edraw-mindmaster-horizontal
作図ツール
活用教室
製品ツアー
製品最新情報
無料体験
購入

効率アップ! マインドマップをビジネスに活用しよう

> マインドマップ 知識 > 効率アップ! マインドマップをビジネスに活用しよう
edraw編集者
編集者: Edraw | 2021/01/26

ビジネスイノベーションを促すために役立つマインドマップを、ビジネスプレゼンテーション、プランニング、コラボレーション、コミュニケーション、プロジェクト管理、問題解決などに活用し、仕事の効率を向上させ、ビジネスを改善しましょう。
アイデアを可視化にする多機能のマインマップツール:Wondershare MindMasterはマインドマップのビジネスに幅広く応用されています。

マインドマップは、ビジネスを様々な視点から改善するために使用できます。
マインドマップという思考ツールをビジネスに活かすことで、時間とエネルギーを節約し、ワークフローを大幅に効率化し、生産性を向上させることができます。
この記事では、マインドマップをビジネスに活かしていく方法をまとめてご紹介します。

フローチャートを無料で書くならEdrawMax(エドラマックス)

Chapter1:発想と創造性

ただアイデアをリストにするのではなく、マインドマップは、アイデアの関連性も示し、創造的な思考を促します。マインドマップは人間の脳の思考思惟と同じで、放射状のレイアウトで発想を表現するものです。一つの中心から、アイデアが次から次へ絶えることなくて流れてきます。ビジネス目標の策定、市場計画の立案、顧客サービスの改善など、ビジネスイベントのアイデアをブレーンストーミングし、洗い出す際に役立ちます。

ビジネスマインドマップ

>> 楽と思考整理しよう!マインドマップ思考法について <<


Chapter2:プレゼンテーション

仕事中、レポート発表、報告会、会議などのビジネスプレゼンテーションや発表シーンにおいて、ユニークで効果的な方法で情報を伝達するのは非常に重要です。マインドマップは、アイデアや計画をブレーンストーミングして明確に伝えるための優れたツールです。プレゼンテーションを作成する前に、発表内容を簡素化し、マインドマップで系統的に整理します。プレゼン作りの過程でキーワードやイメージを使用することで、より簡潔で聞き手が理解しやすいマインドマップのプレゼンテーションを作成します。マインドマップには論理的かつ視覚的なレイアウトがあるため、情報のリコールを容易にすることもできます。

マインドマッププレゼンテーション

>> マインドマップでプレゼンテーションを上手にやろう <<


Chapter3:スケジュールと計画

マインドマップを活用し、スケジュール計画、ToDoリスト、事業計画など新しいやり方で行ってみてください。マインドマップを使って、毎日のスケジュールやToDoリストを数分内で描き出します。また、イベントや活動の計画、事項の知らせをマインドマップでわかりやすく伝達します。さらには、ビジネスマーケティング戦略の策定、事業計画などとも、一枚のマインドマップを介して簡潔な方式で書くことができます。

ビジネス計画マインドマップ

>> スケジュール管理にも適用!マインドマップの計画術 <<
>>仕事効率アップ!ToDoリスト管理ならマインドマップはおススメ <<


Chapter4:問題解決

マインドマップは、様々な方法で問題を分析し、対策を見つけ出すために役立ちます。5W1H(誰、何、いつ、どこで、なぜ、どのように)という方法、またはステップバイステップの方法を用いることができます。マインドマップでは、多くのブランチで現状、問題点、要因などそれぞれの要素を明確に説明します。このプロセスは、あなたの創造性を発揮させるトリガーデバイスとして機能し、大脳における思考に刺激を与え、それらの枝分かれをたどって、一つひとつ改善案や対策につなげていくことができます。

問題解決マインドマップ

>> マインドマップで問題解決を簡単にしよう <<
>> 従来より便利且つ効率高い!MindMasterでブレーンストーミングをやろう <<


Chapter5:会議

会議に関しても、マインドマップは便利で使いやすいツールです。会議計画をしたり、事項のお知らせをしたり、会議に使うプレゼンテーションを作成したり、会議中の討論やブレーンストーミングを行ったり、会議リアルタイムの議事録をメモにしたりして、マインドマップは会議管理を活性化にし、効率性を向上させることができます。

会議マインドマップ

>> ミーティングを上手に!会議におけるマインドマップの使い方 <<
>> マインドマップで議事録を取る方法 <<


Chapter6:コミュニケーション

マインドマップは、コラボレーションやチームワークの面でもビジネスに活力をもたらすことができます。特に大企業では、部門、チーム、さらに社員間の仕事上のコラボレーションや情報交流などが少なくありません。マインドマップを使用することで、多くのサブトピックやその関連性を論理的に説明し、伝えたい情報をわかりやすく表現することができ、効率的なコミュニケーションにつながります。

マインドマップ ミーティング

>> ミーティングを上手に!会議におけるマインドマップの使い方 <<


Chapter7:プロジェクト管理

ビジネスをより高いレベルに向上させるには、時間、人員、データおよびその他のリソースを効率的に管理する必要があります。プロジェクトの計画を立てたり、目標達成のプランニングをしたり、タスクを管理したりすることで、マインドマップは従来のプロジェクト管理ツールより柔軟性があります。

マインドマップ プロジェクト管理

>> マインドマップでプロジェクト管理を効率よくこなそう <<
>> タスク管理はうまくいかない?マインドマップをお試してみよう <<


Chapter8:まとめ

マインドマップは一言で言うと、様々な形でビジネスに役立ち、様々なビジネスに活かすことで効率アップを図ることができる上、仕事の楽しさを倍増させることも可能です。
上記のレイアウト以外、また特製要因図、タイムライン、SWOT分析、PMなど様々なマインドマップ実例を幅広く使用されてます。さあ、マインドマップをアイデア発想やコラボレーション、プレゼンテーション、スケジュール計画、会議管理などに活用し、あなたのビジネスをアップグレードしていきましょう。


MindMaster -- あなたのアイデアと知識を構築
  • 12種類のレイアウト & 33種類のテーマ
  • 700+のクリップアート
  • プレゼン & ブレーンストーミングモード
  • グループのコラボレーション