マインドマップ

最新無料マインドマップツール5選

アイデアを視覚化し、頭の中のアイデアを捉える

マインドマップ

マインドマップは思考を導き出し、アイデアを革新する手段として、最近非常に人気が高くなっています。良いマインドマップ作成ソフトウェア(以下:ソフト)は単純に考えるだけよりも、より創造的な思考をする手助けをしてくれます。
ここでは洗練された方法で思考に構造を与えてくれる、最良のマインドマップ作成ソフトをいくつか見ていきたいと思います。

1:優れたマインドマップ作成ソフトの特徴とは?

最良のマインドマップ作成ソフトは、ユーザーの頭の中にひらめいた思いつきやアイデアを、整然としたマインドマップに変換してくれます。
コラボレーション機能は、チームで共同作業をするユーザーにとっては不可欠です。
使用するマインドマップ作成ソフトのラーニングカーブ(学習曲線)は簡単な方が良いです。それによってマインドマップが多くの人にとってより分かりやすいものになるからです。

また多様性を高めるために、様々なインポート、エクスポートフォーマット、そしてデバイスに対応している必要があります。 マインドマップ作成ツールは、Googleドライブ、ソーシャルメディア等のプラットフォーム上での共有、公開の選択権を提供する必要があります。
最後に、外部ファイルの添付が非常に簡単なマインドマップ作成ソフトを選びましょう。最も優秀なものは、ビデオ、オーディオファイル、リンク、および画像を添付することができます。

2:マインドマップ作成ソフトウェア ベスト5

2.1 MindMaster

マインドマップ

MindMasterはマーク、関連付け、吹き出し、要約、ハイパーリンク、メモ、その他のあらゆる形式で非常に多くの情報を追加することができる、最良のマインドマップ作成ソフトと言って良いでしょう。使用者はブレインストーミングモードを使用して、グループでのブレインストーミングセッションを効果的に実施することができます。左側の区画で様々な色を使用してアイデアを記録し、その記録を右側にドラッグするだけでマインドマップを作成することができます。

長所

• 躍動的なイラストで、使用者の気持ちや考えをきちんと正確に伝えることができます。
• フィッシュボーン、サークルマップ、ツリーマップ、バブルマップ、セクターマップ、タイムラインなど、12種類のマインドマップ構造を提供します。
• 33種類の既存テーマがあり、その中から適切なスタイルを利用して、マインドマップをより際立ったものにすることができます。
• アイデアを視覚化するために、700種以上のスタイリッシュなクリップアートの中から好きなものを選んで利用することができます。
• 色、フォント、スタイルなど、様々な詳細について最適なカスタマイズが可能です。

短所

• 特にありません。

サポートされるプラットフォーム Mac、 Windows,、Linux、 Android、 iOS、Web
価格 年間プランは当たり月額$4.6  
Capterraでのスコア 4.8/5
オフィシャルサイト https://www.edrawsoft.com/jp/mindmaster/
100%安全・安心 | マルウェアなし | 広告なし


2.2 Miro

マインドマップ

この直感的なマインドマップ作成ソフトを使用すれば、いつでもどこでもチームをまとめることができます。Miroはリアルタイムでの対面コラボレーションエクスペリエンスを実現し、使用者は作業中のボトルネックを感じることなく作業を完了することができます。MrioはJIRA、Google Suite、Dropbox、Sketch、Slackなど、現在一般的な多くのツールと統合して、ワークフローをスケーラブルなオンラインのホワイトボードのもとで維持することができます。

長所

• 高度な管理制御と、エンタープライズ(大企業)対応セキュリティで、安心して協業を進めることができます。
• 無限にズームできるウェブホワイトボードとキャンバスが、使用者の創造性を最大限に発揮する援助をします。
• 一元化された情報ハブを作成することで、すべてのユーザーを開発作業の輪の中に留めておくことができます。

短所

• 表の編集能力が標準に達していません。
• Miroのボードへのビデオの追加は非常に困難です。
• 学習曲線が難しく、使いやすさの点では上位にランクされていません。

サポートされるプラットフォーム オンライン、 SaaS、Web
価格 ユーザー当たり月額$10
Capterraでのスコア 4.8/5
オフィシャルサイト https://miro.com/mind-map-software/

2.3 MindMeister

ビジネス戦略を作成

700万人以上のユーザーベースを持つMindMeisterは、高次元のマインドマップを作成する際に、確実に役立ちます。 このWebベースのポータルは、適切なブレインストーミングを通して、詳細な調査やより良いビジネス戦略を作成する際に非常に有用です。 さまざまなサードパーティアプリケーションとの統合によって、使用者の利便性はさらに向上します。

長所

• マインドマップと内蔵のプレゼンテーションモードとを組み合わせることで、理解しやすいプレゼンテーションに変換することができます。
• ヒストリーモードでは、作業に関連する全てのステップを履歴として再生できるので、変更をタブで確認することができます。
• 使用者は、誰が作業に手を加えたかを簡単に確認でき、タスクに必要のない特定のアクションを元に戻すこともできます。

