フローチャート 知識

IDEF図を理解するための完全ガイド

IDEF図の基本知識

これは、IDEF図を理解するための完全ガイドです。この記事では、IDEFとは何か、その使用法、分類、実例を用いて説明しています。

IDEF図で書くならEdrawMax(エドラマックス)

100%安全・安心 | マルウェアなし | 広告なし

Part 1: 統合化定義(IDEF)とは

IDEFは、機能のモデル化、データ、シミュレーション、オブジェクト指向の分析/設計、情報収集など、多岐にわたり使用されているモデル言語(群)ファミリーのことです。IDEF方式は、IDEF0からIDEF14まであります。

IDEF(統合定義)は工程シミュレーションにおけるグラフィック技術で、工程とエンジニアリング応用に適用されています。

IDEFは1970年代半ば、アメリカ合衆国空軍により発案され、ビジネスプロセスの記録/評価で使用される主なツールとして発展しました。今日、組織研究における不動の骨子(フレームワーク)、「as-is(現状のままの)」工程モデルの構築、企業団体のオペレーションにおけるシミュレーションとして利用されています。

1.1 IEDFモデル言語

IDEF0 機能モデリング
IDEF1 情報モデリング
IDEF1X データモデリング
IDEF2 シミュレーションモデル設計
IDEF3 プロセス記述の確立
IDEF4 オブジェクト指向設計
IDEF5 概念記述の確立
IDEF6 設計意図の確立
IDEF7 情報システム監査
IDEF8 ユーザーインターフェイスモデリング
IDEF9 ビジネス制約の発見
IDEF10 構造モデリング実行
IDEF11 情報加工モデリング
IDEF12 組織モデリング
IDEF13 3層スキーママッピング設計
IDEF14 ネットワーク設計

1.2 IDEを使用する利点

工程モデリングの様式としてIDEFを使用する利点について以下のとおり、例えを踏まえながら説明します。

  • DEFは実際、ビジネス、開発分野など、あらゆるシーンに導入されている。
  • 技術的な知識がなくても、簡単にIDEF図を理解したり、読み取ったりすることができる。
  • IDEFは、ネーミングの方法やグラフ、詳細なインプット(入力)の提示など、システムのフレームワーク(枠組み)を表す。
  • IDEF0は大量の知識(ナレッジ)で構成されているので、それぞれを関連付けてオペレーションでの効果を示す。
  • IDEF0により、メカニズムのパフォーマンスの重要性を認識でき、仕様が現実的であることを確認できる。
重要ポイント

1. IDEFは、機能モデリングから、シミュレーションオブジェクト指向解析/設計、データや情報収集まで、多岐にわたる用途を持つモデル言語群のことを指す。

2. IDEF0からIDEF14まで、合計15のモデル言語がある。

3. IDEFは、ネーミングの方法、グラフ化、具体的なインプットを提供するシステムに則ったフレームワークを示す。



Part 2: IDEF0図とは

図の手法にはフローチャートデータフロー図など、さまざまな種類がありますが、厳密に取り決められていることもなく、非独占的でもありません。

IDEF0は、よく知られているグラフィカル言語である構造化解析設計技法(SADT)から開発されました。効果的なIDEFモデルは、デバイス開発の簡素化に役立ったり、アナリスト(分析者)と顧客間に円滑な関係をもたらしたりします。

IDEF0は特に、機能の解析など、解析の範囲を定義する際に役立ちます。共同研究の場における利用では、合理化された視覚化ツールを用いて、その分野の専門者の従事や共同での意思決定を支援します。

解析ツールとしての利用では、モデル化の際の機能を定義します。この役割として、必要な事柄の実行、現在のシステムの正当性の確認や既存のシステムの穴を探すことが挙げられます。

IDEF0図の「ボックスと矢印」図は、ボックスが機能、ボックスを行き来する矢印がインターフェイスを表します。

2.1 IDEF0の働き

IDEF0は、多くの場面で基本的な工程となります。それは、手法にただ1つのパッケージしかない点に表れています。ほかの手法のように、ボックスそれぞれが単一の方法(メソッド)を表しますが、IDEF0では矢印の場所と使い方が異なります。2つの異なる種類の矢印と従来のインプットとアウトプットを使い、「コントロール」と「メカニズム」を表します。

