マインドマップ 知識

マインドマップで化学のまとめノートを書く勉強術

化学のまとめノートが書きたくなる

子育て世代にとって、子供の夏休みなどの長期休暇は、学校生活がない分日常よりも配慮しなければならない化学を勉強する時には困るのは、書くべきことが沢山あることです。全てを暗記するとなると不安になりますが、マインドマップという勉強術を覚えると不安は解消できます。
化学の情報をまとめるのに役立つ方法を知りたい方に、マインドマップを活用した化学ノートを作る勉強術を紹介しております。情報の暗記にお役立てください。

マインドマップを無料で書くならEdrawMind(エドラマインド)

100%安全・安心 | マルウェアなし | 広告なし

Part 1: 化学勉強はノートを欠かせない

多くの中学生、高校生は化学の勉強をすると、覚えないといけないことに気づくでしょう。化学は身の周りに存在する様々な物質の構造や性質を、掘り下げて勉強していく学問です。
物質の構造、性質、化学反応を起こした場合の変化など覚えていく情報は膨大です。構造を理解して覚えることが多いので、文字情報だけの勉強術では物足りなくなります。
図や文字情報を兼ね備えたノートまとめが日頃から不可欠です。図式化することでより具体的なイメージを持てるようになるため、学校の授業や教科書だけではいまいち内容がつかめないという方に、有効的な手段となるでしょう。



Part 2: 化学まとめノートを書くコツ

化学まとめノートを上手に書けるようになるポイントを3つ紹介します。
ただ書きなぐるだけのノートは難しく、最低でも以下のポイントをおさえたものを意識していくと良いでしょう。
コツさえ掴んでしまえば、自分に合ったノートの書き方を見つけることにもつながります。

2.1 書き足すことを想定したレイアウト

勉強のまとめノートは、問題を解けば解くほど、情報を書き足すことが多いです。新しくまとめノートを書いていく場合には、後に書き足すことを想定して空白が多いレイアウトが理想です。

2.2 用語の意味を網羅して情報の不足をなくす

化学反応式のノート

上図:EdrawMindで作成した化学反応式のノート
☞☞編集可能なマインドマップをダウンロード☜☜

まとめノートに模試やテストの解説を記入する場合に、説明文が理解できないこともあります。原因としては、用語や語句の意味を理解できていない、もともと知らないということも可能性大です。
その場合に、しっかりと書き足して、まとめノートさえ見れば全てわかる状態が勉強の目安に求められます。 情報が不足してしまうと、間違った認識を持って試験などを行うことになってしまうため、必要な情報がまとめられているか確認することは忘れずに行いましょう。

2.3 色遣いを工夫して見やすくする

カラフル過ぎて、ノートつくりに手間取るレベルだと困りますが、ある程度の色彩は必要です。色遣いを意識することで、同じ情報でも分かりやすさが違ってきます。
まとめノートは見直すことを想定して作っている勉強術のため、見やすさにもこだわりが欠かせません。重要となるポイントは赤色で目立つようにしたり、ジャンルごとに色分けしたりして、ノートを見たときに、自分が理解しやすいデザインを目指していくことが大切です。

100%安全・安心 | マルウェアなし | 広告なし


Part 3: マインドマップを使った化学ノートまとめ方

化学ノート

上図:EdrawMindで作成した化学のノート
☞☞編集可能なマインドマップをダウンロード☜☜

マインドマップを使う学習に慣れていない方にとっては、どれほどの余裕を持たせればいいのか、どのように情報をまとめていけばいいのか、分かりづらいこともあるかと思います。
そんなマインドマップに慣れていない、という方におすすめする学習方法が、EdrawMindという作図ソフトを活用した化学ノート作りです。 EdrawMindはパソコンでマインドマップの作成ができるソフトのひとつで、様々なテンプレートが用意されているため、自分が使いやすいデザインを探すことが可能です。 また、中心に配置するテーマをドラッグして上部に動かしたりすることができるため、下へ展開していくようなマインドマップの作成も、簡単に行えるようになるでしょう。 テーマによってまとめる内容も変わりますが、化学式や粒子の種類など、ジャンルごとに分けて、関連性のある言葉やコメントを付け足していくのが基本です。



Part 4: まとめ

マインドマップを使った勉強術は、化学の情報をジャンル分けして、それぞれを関連付けて覚えていくことができます。
ただ教科書の内容を覚えようとしても、すべてを暗記することは難しいため、マインドマップを活用し、情報を整理してまとめていくことを意識しましょう。マインドマップをより効率的に作成するためには、パソコンソフトを使った作成が最適です。
その中でも、より多くのデザインの中から選びたいという場合は、EdrawMindで作図を検討してみませんか。 EdrawMindであれば、豊富なテンプレートもあるため、気に入ったスタイルで化学ノートをまとめていけるようになるでしょう。

MindMaster -- あなたのアイデアと知識を構築
  • 12種類のレイアウト & 33種類のテーマ
  • 700+のクリップアート
  • プレゼン & ブレーンストーミングモード
  • グループのコラボレーション

関連記事