edraw-mindmaster-horizontal
作図ツール
活用教室
無料体験
購入

簡単に勉強のやる気を出す方法4選!Mindmap勉強法

編集者: 成海 | 更新日:May 13,2020

資格試験やテストに向けての勉強など、やらなければと思っていてもやる気が出ないことってありますよね。
「やらなきゃいけないと思ってるのに、少しも進まなくてストレス」
「勉強する気にならなくて今日も何もできなかった……」
このようにぐるぐる悩んでストレスをためてしまうこともあります。
とはいえ試験までの時間は待ってはくれません。
こんなとき、頑張らなくても簡単に勉強のやる気を出す方法があればいいと思いませんか?


MindMaster -- あなたのアイデアと知識を構築
  • 12種類のレイアウト & 33種類のテーマ
  • 700+のクリップアート
  • プレゼン & ブレーンストーミングモード
  • グループのコラボレーション

1.勉強へのやる気が出ない理由

ではなぜ勉強へのやる気が出ないかというと、

  • 静かすぎると集中できないor音が気になって集中できない
  • スマホやテレビなどで気が散ってしまう
  • 一度やる気になってもモチベーションが保てない
  • 勉強のやり方が分からない

といった理由が多いようです。

2.勉強へのやる気を出す方法

勉強のやる気が出る良い方法がないか、前述した理由と絡めて考えてみました。

①静かで勉強の雰囲気がある場所で勉強する

静かで音がない方が集中できる人には、図書館や学習スペースでの勉強がおすすめです。自宅だとスマホやテレビ、漫画など誘惑が多くすぐに気が散ってしまいますが、図書館などは机の上に余計なものが何もありません。視界に自分の気を散らすものがないというのは集中するために重要です。
また学習スペースなどでは他の人が頑張っている姿を見ることでモチベーションを保つこともできます。静かで勉強の雰囲気が満ちている場所では想像以上に勉強が進みますよ。

②音楽を聴きながら勉強する

普段からカフェで勉強することが好きだったり、少し騒がしい方が集中できる人には音楽を聴きながらの勉強がおすすめです。
音楽を聴きながら勉強をすることのメリットは気分が高揚することです。好きな曲を聴きながら楽しく勉強できるのでやる気を出しやすいでしょう。リラックスしながら集中できるという効果もあり、特にジャズやクラシックを聴くのがおすすめです。
ただし暗記をする際に音楽を聴くのは不向きなので注意しましょう。

③時間帯を決めて勉強する

「毎朝8時から10時までは勉強する!」といったように、時間帯を決めてやり続けることで習慣になります。
習慣になるとやらないと気持ちが悪いと思うようになるので、勉強するためにわざわざやる気を出す必要がなくなります。 勉強を毎日のルーティーンに組み込むことが大切です。
また時間帯を固定することで終了時刻も自動的に決まります。時間制限があることで集中力が高まりますよ。

④MindMasterを活用したマインドマップ勉強法

効果的なツールを使って勉強したい人には、マインドマップソフトを活用するマインドマップ(Mindmap) 勉強法がおすすめです。
今回は「1週間でPowerPointをマスターする」を目標に、MindMaster(マインドマスター)というマインドマップソフトを利用したマインドマップ勉強法について説明していきます。

PowerPointはスライド・画像・スマートアート・アニメーション・他の資料の挿入・表・グラフという要素で構成されています。少し色が濃くなっている部分が要素です。 PowerPointを使えるようになるには、これらを一通り学ぶ必要があります。

マインドマップ PPT勉強法

マインドマップの書き方ですが、まずMindMaster上にPowerPointのテキストに載っている各章のタイトルを書きだします。 その後各章のタイトルに付随する内容をつけ足します。

例えば画像の章で学ぶことはクリップアート・明るさとコントラスト・トリミング・図形の挿入の4テーマで、そのうちトリミングなら縦横比の指定・図形の形・背景の削除の3項目…というように線を伸ばして学習内容を書き込んでいきます。

全ての章の内容をMindMaster上に書いていくとPowerPointの学習内容の全体像を見ることができます。 完成した画像の内容を1週間で勉強すれば、目標である「1週間でPowerPointをマスターする」が達成できますね。

1週間で学習できるように1日にどこまで勉強するかを決めます。スライドの章は量が多いので、スライドマスター・スライド番号の項目は学習量の少ない3日目に、ノート・スライドショー・共有の項目は7日目に回します。

休日であれば多めに勉強時間が取れるとか、この日は丸一日休みたいなど、自分の都合に合わせてスケジュール管理ができます。どんな勉強にも学習内容が似通っている部分、PowerPointでいえば操作方法がほとんど同じという箇所があります。

例えば6日目の表の項目とグラフの項目の勉強内容はほぼ同じです。 テキストだと章が違うので違う日に勉強しようと考えてしまいますが、MindMasterを使うと学習内容が同じだと分かるため、効率を考えて1日で勉強した方が良いと気づけます。 こうやって全体を俯瞰することができるのがマインドマップ勉強法のメリットです。

勉強が終わった項目は3日目のスマートアートの章のようにチェックを入れていきます。 これはやった、これはやっていないと目に見えるのでゲーム感覚で楽しく勉強を進められます。

また操作方法が違う項目でも学習内容の意味が似ている箇所もあります。 1日目のスライドの章にある画面切り替えの項目と、4日目のアニメーションの章はよく似ています。 そういう時は線を引いて繋げて覚えると理解が深まり、さらにやる気になりますよ。

特に資格試験などはモチベーションを維持すること、毎日少しでも勉強することが大事ですので、作成したMindMasterにこまめに書き込みましょう。


今回は簡単に勉強のやる気を出す方法として、

  • 静かで勉強の雰囲気がある場所で勉強する
  • 音楽を聴きながら勉強する
  • 時間帯を決めて勉強する
  • MindMasterを活用したマインドマップ勉強法
の4つを紹介してきました。

勉強のやる気を出す方法やモチベーションを下げない方法はたくさんありますが、今回紹介した中でも特にマインドマップ勉強法はモチベーションを継続しやすい点でおすすめです。 ぜひ試してみてください。


MindMaster -- あなたのアイデアと知識を構築
  • 12種類のレイアウト & 33種類のテーマ
  • 700+のクリップアート
  • プレゼン & ブレーンストーミングモード
  • グループのコラボレーション
> マインドマップ 知識 > 簡単に勉強のやる気を出す方法4選!Mindmap勉強法