メカニズムは、周期を完成する際に必要なツールと機器です。接続を強化する目的を持つIDEF0 の原理は、以下のとおりです。

  • 図では、従来のボックス、グラフィックと矢印が使われている。
  • 英語の文字や用語、言語を使いボックスと矢印を表し、図の要素の正しい意味を表す。
  • 記述が徐々に増えていく場合は階層構造を用い、主な機能は最上部に置き、付随する副機能のステージを設け、増加分を整理して表す。
  • 「ノードマップ」は、部の階層構造内の情報の場所を探す簡単なインデックスとなる。
  • 連続する機能の限定された情報は、6つ以下の副機能に限定する。

2.2 IDEF0の長所と短所

IDEF0の主な長所は、IDEF0の初期の組織化された解釈座標オブジェクティブであるロールモデルのフレームワークオペレーションの表現において、そのアプローチが有効であると認められたことです。アクティビティは、ICOM(インプット、アウトプット、コントロール、メカニズム)で表します。

さらに、手軽に、システムのオペレーションの定義がより詳細にすぐに最適化され、概念が意思決定機能に適するようになります。IDEF0の問題の1つは、IDEF0モデルに一連のイベントが反映されているように見えてしまう点です。

IDEF0は、オペレーションシーケンスのシミュレーション向けには設計されていませんが、簡単に行うことができます。動向は、細分化したものの中に置き、左から右へと関連付けられます。タスクの順序は、左から右へ向かうのが一般的ですが、アクションのボックスとオブジェクトのアソシエーションを図に置くときよりも簡単です。このため、オペレーションのシーケンス作成は他の目的を持たせないで、IDEF0モデル内に置くことがあります。

2.3 IDEF0図のコンポーネント

IDEF図の主なコンポーネントは、以下のとおりです。

  • 矢印:方向を示す線は、1つまたは複数の線と矢印の先端で構成される。使用するソースからデータやアーティファクト(加工物)を運ぶオープンフレームワークまたはチャンネルをモデル化する。
  • ボックス: 四角形のボックスを使い、名前や数字を含む機能を表す。
  • コンテキスト: 機能が働いている現在の状況。
  • ノードツリー: ツリー状のノードは選択したノードに基づいて(ルートとして)枝分かれした形をしている。1つの図の中で、1つのIDEF0を細分化して表す。
重要ポイント

1. IDEF0は、よく知られているグラフィカル言語である構造化解析設計技法(SADT)から開発された。

2. IDEF0の主な長所は、ロールモデリングの骨子となるオペレーションを説明できる点である。

3. IDEF図には、矢印、ボックス、コンテキスト、ノードツリーが使われる。



Part 3: IDEF図の例

例1:IDEF図の例

このIDEF図の例は、削除、補充といった機能を実行する供給やソースのような構成要素を用いて店舗のスケジュールを表しています。

IDEF図

例1:IDEF0図の例

IDEF0図は、よく知られているグラフィカル言語である構造化解析設計技法(SADT)から開発されました。 効率的なIDEFモデルは簡素化に役立ち、アナリスト(分析者)と顧客間の円滑な関係を促進します。

IDEF0図



Part 4: まとめ

IDEF0図ではマップにあるボックスの数が限られ、階層が複数あるため、階層が深くなります。個別のプロセス図のほうが理解しやすいこともありますが、細分化が緻密な他の図を把握するのは難しいこともあります。

EdrawMaxは二次元の技術的な図を作成できるソフトウェアで、フロ―チャート、組織チャート、マインドマップその他諸々の図の作成に役立ちます。EdrawMaxを使うことで、詳細なIDEF0図を簡単に作れます。しかも、無料でお試しいただけます。

Edraw Max -- All In One の作図ツール
  • 豊富なテンプレートと図形
  • 様々なファイル形式に対応
  • フローチャート、マインドマップ、組織図などを作成
  • Officeライクの操作感覚 初心者もすぐ使える

関連記事