edraw-mindmaster-horizontal
作図ツール
活用教室
製品ツアー
製品最新情報
無料体験
購入

就活面接で準備しておくこと:究極ガイド

> マインドマップ 知識 > 就活面接で準備しておくこと:究極ガイド
編集者: 成海 | 更新日:Jan 04,2021

就活面接の準備をする時、あらかじめおさえておきたい点がいくつかあります。面接に挑むための必要な対策が確実に準備できているかどうか、マインドマップテクニックが役立ちます。マインドマップを作成する際にEdrawsoft テンプレートかMindMasterの分析ソフトウェアを使うと、とても簡単にできます。

下記のサンプルテンプレートで見られるように、面接の準備する際には、自分がなぜその職務のポジションに応募することを選んだのか、そしてあなたの能力や適正、専門知識などが、業務上で必要なスキルや資質とマッチするのかなど、自分自身で知っておく必要があります。
また一方で、面接で聞かれそうな質問に対する受け答えの事前準備や、面接に着ていく服選び、身だしなみに関しての注意点など、考えると難しいものです。Edrawテンプレートは、これら全ての準備ポイントを逃すことなくお手伝い致します。

就活面接で準備しておくこと

Part 1: 会社を調査し、求人情報を分析する

面接準備をする際、幾つかのステップがあります。まずは面接を受ける企業について、よく調べておくようにしましょう。あなたが面接先企業について事前にしっかりリサーチしている事が面接官に伝わると、あなたの好印象につながり、他のインタビュー対象者と比較してより優位にたてます。

通常、企業のホームページに、現在の事業内容や競合他社、社歴、今後の計画や資本力などの詳細が掲載されています。他にもその会社で現在働いている人や元従業員だった人などから、会社についての話を聞く事で、その企業の企業体質や職場環境が、自分の期待した通りのものかどうか、推測する事ができます。

会社の調査

Part 2: 自分の利点を会社側の採用要件に合わせる

Mind Masterソフトウェアの利用者は、会社側の採用要件と就職希望者が提供しなければならない職務経験やパーソナルスキルなどを比較分析する事ができます。

例えば、上の写真の例に見られるように、応募者は、面接先企業の製品や競合他社との違いとして打ち出している戦略、サービス、職務形態、そして応募した役職の仕事内容や求められている資質などについて理解している必要があります。またチェックリストを作成して企業側が求める人材が必要とする能力と適合する自分の持っている資格、実務経験、スキルなどを比較分析する必要もあります。Edrawテンプレートは、その様々な要因を細かく細分化して分析できるので、企業側また就職希望者側どちらにとっても大変役にたちます。

企業の職位を分析する上でも、Edrawテンプレートは企業の製品や競合他社との違いとして打ち出している戦略、サービス、職務形態、応募の職種に伴う責任の種類など、細かく分類する助けになります。チェックリストを使って、何を新しく調べればいいのか、以前から知っていることは何なのかなども知ることができます。

候補者とポジションの詳細が明記されているセクションでは、Edrawテンプレートが、応募者の職務経験、資格、スキルと、業務の内容など、他のセクションを分析するのにも役立ちます。したがって応募者は、自分の持っているどのスキルや資格が、企業の求めている人材に要求されるのか、また自分のどの分野を強くアピールすれば雇用につながるのかなど、細かく分析する事が可能です。そしてこの時期は、自分の履歴書を見直し、人事にアピールしたい分野に焦点を合わせて再作成する良い機会でもあります。

上記のステップを踏むことで、自分が応募する職種とその要件を明確にすることができ、自分の持っているどのスキルや経験、または資格などをアピールすると、企業の求めている人材との適合性を強調できるのかなどが、明らかになります。

Match Advantage to Job Require

Part 3: 電話を使ったインタビューの準備

面接官に直接会って行う対面面接の前に、電話面接が行われる場合があります。ここでは電話面接を成功させるためのヒントをいくつか紹介します。

  • 面接がいつ行われるかを知り、友人に頼んで本番の面接を想定した練習に付き合ってもらいしましょう。
  • 落ち着いて、ゆっくりはっきりと喋りましょう。
  • 質問がどんな意図でされているのか理解しておきましょう。もし不明瞭な点がある場合には、面接官に質問を繰り返してもらいましょう。
  • 質問に正しく答えられるよう、履歴書にある関連する箇所を暗記しておくか、前もってコピーを用意しておきましょう。

通常の場合、電話面接は直接面接をする候補者を、事前選考するために行われます。したがって、電話面接が予定されている場合、候補者はそれをやり直しの効かない、唯一のチャンスと捉えるべきです。通常、電話面接が成功した者のみが、直接面接に挑む事ができます。この段階はふるいにかけられているとも言える状態なので、準備を万全に行いましょう。

