グラフィックオーガナイザー

カイゼンモデル:ビギナーズガイド

効率アープは簡単!

この記事では、カイゼンメソッドがどのように機能するか、その利点、主な要素、法則、そして個人が自分の生活や仕事の中で、カイゼンのノウハウをどのように取り入れることができるのかをご紹介します。ビジネス組織内でのカイゼンメソッドの実装案は、EdrawMaxテンプレートとチャートを使うと簡単に作成できます。

フローチャートを無料で書くならEdrawMax(エドラマックス)

100%安全・安心 | マルウェアなし | 広告なし

Part 1: カイゼンとは?

カイゼンは、日本の品質管理の方法で、継続的な品質改善のコンセプトを身につける事です。カイゼンとは、日本語の継続的な改善を意味する言葉で、問題の改善を継続的に図ることで、より良いものを作り出すという考え方であり、哲学です。この日本生まれの継続的な改善哲学は、作業中に存在する小さなムダに焦点を当て、働く部署に関係なく従業員全員の関与を目指し、改善に着手していきます。カイゼンメソッドは、マーケティング、倉庫保管、ファイナンスの分野など、様々な組織の業務に使用する事ができます。

カイゼンは業務プロセスを常に見直し、よりよく変化させる事で起こります。それはとても小さなプロセスの変化の積み重ねで、その変化が組織のゆっくりと安定した成長に役立ち、利益と向上をはかります。

Part 2: カイゼンの歴史

カイゼンは、日本企業が国際競争で成功した秘訣を書いた、今井正明さんの著書の中で生み出された造語です。この本は1950年代に出版され、トヨタ自動車がこの継続的改善の手法を使い、自社の製品の生産性・技術力・品質・安全性の高さをアピールしています。

Part 3: カイゼンの重要な要素とは何か?

日本の継続的改善、またはカイゼンの鍵になる要素は、主にこの5つです。

  • 自分を律する
  • チームワーク
  • 品質の向上に向けた質の高いQ Cサークル
  • モラルの向上
  • 改善の提案。

カイゼンメソッドは日本の経営の概念、段階的でかつ継続的な変更や改善が、大きな向上につながることを意味します。また、個人生活での悪習慣を改善するのにも、同じ原則を取り入れることができるので、生き方の哲学とも言えます。企業の中のカイゼン5sには、高い品質管理活動、社員一人ひとりのたゆみない努力、コミュニケーション、変化をもたらす意欲、そして所属部署に関係なく全ての従業員が連携して協力することなどが含まれます。

Part 4: カイゼンの主要原則は何か?

カイゼン5sの主要原則は、以下に挙げられるカイゼン工程の基盤となる10の鍵がベースになっています。

  • 総合的な品質管理またはシックスシグマ
  • ロボット工学
  • Q Cサークル
  • 顧客志向
  • オートメーション化
  • システムの提案推奨システム
  • 職場の規律
  • 全員参加の生産保全またはトータル・プロダクティブ・メンテナンス(TPM)
  • 品質の実装
  • かんばん
  • ジャストインタイム(JIT)
  • 小グループでの活動
  • 不良品ゼロを目指す
  • 労働者協同組合や労使関係
  • 生産性の向上
  • 新製品の開発


Part 5: カイゼンメソッドは、どのように実装すれば良いのか?

カイゼンメソッドを会社の組織的内で実装していく場合、踏まなければならない幾つかのステップがあります。改善の一番の目標は、社員全員が現在の職場や仕事のプロセスの状態を把握し、そこから自分たちが一番良いと想定した理想の形に近づくよう、状況の改善をしつづけることです。着目した問題点をどのように理想の状態に持っていくか、皆で話し合い一番良いと想定される方法をとっていきます。
カイゼンのサイクルは大まかに分けて3段階で行われます。

【参加を促す】

カイゼン5sを始めるにあたり、まずは意識トレーニングが必要になります。 実施者は従業員の参加を促し、皆のカイゼン活動を活性化する必要があります。またカイゼン活動を繰り返していく事で、どれだけの物や金銭的な利益が得られるか考えてみる必要があります。

