ビジネス、マーケティング 知識

【新卒向け】キャリアープランの参考になれる例文を紹介

キャリアープランの例文を詳しくご紹介

新卒で就活をしている人が不安に感じていることとして、キャリアプランを挙げることが多いです。就職面接で問われることも良くあり、しっかりしたキャリアプランが成否を分けると言っても言い過ぎではないでしょう。
今回はEdrawMaxを活用して、キャリアプランのポイント及び例文をご覧いただき、キャリアプラン作成の参考になるよう解説いたします。

キャリアープランで書くならEdrawMax(エドラマックス)

100%安全・安心 | マルウェアなし | 広告なし


Part 1: 就活の時期、新卒がよく悩んでいる問題

キャリアプランを始めとするプラン設定を苦手とする人は、少なくありません。就活を支援するサービスや参考文献でも、キャリアプランやキャリアデザインを重要視する情報ばかりが目につきます。
初めて社会に出る新卒の方が、明確な答えとなる回答ができず苦しんでいるケースが多いです。5年後や10年後を見据えて、行動や計画を考えるとなると途方にくれてしまうのではないでしょうか。

1.1 新卒の問題は漠然としたものが悩みの正体

新卒の就職活動をしている人の多くは、学生です。初めて踏み出す社会に対する不安が常につきまとっています。この職種が本当に合っているのか、この会社を選ぶことが正解なのかわからないまま活動している不安に苦しんでいることが多いです。
その不安に押しつぶされそうになっているので、具体的に考えることが出来ていない可能性があります。まず求められるのは具体化して考えることです。何に対して不安を感じているか、それを明確にすることで自信をもって行動できる場合がよくあります。



Part 2: キャリアプランの例文ご紹介

就職活動での不安を拭うおすすめの方法として、面接で問われる質問を想定し例文を用意しておくものがあります。
就職面接では「今後のキャリアプランをお聞かせください」という質問が多いため、他の方が答えてきた例文をいくつか紹介します。

例文1 第三者の声で代弁する未来像

私は営業職として、レベルアップしながら御社で働きたいと考えております。私は、「ほかの人ではなく、キミと仕事がしたい」とクライアント様から言われるような営業マンを目指しています。お客様や御社の発展に貢献できる人材になるつもりです。

例文2 リーダーを目指すアピール

私はエンジニアとしてステップアップを考えています。エンジニア業務だけではなく、後輩を育て、エンジニアチームを統括できる人材になりたいです。そのためにはマネジメントスキルを磨き、3年後には後輩指導ができるよう経験を積むことを望んでいます。

例文3 家族に誇れる仕事として意欲

将来家庭をもち家族に「カッコいい仕事をしている」と言ってもらえるような仕事をしていたいです。そのときに今と同じ企業・職種なのかは分かりませんが、どんなサービスや商品も扱えるプロを目指しています。扱うものの品質や魅力、特徴やコンプライアンスなど、胸を張って説明できるよう経験を積むつもりです。そして、「自分も同じ仕事をしたい!」と家族が言ってくれたら最高だと考えています。

例文4 今後の流れも考えている

私は情報や経験を積みたいので、提案力を身につけられることや成約率を上げるという明確な目標がある営業職につきたいです。そして、3年のうちには新しい人材をディレクティングできるポジションを担えるようになれればと考えています。あのチームに任せたいといってもらえるような最適なスキルを持つメンバーを集めて、お客さまの課題や事業の課題を解決できるチーム作りがしたいです。

例文5 企業に対する思い入れ

私は、御社のサービスは今後なくてはならないものと考えています。そのため、多くの方に知っていただきたいと思い、広報や営業の仕事に就きたいと考えています。3年後には新規の顧客相手に100件以上成約すること、5年後には私が新しいサービス提案ができる実績と発言力がある人材になるのが目標です。

100%安全・安心 | マルウェアなし | 広告なし


Part 3: EdrawMaxでキャリアプランの書き方ご紹介

キャリアプラン

上図:EdrawMaxでキャリアプランの選択経路

キャリアープラン

☞☞無料ダンロードテンプレートこちらへ☜☜

就職面接に役立つキャリアプランは、一度じっくり考えてEdrawMaxのような作図ソフトで清書しておくと、いろいろと使い勝手が多いです。
EdrawMaxでキャリアーポイントを作成にするは、3つのポイントを押さえましょう。

1.仕事に関する夢を持っている

2.企業の考え方とマッチするか

3.その企業で叶う夢であるか

1に関しては、将来に対して夢をもつことは、とても重要です。ただし、就職面接でアピールする以上、あくまで仕事に関する夢に絞りましょう。
「仕事を通して、どのような人間になりたいのか」「仕事を通してどのように貢献できる人材でありたいか」などを話せるようにまとめましょう。

2に関しては、企業には独自の方針やポリシーといった理念があります。将来の夢を語ることは良いのですが、就職を希望する企業の理念に反するものだった場合もあります。「合わない人材」と判断されない夢かどうかも確認が必要です。

3に関しては「この企業だから夢として頑張りたい」というアピールが、かなり効果的です。どの企業でも叶いそうな夢をアピールするより、その企業がもつ限定的な条件や特徴を加味して、その企業だから叶う夢を決めることをおすすめします。

EdrawMaxで一つの表にまとめてみて、ポイントや具体性などを意識して書き方を考えると、面接でも落ち着いて対応できるでしょう。



Part 4: まとめ

今回は新卒採用で就職を頑張っている方に、就職面接で求められるキャリアプランの考え方、参考になる例文を紹介しました。ただ頑張るという気持ちだけでは、企業の注意をひくことは難しく、具体的な数字や目標があることが不可欠です。
就職活動や就職面接の前には、しっかり時間をかけてキャリアプランを作成すると良いでしょう。例文を参考にオリジナルのポイントをまとめておくことをおすすめします。

Edraw Max -- All In One の作図ツール
  • 豊富なテンプレートと図形
  • 様々なファイル形式に対応
  • フローチャート、マインドマップ、組織図などを作成
  • Officeライクの操作感覚 初心者もすぐ使える

関連記事
-->