボレーション

関連記事
-->