マインドマップ 知識

化学の苦手が克服できる!おすすめ化学勉強術

マインドマップでの化学勉強術

マインドマップという勉強術を耳にしたことはありますが?勉強をただ暗記するのではなく、図として覚えていく方法なので覚えたことが頭の中で長持ちすると人気の学習方法です。 このページでは化学が得意になりたいという方に、おすすめの勉強術であるマインドマップを理解して効率よく暗記につなげてもらうことを目的に紹介しています。
教科書を読んだり授業を受けたりするだけでは、なかなか科学の内容が頭に入ってこないという方は、ここで紹介するマインドマップを使った学習方法を、検討してみてください。

マインドマップを無料で書くならEdrawMind(エドラマインド)

100%安全・安心 | マルウェアなし | 広告なし

Part 1: 化学が苦手の原因

化学の勉強が、他の教科ほど進まないという学生の理由として、以下の3つ挙げられます。

  • イメージが難しい
  • 用語が多い
  • 高度過ぎてつまらない

化学で学習する物は、ミクロレベルのものが多く、さらに専門用語が多いという特徴があります。肉眼で目にすることがなく、覚える名称も多いということで興味を失っているという理由がが挙げられるでしょう。

つまり、目に見えずイメージしづらい点があることで、どのように学習していけばいいのか分からず、化学自体を避けてしまうという方が多い傾向にあります。



Part 2: 化学嫌いをどうやって解決する

化学に対するマイナスの先入観を打ち消すには、イメージしやすく興味が持てるものから化学に取り組むことがおすすめです。
通常のノート学習でも、文字情報でびっしりのノートにするより、図を活用したもの、色を上手に活用したものだと理解度も変わってくるでしょう。
見えづらく分かりづらいノートを作っていても、学習意欲が湧いてこないので、まずは自分がわかりやすいノート作りを意識していくことが重要です
内容が理解できるようになれば、化学の面白さがどこにあるのか自然にわかるようになっていきます。

2.1 暗記を効率よくする勉強術マインドマップ

受験勉強や日常の学習で、日々の暗記や理解度を向上させる勉強術にマインドマップがあります。マップと呼ばれる図の中心にテーマを置き、どんどん派生して広げていく情報のまとめ方です。 関連する事柄をジャンルごとに分けてつなげていくことができるため、覚えておきたい特徴やポイントを結びつけやすくなるでしょう。
ただ単語を暗記するだけでは内容まで理解できないため、図にして内容を視覚的に捉えることができることが、マインドマップの魅力のひとつです。

2.2 マインドマップが勉強に役に立つ理由

化学反応式のノート

上図:EdrawMindで作成した化学反応式のノート
☞☞編集可能なマインドマップをダウンロード☜☜

マインドマップが勉強術として着目されている理由は、なんといっても情報とイメージが定着しやすい点にあります。その項目に属する用語や実験なのか、マインドマップ一つを取ることで、瞬間的な理解がスムーズです。
また、絵を見る感覚で情報をみることは、記憶をつかさどる右脳を強く刺激するようです。暗記を大事にする勉強であれば、意識して取り組みたい勉強法になります。 化学反応の名称は何と言うのか、どうしてそのような反応になるのか 一目でわかるようになれば、暗記時間も短縮できるようになるでしょう。
分からないことでも情報を整理して、関連するものを流れで覚えていけるようになることが、マインドマップが役立つ理由といえるでしょう。

100%安全・安心 | マルウェアなし | 広告なし


Part 3: マインドマップを使って、化学(定理、反応式)を勉強する

化学実験

上図:EdrawMindで作成した化学実験のイメージ図
☞☞編集可能なマインドマップをダウンロード☜☜

マインドマップの作成は手書きでも行えますが、作成後に情報を追加しようとすると、バランスが悪くなったり、情報が入りきらなくなってしまいかねません。
そんな時に役立つのが、EdrawMindというパソコンの作図ソフトを使った学習方法です。

• 何通りかあるマインドマップのテンプレートの中から、好きなデザインを選べるため、自分がよりイメージしやすい形のものを選ぶことが可能です。
• また、イラストの挿入やノードを付け足したり、吹き出しを挿入したりなどの動作も、マウス操作で行うことができるため、使用者に高い技術が求められることもありません。
• 画面の中心にテーマとなるタイトルを決めて、そこから化学反応式や、現象、実験の方法、実験をしてわかったことなど、ジャンルに分けて情報をまとめていきます。
• 重点的に覚えておきたい箇所の色を変えたり、より詳しい説明を挿入したりと、納得がいくまで様々な工夫が行えます。
• さらに、サイズ調整などもできるため、新しく加えたい情報があっても、画面内に収まるように修正できるため、書き直したりする心配もありません。

どのようにマインドマップを作成したら分からないという方も、EdrawMindの無料体験でお試しすることもできるため、用意されたテンプレートを使いながら練習してみませんか。
マインドマップの書き方さえ覚えてしまえば、スムーズに情報が整理できるようになります。



Part 4: まとめ

化学を苦手だと感じてしまう理由は、目に見えない物体の変化などをどのように理解していけばいいのか分からないというところにあります。
マインドマップは化学の定理や反応式など、実験や現象などのジャンルに分けて情報をまとめていくことができるため、化学の内容を具体的にイメージしやすくなります。 さらに、EdrawMindなどのパソコンソフトを活用すれば、テンプレートにテーマや単語を入れていくだけの簡単操作で、学習を効率化させることにも役立つでしょう。
化学は、頭の中でどのようなことが起きているのかイメージできるようになれば、すんなりと問題が解けるようになります。

MindMaster -- あなたのアイデアと知識を構築
  • 12種類のレイアウト & 33種類のテーマ
  • 700+のクリップアート
  • プレゼン & ブレーンストーミングモード
  • グループのコラボレーション

関連記事