edraw-max-horizontal
作図ツール
活用教室
無料体験
購入

初心者必見!ER図作成ツールを徹底解説

> ER図 > 初心者必見!ER図作成ツールを徹底解説
編集者: Edraw | 2020/04/10

素早く、簡単におしゃれなER図を作成するため、実体関連モデル、Chen ERD、Express-G図、ORM図、マーティンERD、データベースモデル図などの作成に最適なER図ツール「Edraw Max」をご紹介します。Edraw Max ER図作成ツール内蔵のER図記号と例を介して、実体関連モデルの構築は簡単に完成できます。以下のボタンからフリER図作成ツールをダウンロードできます。

Part 1: ER图作成ツールの紹介

1.ER図作成ツールの基礎知識

ER図とは、実体関連図とも呼ばれ、データベース内の実体及びそれらの関係図です。実体関連モデルはデータベース設計手法の一つであり、ER図はその図式表現です。通常は、データベースや情報システム内のデータの編成に関して計算に使用されます。Chen ERD、データベースモデル図、Express-G、マーティンERD、ORM図などが含まれます。

データベース ダイアグラム

多機能のデータベース設計ツールとして、Edraw Maxは実体関連モデル、Chen ERDどの構築に最適なプログラムです。ER図を効率的に作成するのにお手伝いのため、ソフトはプロなER図記号及び豊富なあらかじめデザインされたER図の例を用意します。直観的なインターフェースと自動接続、配置などのスマートなデザインツール、及びクイックフォーマット設定方式も搭載されて、ユーザーがありあわせの図形と記号をドラッグ&ドロップするだけで、ぐっとプロ並みの実体関連モデル図を作成できます。

2.ER図ツールの特徴

  1. 機能性:ドラッグ&ドロップのインターフェイスとクイック編集の自動機能が搭載されています。
  2. 信頼性:世界中のユーザーから信頼されています。 600万回を超えるダウンロードがあります。
  3. 便利性:ベクターの図形と記号、及びあらかじめデザインされたテンプレートと例を用意します。
  4. 効率性: 10分以内に実体関連図を生成できます。さらに、200種類以上のダイアグラムの作成もサポートします。
  5. 互換性: MSプログラムと100%互換性があります。
ER 図作成ソフト

3.プロなER図記号

Edraw Maxは5種類の実体関連図の作成をサポートします。異なるER図は、情報管理プロジェクトのデータベース内のエンティティ間の関係を表すために、それぞれの標準記号を使用する必要があります。このER図ツールにもプロなER図記号が提供されております。ベクターベースで設計されたから、すべての記号は色、サイズなどの編集が可能です。

①実体関連図記号

実体: 人物、場所、オブジェクト、イベント、コンセプトなどの実体を示します。
関係: 実体間の関係を表します。

データベースモデル図記号

関係記号

②Chen ERD 記号

Chen ERD 記号

③マーティン ERD記号

マーティン ERD記号

④ORM 図記号

ORM 図記号


Part 2: ER图の作成方法

5ステップでER図を書こう

どうやって、以上の記号を使って、正確でわかりやすいER図を構築しますか?ここで初心者でも5分間で押えるER図の書き方を5ステップで説明します。

  1. ER図により示したいシステムや業務のフローとプロセス、ルールなどを整理して、下書きとして明らかにします。
  2. 次は、上記の整理した情報から、この実体関連モデルにおける実体を抽出します。(実体とは、人、物、金、時間、イベント、活動などのことを指します。)
  3. 実体を「マスタデータ」と「トランザクションデータ」に分けます。さらに、各実体の属性をわかりやいように定義しておきます。
  4. 「一対一」、「一対多」、「多対多」など、相互関係を分析して決定します。
  5. Edraw ER図作成ソフトを使って、実体関連図を書き始めます。

Part 3: ER図の例

ER図の例を無料ダウンロード

Edraw ER図ツールで、豊富なER図のテンプレートと例が含まれます。これらのテンプレートと例をご参考として、実体関連図を効率的に作成できます。さあ、ご要望のをくっリックして、ダウンロードして、図面のテキスト、色、レイアウトなどを編集して、自分のER図を構築しましょう。

①在庫管理システムERD

在庫管理システムERD

②会社ERD

会社ERD

③教員情報Chen ERD

教員情報Chen ERD


豊富なテンプレートを無料で使える、多用途の可視化作図ソフト!

Edraw Maxはパワフル&オールインワンの作図ツールで、フローチャート、UMLモデリング、間取り、ネットワーク構成図、オフィスレイアウトなど、261種類の図を手軽に作成できます。