【教育とトレーニング】

カイゼンメソッドの核となるものに、従業員とスタッフの念入りな説明と話し合いがあげられます。それと同様に、集中的なトレーニングもとても重要です。カイゼンのために選出されたチームのリーダーは、日本の継続的改善のためのプロセスの方法論の概要、および組織のビジョンと現在の状況の中で、それを実装する方法について、研修を受ける必要があります。また公平に評価をする方法や、参加率を向上させるための戦略を考える方法なども学ぶ必要があります。

【品質レベルの向上】

トレーニング終了後、研修者は広範囲に及ぶカイゼン5sの実施と長期的な活動に取り組む事ができます。これは、会社の掲げた理想の目標に近づけるのに役立ちます。そして多くの場合、カイゼン実装を評価実行する中心になる部署が編成されるのが理想的です。

5.1 日々の生活の中でカイゼンを使用するには?

カイゼンは個人生活の質の向上に使う事もできます。カイゼンが内包するさまざまな要素や原則は、問題を洞察するのに役立ちます。自問を何度も繰り返す事で、問題の根源に到達することができます。例えば、自分の体重を減らしたいと思っている人は、なぜ自分が痩せたいのか、そして痩せる事でどのような恩恵が得られるのか、などの疑問にぶつかります。もしそれがただ単に見栄えを気にするだけなら、ばかげた理由だと思う場合は、体重を落とす事で気分が良くなるとか、健康管理に役立つなど、他の理由にも目を向けると良いでしょう。また体重が減るとよりエネルギッシュになり、もっとやりたい事ができるようになるかもしれません。

減量の話は個人の生活の中にカイゼンの思想を取り入れる一つの例としてあげましたが、継続的に改善していく点では同じです。

5.2 カイゼンを使って業務の効率化を図るには?

良いカイゼンの例としてあげられるのは、カイゼンを実装して社内の改革がうまく進むと、上から命令されたことをするばかりではなく、現場の従業員から改善の提案が出され、会社の社風が変わります。自分の改善内容の提案が、会社に貢献しているという満足感から、社員のモチベーションも向上します。

社内のカイゼン実装を成功させるためにはまず、組織の上層部の方から、現場で働く社員の意見を取り入れるようにしなければなりません。もし従業員側から現場の現状改善の意見や提案が出された際には、即座に検討しましょう。会社側は社員からの提案が実現可能であるか検討し、それが実現可能な場合、行動計画プランを立てるという一連のプロセスを確立する必要があります。そのプロセスには3つのステップがあります。

  • 社員から出されたアイディアすべてを評価、検討します。もし提案が実行可能でない場合にも、提案者にフィードバックをします。
  • 従業員に、プロセスの改善方法と、どのように取り組むかについて、研修を受けてもらいます。
  • 報酬システムを導入します。これにより、プロセスの改善を提案した者と実際に着手した従業員、どちらも同様の報酬が与えられます。

Part 6:  ニーズに合ったEdrawMaxテンプレートを選択する

EdrawMaxソフトウェアには、プロセスの改善計画を立てるのに役立つ、さまざまなテンプレートがあります。たとえばバリューストリームマッピングは、物流や情報の流れの現状を把握、そして将来的に最適化を図るため、数々の企業が分析に使用している手法です。
このモデルには、付加価値を生み出すステップと非付加価値活動のステップがあります。 これらはマネージャーやチームが、情報の流れのシステム化を構築するのに役立つだけでなく、原材料の効率的有効利用を計画するのにも役立ちます。
PDCA(plan-do-check-act)は、カイゼンプロセスの実装を紹介するもう1つの便利な方法です。EdrawMaxには便利なテンプレートがあります。

Part 7:  まとめ

常に改良を重ね変化をもたらすための便利なツールがカイゼンです。カイゼンの主要な要素と原則は、個人の生活や会社の業務に応用する事ができます。


Edraw Max -- All In One の作図ツール
  • 豊富なテンプレートと図形
  • 様々なファイル形式に対応
  • フローチャート、マインドマップ、組織図などを作成
  • Officeライクの操作感覚 初心者もすぐ使える
関連記事
-->