マインドマップ 知識

国語まとめノートの書き方

国語のまとめの書き方ノート詳しくご紹介

国語は読解することが周りと差をつけるため欠かすことが出来ません。しかし、どう練習すうれば国語が伸びるか分からないという声も大きいです。実のところ、ポイントを押さえて国語まとめノートを続けると結果に現れやすくなります。
今回は、国語を苦手とする方に、国語の読み方が分かるマインドマップを紹介し、正しい勉強術が身につくお手伝いをいたします。

マインドマップを無料で書くならEdrawMind(エドラマインド)

100%安全・安心 | マルウェアなし | 広告なし

Part 1: 国語は何を覚えたらいいの?

国語の試験は、普段の勉強と違う文章をよむのに、普段は何を勉強したらよいのか分からないという人も多いです。国語は長文問題が出題されて、長文に関連する設問が多くなります。まずは、文で意図するために語彙に強くならないと、論点を掴むことが難しいです。
そのため語句に関する意識こそ、国語勉強術の第一歩としておすすめします。

1.1: 国語で覚えるべき語句

  • 漢字
  • 熟語
  • ことわざ
  • 故事成語
  • 現代文用語
  • 類義語
  • 漢字や熟語を覚えておかないと、文章の意味がかなり初期の段階からつかめなくなるので、日頃から辞書を使ってわからないものを潰しておくことが大事です。
    また、ことわざや故事成語に関しては、筆者が伝えたいことを例える場合に用いられるので、正解に関連するものという意識で取り組んでよい覚えるべきポイントになります。
    現代文用語に関しては、評論文や随筆など筆者の主張するものについて考える出題で大きな役割を果たしている語句と言って良いでしょう。
    最後に絶対と言っていいほど大事にしたい語句が類義語です。筆者は長文中で伝えたいことを、同じ言葉で繰り返すことは多くありません。言い換えという形で、論点を繰り返しアピールします。そのため類義語を多く知ることで、国語の問題がわかる可能性が大きいです。

    上記の語句を正しく把握することで、読み取れる情報の質が変わってきます。この読み取る力は、国語以外の教科にも良い影響があり、総合力UPも期待できるでしょう。



    Part 2: 国語を勉強するための暗記法

    国語の力を高めるためには、暗記法ともいうべき覚える部分を意識することが大事です。覚える部分を大事にしながら、問題集を読み解き、大事な部分をまとめノートにして知識と経験を積み重ねることが勉強術として理想になります。
    まずは以下の2つを意識することが国語を暗記する上で重要です。

    2.1 知識として暗記する

    問題をとき進める上で、「わからない」というより「知らない」と感じる問題は語彙力の不足が考えられます。しっかり辞書を活用して、意味を理解することが大事です。
    ここでポイントになるのは、言葉だけで覚えないことです。例文なども一緒に書き連ねておくことで、使い方もイメージしやすくなります。
    正しい意味をおさえるには、問題集の解答・解説もかなり役立ちます。しっかり説明を音読し、記憶に定着させましょう。音読をベースにして暗記することで、書いて覚える勉強術より回数を多く練習できます。

    2.2 読み方として暗記する

    国語で配点が高い問題は、どの文章の箇所が答えに関連する場所で、設問にある言葉のどれがトリガーポイントであるか考える必要があります。


    ~ということについて、「筆者の意見」を答えなさい
    「筆者の意見」という言葉で聞いているので、筆者の意見が書いてありそうな段落や強い意味合いの表現を探す。

    テストの見直しや、過去問題にチャレンジした後は、解き方の順番をまとめノートにすることが有効です。今後も類題が出題された時に、気付きや初動が早くなります。

    100%安全・安心 | マルウェアなし | 広告なし


    Part 3: マインドマップを活用して国語のまとめノートを作りましょう

    国語は文章のイメージから連想することが多い科目です。そのため暗記をメインとした勉強をするときにも、連想やイメージを大事にするマインドマップがおすすめです。

    国語のポイント

    上図:EdrawMindで作成した国語のポイント

    ☞☞無料テンプレートダンロードこちらへ☜☜

    国語を勉強していく上で大事なポイントを、EdrawMindを用いてマインドマップ(魚の骨図)にまとめてみました。マインドマップは覚えておきたい複数の情報を、関連付けて覚えることに適しています。

    今回であれば、国語で勉強したことをまとめる場合に

  • 語句で知らないものがなかったか?
  • 段落ごとにかかれていることは何か?
  • くりかえし書かれていたことはないか?
  • この3つは必ず意識してまとめノートにすると、テストがあるときにも役立ちます。まとめノートは、まとめることを目的としているので、その問題を読むために必要な知識も全て書き足しておくことが大事です。 そのまとめノートさえあれば、わからないことは何一つないレベルに作り上げることが勉強術として理想になります。わかりやすく、情報を書き足しやすいという点で、マインドマップはおすすめの勉強術と言えるでしょう。



    Part 4: まとめ

    今回は国語に強くなりたい人に、勉強術としておすすめの国語まとめノートの書き方とマインドマップについて紹介しました。国語を勉強するには、予備知識として語彙を暗記すること、点数につなげるために読み方の手順を暗記することの2つが求められます。 問題集などを進めていくときにはマインドマップを活用して、情報を入れることでクオリティが高い国語の勉強術になります。PCにマインドマップに作図ソフトを入れておけば、情報が多い勉強でも簡単にまとめていくことが出来るでしょう。

    EdrawMind -- あなたのアイデアと知識を構築
    • 12種類のレイアウト & 33種類のテーマ
    • 700+のクリップアート
    • プレゼン & ブレーンストーミングモード
    • グループのコラボレーション

    関連記事
    -->