マインドマップ 知識

英単語を効率よく暗記するテクニック

英語勉強に役に立つ語源図鑑にも詳しくご紹介

英語のテストや受験で目標とするには、土台である単語力を上げていく必要があります。しかし、覚えることがたくさんあり、他の教科も勉強となると心が折れそうです。
今回は、英単語など必要なことを暗記する方法と、言葉の由来から考えるマインドマップでの語源図鑑作りについて紹介します。

マインドマップを無料で書くならEdrawMind(エドラマインド)

100%安全・安心 | マルウェアなし | 広告なし

Part 1: 英語よく出る問題は何?

英語を理解しようと頑張っていても、成績アップが出来ていない学生の特徴として以下の3つが当てはまります。そのまま覚えるという勉強だけでは、不十分の状態という認識が必要です。

1.1 単語の役割がわからない

単語の意味を覚えているのに、問題を解く場合に発揮できないというのであれば、単語の品詞を理解できていないことが考えられます。英単語は役割や品詞の違う英単語の決まりでもあるので、単語の意味だけではなく性質も理解することが重要です。

1.2 ルールを覚えていない

肯定文や、否定文と言った英単語における名前を把握していても、文を作るためのルールや注意事項をうろ覚えというケースは多いです。同じような見た目の文でも、役割や意味のとり方はルールによって180度変わります。

1.3 区切りが見えていない

実際の英語のテストや受験問題は、英単語というコーナーが用意されていないことがほとんどです。総合問題とも言える長文問題の中に、英文中の文法について問われる形が王道と言えます。

長い文章の中で区切りをしっかりして考えておかないと、複雑に絡み合っている文から答えを見出すことが大変です。
英単語を理解できない場合には、どんなことが妨げとなっているか分析をおすすめします。



Part 2: 英単語を暗記するためのテクニック

● 英単語(ルール)を理解する
● 正しく暗記する
● 練習問題などで定着させる

まずは、正しい手順を理解すること、理解したことを再現できるように文書を何も見ないで書けることが目安です。それから、問題をこなして経験を積むと一定水準の成績アップができます。
英単語の暗記というと大変な勉強のように思えますが、歴史や成り立ちから考えるという発想が有効です。
日本語における国語と同じで、英語ももともとは話すための手段と捉えることができます。そのため、英単語を細かく分解し、語源から考えていくことで根本レベルから英語を定着させることは可能です。

100%安全・安心 | マルウェアなし | 広告なし

→関連記事:マインドマップで化学のまとめノートを書く勉強術
→関連記事:地理まとめノートが得意になる書き方



Part 3: マインドマップを活用して英単語を効率的暗記する方法

英語をベースとなっているラテン語と、接頭語、接尾語の組み合わせで英単語の意味を推測し、または文章の中でのニュアンスを汲み取ろうとする勉強方法を着目する動きが増えています。また、その勉強に役立つ道具として語源図鑑をもつ学生も多いです。
ただ一度に覚えるとなると負担になる可能性もあり、マインドマップを活用して自作の語源図鑑を作り、その都度ふやしていく勉強が良いでしょう。

3.1 マインドマップで単語の語源をチェック

マインドマップ作図ソフトのEdrawMindを用いて、「stable」という英単語の語源と派生についてマインドマップにしてみました。

英単語の語源

上図:EdrawMindで作成した英単語の語源

☞☞無料ダンロードできるテンプレートこちらへ☜☜

英単語「stable」一つだけでも、staというラテン語の由来があり、その部分に意味を補う接尾語が加わって、新たな意味や品詞に変化していることが一目瞭然です。
こういう勉強に触れていくと、試験やテストの最中ではじめて見る単語や文法の問題に出あったとしても、細かく分解して考えることである程度の予測が出来るようになります。

3.2 マインドマップのイディオム語源図鑑作り

クリックすると全体像が見えます

上図:EdrawMindで作成したイディオム語源図鑑

☞☞無料ダンロードできるテンプレートこちらへ☜☜

英語の文法問題に関連して、熟語・イディオムが多く出題されます。ある程度は、丸暗記することをおすすめしますが、基礎レベル以上で求められる必要量を考えると気が遠くなるかも知れません。
そういう場合にも語源的な考え方と、マインドマップ作りは英語暗記の強い味方です。英単語で出題される熟語・イディオムは単語と前置詞が持つ意味が合わさって作られるものです。マインドマップで前置詞の意味と、代表的な単語と例文をまとめておくと勉強がしやすくなります。
マインドマップアプリのEdrawMindには、普通のテンプレート以外にも、多くのユーザーが作成した図表がギャラリーにアップされています。表を1から作らなくても、ある程度完成していて編集できるものに出会える可能性もあります。
英語学習をする際には、EdrawMindをスマホやパソコンにインストールして、語源を調べるところから始めてみましょう。



まとめ

今回は英語を勉強したい方に向けて、語源図鑑を作る勉強方法とメリット、マインドマップを活用して暗記力をアップさせる方法を紹介しました。
全ての英単語や単語を暗記するのは大変ですが、語源から派生して考える力と図表化する勉強術マインドマップを活用すれば暗記の質が変わります。無料で試用可能のEdrawMindをお供に、英語の学習を改めて行ってみましょう。

EdrawMind -- あなたのアイデアと知識を構築
  • 12種類のレイアウト & 33種類のテーマ
  • 700+のクリップアート
  • プレゼン & ブレーンストーミングモード
  • グループのコラボレーション

関連記事