Part 4: 面接官に一目で好印象を与える

面接日当日に、面接官に確実に良い印象を与えるためには、いくつかのステップを踏む必要があります。初対面の見た目が与える影響はとても大きいので、面接に臨む際には、服装や身だしなみなど、よく吟味する必要があります。

洋服の選び方

面接時にどのような服装で臨むかは、その人の心構えのレベルを反映しています。そのため、細かい部分にも注意を払う必要があります。

  • スーツにネクタイが求められている職種の場合はフォーマルな服装で、またオフィスカジュアルが認められている職場環境だとわかっている場合には、セミフォーマルな服装も好印象がもたれます。
  • どんなにリラックスした職場環境であっても、ビジネスマナーから外れない、セミフォーマルな服装で面接に向かいましょう。あまりカジュアルな服装だと、面接を軽く捉えていると思われ、面接官の心象が悪くなる可能性があります。
  • あまり派手な服ではなく、ぱりっとアイロンのきいた清潔感があるきちんとした服装を意識しましょう。

ヘアスタイルとメークアップ

特に女性の場合、きちんとした髪型で軽めのメイクだと好感度が上がります。スタイリストの仕事のように、流行に敏感な事が仕事の一部になっている場合を除き、面接の際は派手なメイクや凝ったヘアスタイルはお勧めできません。

Part 5: 就職面接準備

就職面接準備

面接の準備をする際には、次のようなことに注意しましょう。

  • まずは心構えについてです。あなたが応募したポストで必要になると思われる、専門的な詳細や会社概要全般など、企業研究や業界研究をきちんとしておきましょう。
  • 面接当日は、適切な時間に軽い食事を摂り、栄養価の高い食品で元気をつけるのを忘れないようにしましょう。最低でも面接の2時間前に食事を済ませ、面接官の前で疲れた様子にならないようにしましょう。
  • あなたの持っているスキルや資格、経験、趣味や興味のある事など、面接でよく聞かれる質問に対し、どのように回答をするか事前に準備しておきます。
  • 穏やかでリラックスしたプロフェショナルな雰囲気を出せるように、事前に用意した回答を暗唱して練習しておくようにする。
  • 十分に時間の余裕を持って面接会場に向かいましょう。早めに到着することで、気持ちに余裕が生まれ、面接担当者の質問にうまく対応できます。

面接官との向き合い方

ここで重要なのはいわゆるボディーランゲージ、言葉よりもあなたの表情や話しかた、受け答えのしかたや聞きかたと言った、微細な立ち振る舞いが重要な役割を果たします。他の全ての人間関係と同じように、面接中はポジテブでリラックスした、ボディランゲージを披露しなくてはなりません。とはいえ面接の順番を待っている時や、面接官との会話中に言葉に詰まって間が空いてしまった時など、特に緊張してしまうものです。面接で緊張するのは当たり前のこと。しかしそんな緊張を和らげるには、深く息を吸って深呼吸をするのが一番です。

面接官からの質問に回答する時にはよく考え、できる限り簡潔に答えましょう。紛らわしくてだらだらと長すぎる回答をすると、面接官のあなたに対する興味が薄れます。もし質問にどう答えて良いか、わからなくなった場合には、率直にそう伝えましょう。面接中だけではなく、面接の前後も礼儀正しく振る舞う事で、面接官に好印象を与える事ができます。そして面接中は穏やかでリラックスした態度や表情を常に保つように心がけましょう。

面接官の質問に正しい答えをするのは、それほど重要な事ではありません。それよりも重要なのは、誠実で自分の能力や経験に自信を持っている人であることです。そういう人を面接官も最終候補者リストに残したいと思っていて、確認したい事でもあります。

Part 6: まとめ

Wondershare MindMasterのテンプレートを使うと、一つの事柄を色々な方向から考察する事ができるので、意思決定を下すのに役立ちます。そして異なるパラメータで条件や解決策などを枝分かれで書き入れ分析していく事で、自分が取るべき次のステップを明確化するのに役立ちます。

就職面接準備のプロセスで、このようなアプローチ方法を使うと、自分が応募するポジションの職務内容、会社情報、企業が求めている人材に要求されるスキルや資格、職歴と照らし合わせて評価される自分の能力や適正など、すべての重要な側面を考慮に入れられると保証します。

フローチャートを無料で書くならEdrawMax(エドラマックス)

MindMaster -- あなたのアイデアと知識を構築
  • 12種類のレイアウト & 33種類のテーマ
  • 700+のクリップアート
  • プレゼン & ブレーンストーミングモード
  • グループのコラボレーション
mindmap