短所

• ノートセクションのサイズが固定されているので、様々な重要な情報が切り捨てられてしまいます。
• 出力オプションの範囲が限定されています。
• 複数のマップのプライバシーレベルを同時に設定することはできません。

サポートされるプラットフォーム Cloud、SaaS、Web、iOS、Android
価格 個人版は月額$4.99
Capterraでのスコア 4.8/5
オフィシャルサイト https://www.mindmeister.com/

2.4 Cacoo

ビジネス戦略を作成

このクラウドベースのマインドマップ作成ソフトを使用すると、プロ仕様のワイヤーフレーム、フローチャート、およびダイアグラム図を作成することができます。ソーシャルメディアの共有、アプリ内コメント、マルチユーザー編集、改訂履歴の追跡など最先端の機能を提供してくれます。Google Docs、Google Drive、Atlassian Confluence、Slack、Typetalkとシームレスな統合が可能で、多様性が高まります。

長所

• 以前のバージョンのマインドマップも、見直して変更を追跡することができます。
• 使用者は、キャンバスに表示されるコメントを追加したり、返信したりできます。
• 複数名がリアルタイムに作業でき、クリエイティブなワークフローを強化することができます。

短所

• メッセージをグループ化する簡単な方法がありません。
• 古いFlashエンジンを使用して作成した図は現在のものにアップグレードできません。
• 無料版では利用できる図の数が非常に限られています。

サポートされるプラットフォーム Cloud、SaaS、Web
価格 ユーザー当たり月額$5  
Capterraでのスコア 4.7/5
オフィシャルサイト https://cacoo.com/

2.5 Xmind

ブレインストーミングツール

このブレインストーミングツールは、世界中の新興企業とFortune誌500企業の両方で、マインドマップ作成用に使用されています。さまざまなタイプのフォーマットと互換性があるので、異なるプラットフォーム間で成果物の共有が可能です。アウトライナー機能を使用すれば、タイトルやドキュメントのトピックを標準規格に合わせて揃えることができます。これにより、筋の通った論理的なコンテンツを作成するためのアウトライン編集、読み取り、さらに分析が可能になります。

長所

• 使用者は、MS OfficeとAdobePDFの両方を柔軟に使用して作業ができます。
• クロスプラットフォームで互換性のあるフォントは、非常にユーザーフレンドリーなオプションです。
• マインドマップの作成だけではなく、ツリーチャート、組織図、およびロジカルチャートの作成も可能です。

短所

• ユーザーインターフェースのグラフィックが非常に時代遅れに感じます。
• さまざまなプラットフォーム間での自動同期が許可されていません。
• 無料版ではインターネット上でのマインドマップ共有ができません。

サポートされるプラットフォーム Mac、Windows、iOS、Android
価格 XMind 2020とモバイル版は年間$59.99  
Capterraでのスコア 4.5/5
オフィシャルサイト https://www.xmind.net/

3:自身に合ったマインドマップツールを選択

マインドマップ作成ソフトを選ぶ際には、さまざまな要素が関係してくると思います。中でも同じくらい最重要と思われる4つのカテゴリをリストアップしました。

• 全体を通して最優秀 – MindMaster by Edraw: 

さまざまなプラットフォームやデバイスと互換性がある多用途のマインドマップ作成ソフトです。チームメンバーは、好みのスタイル、構造、色、およびテーマを選択しながら、プロジェクトの協業を進めることができます。

• 協業に最適 – Miro:

オンラインの協業向けホワイトボードプラットフォームです。使用者はリアルタイムかつリモートでアイデアを整理、キャプチャ、さらには構造化することができます。

• 初心者に最適 ‐ MindMaster:

非常に使いやすいインターフェースの、優れたソフトです。新しいアイデアをブレインストーミングしたり、メモを取ったり、さらに効率的な協業も可能です。

• オンラインとして最高 – Mindmeister:

プレゼンテーション機能を内蔵した有力なマインドマップ作成およびブレインストーミングツールです。マインドマップを動的なスライドショーに変換することができ、かさばるソフトをダウンロードする必要がありません。

フローチャートテンプレート
100%安全・安心 | マルウェアなし | 広告なし

結論

マインドマップ作成ソフトを使用すれば、思いついた新しいアイデアを細かく調整することが可能です。単純に紙一枚でも同じことができそうですが、最終的にアイデアを見失ったり、その紙そのものを失くしてしまったりする可能性もあるのです。そんなときにこれら8つのマインドマップ作成ソフトが役立ちます。マインドマップ作成ソフトは、アイデアを視覚的にブレインストーミングすることができ、デジタルでバックアップしてくれるのです。

MindMaster -- あなたのアイデアと知識を構築
  • 12種類のレイアウト & 33種類のテーマ
  • 700+のクリップアート
  • プレゼン & ブレーンストーミングモード
  • グループのコラボレーション
関連記事