マインドマップ 知識

受験で有利に立てる勉強スケジュール

成績アップするためのマインドマップ勉強術

時間はたくさんあったはずなのに、気づいたら本番間近になっていたという経験をする受験生は多いです。試験日までに行うべきことが出来ればいいですが、そうでなかったら想像することが怖くなります。
このページでは受験を迎える方が困らない、受験勉強のスケジュールのポイントやマインドマップを活用した時間管理について紹介しております。

マインドマップを無料で書くならEdrawMind(エドラマインド)

100%安全・安心 | マルウェアなし | 広告なし

Part 1: 受験する前によくイライラする原因はなぜ

受験勉強を経験したことがある方なら、わけもなくイライラしてしまった経験はありませんか?多くの受験生がイライラしてしまう理由のほとんどは不安からきていることが多いです。
これまで取り組んできた受験勉強が十分だったか、また本番までに何をどれくらい勉強すればよいのか判断がつかなくなっていることが多いです。タイミングが悪い時に、まさに悩んでいるときに、家族に痛いところを突かれる質問をされると一気に気持ちが爆発することが考えられます。
いま受験生である方は、受験勉強の時間管理を定着させることで、不要なイライラ時間を抑えることは可能です。意識して取り組んでみることをおすすめします。



Part 2: 受験前に勉強時間のどうやって配分

受験勉強における大きな不安やイライラを抑えるためには、前もってバランスを決めておくことと、定期的に行われるテストを判断材料にプランを微調整することをおすすめします。
試験本番までに必要な点数や受験する科目、入試情報を知ることでどの単元を勉強する必要があるのか、ポイントの絞り込みが可能です。実際の点数(模擬試験の結果など)を分析して、目標に合わせた時間配分が求められます。
語彙力が不足しているなら語彙の暗記時間、計算力が弱いのであれば計算ドリルに費やす時間など内訳を決めていくことがコツです。
定期テストや模擬試験の結果を見て、変動した点数に合わせて、配分の増減を変えていくことを忘れてはいけません。本番時に到達しているレベルに到達するための微調整こそ大事にしていきましょう。



Part 3: マインドマップを使って、受験勉強のスケジュールを管理

受験勉強のスケジュール

上図:EdrawMindで作成した受験勉強のスケジュール
☞☞編集可能なマインドマップをダウンロード☜☜

スケジュールを立てるためにも、まずは試験日までの、学習する流れを掴んでおかなければなりません。
試験日までの流れは、以下の内容ご参考なってください。

3.1 情報集め

希望校の試験日や、試験の傾向や範囲などの情報集めを行います。
どのような試験が行われるのか、どの科目の学習が必要になるのか分かっていれば、試験日までの学習内容を調整していけるようになります。

3.2 基礎のおさらい

試験の傾向がわかったら、次は基礎的な部分のおさらいを始めます。
発展問題や過去問題を解くためにも、基礎がしっかりしていないと問題も解けなくなってしまうため、今まで習ってきたことを再確認するためにも、基礎学習をはじめに行います。

3.3 資格取得の学習

基礎固めばかりしていると勉強に飽きてしまったり、集中力が途切れてしまったりすることもありえます。
そんな時に、英検などの資格取得を目指した学習を挟むと、意欲を衰えさせずに学習を続けていけるようになるでしょう。

3.4 過去問題に挑戦

基礎的なおさらいも終わり、受験勉強が折り返しになるタイミングでは、いよいよ過去問題に挑戦していきます。
希望校の過去問題は、問題の傾向を掴むと同時に、実際の試験で行われるレベルの学習が行えるため、より実践に近い形の勉強ができるようになります。

3.5 受験に合わせた準備をする

受験も間近になる時期には、リスニングなどの問題に慣れておくなど、受験内容に合わせた準備をします。
筆記以外にどのような学習が必要になるのかは学校によって異なるため、 ここで情報集めがしっかりできているかが大きく影響してきます。

3.6 試験日本番

受験に合わせた準備も終わったら、後は試験日本番を迎えることになります。基礎もしっかり掴めた上で、過去問題やリスニングに対応できるようになっていれば、合格に近づきます。計画的に学習を行って、当日になって慌てないようにしておくことが重要です。

以上のような流れで受験対策を行うことになるでしょう。

そこで、全体の流れをより具体的にイメージし、計画的に学習を行うための方法としてマインドマップを使った、受験勉強のスケジュール管理が効果をあらわします。
マインドマップの作成は、パソコンソフトのEdrawMindを活用すれば、様々なテンプレートを使うことができるため、マインドマップを作るのが初めてだという方にもおすすめです。
テンプレートを選べば後はイラストを挿入したり、ノート分を行って、どの時期にどのように勉強が必要なのか、どの科目のどんな対策を取って行くのかジャンルや項目に分けたりして書き込んで行きましょう。 簡単操作でマインドマップを作れるため、まずはEdrawMindの無料版をダウンロードして、マインドマップ作りを体験してみませんか。

100%安全・安心 | マルウェアなし | 広告なし


Part 4: まとめ

受験を成功させるためには、勉強のスケジュールを計画的に立てておかないと、十分な学習が行えず、不完全な状態で受験を迎えることになってしまいかねません。
まずは、志望校ではどの単元が試験科目となるのか、試験日はいつなのかといった情報を集めて、どのような配分で学習をしていくか考えていきます。マインドマップを使えば科目ごとに情報を開けてまとめていくことができるため、スケジュールを管理する方法としても役立つでしょう。
そこで、たくさんのテンプレートの中からデザインを選んで、自由にマインドマップの編集をしたいと考えるなら、EdrawMindで作図することが必要です。無料で使えるテンプレートを活用しながら、見やすくて使いやすいスケジュールの作成を行ってみませんか。

MindMaster -- あなたのアイデアと知識を構築
  • 12種類のレイアウト & 33種類のテーマ
  • 700+のクリップアート
  • プレゼン & ブレーンストーミングモード
  • グループのコラボレーション

関連記事