グラフィックオーガナイザー

フリー製図ソフトのおすすめトップ5

初心者向け:無料製図ソフトのおすすめランキング

絵虎

「初心者でも使える無料製図ソフトおすすめランキングトップ5をご紹介します!」

Part 1: はじめに

製図ソフト

数ある作図・製図ソフトを選ぶ時、あなたは何を基準にして選びますか。なるべく費用をかけず、目的に適い、利用者が多く共有しやすく、操作が簡単で、サポート万全の作図・製図ソフト製図があればとお考えでしょう。
少し前には用途に応じた専門的な作図・製図ソフトがありましたが今では上図のような作図・製図ができるオールインパッケージとして作図・製図ソフトがあります。具体的には、建築用、建設・電子回路、製図・パンフレット、企画書、ハードウェア、ソフトウェア設計、医学、教育、路線図まで豊富なテンプレートが用意され、すぐに製図することができるソフトもあるのです。
今回は何度も買い替えしなくて良いようにご自身に合った作図・製図ソフトをご用意できるようIT業界で働く女性視点で製図ソフトを選ぶポイントをご紹介し、フリーの製図ソフトを中心におすすめの無料製図・作図ソフトをおすすめ順にご紹介いたします。


Part 2: 製図ソフトの選ぶポイント

作図・製図ソフトを選ぶ時何を基準にしてえらびますか。初めに試すのは人気順、HPデザインの雰囲気、そのソフトを導入している企業、その企業がどの程度顧客満足を考慮しているかなど多くの視点があると思います。
今回はIT業界で働く私の視点で、ビジネスパートナーに自分の考えを豊かに報告できる作図・製図ソフトを選ぶポイントをまとめました。ちなみに私は顧客満足度の質の高さという評価基準に重きを置き、世界基準でありながら日本語のサポートがあり、色彩豊かで、デザインも先進的、そして使いやすく、顧客満足について考え抜き他社との差異化に成功しているEdrawMaxの作図・製図ソフトを使っています。
このEdrawMaxを導入している主な企業の説得力もさながら、何より社会全体への顧客満足度を考慮しながら一人ひとりのエンドユーザーへの配慮がきめ細かくなされている点がEdrawMaxを気にいっている理由です。

2.1 無料と有料

 無料と有料

作図・製図ソフトを選ぶ時はまずフリーの無料作図・製図ソフトを使ってみましょう。ご自身が作図・製図したいものが描けるかを確認できるので、買い替え費用を抑えることができます。無料ソフトには2D、3Dソフトがあります。2Dソフトには定番のEdrawMaxで平面の建設設計図面の作成や、立体にする必要のないパンフレットや企画書の作成に向いています。それに対して、3Dプリンタを利用したい場合や立体的な建設図面を作成してみたい場合は3Dソフトを選びましょう。

2.2 作図タイプとソフト機能の対応

作図・製図ソフトには利用する人の場面に応じ、さまざま種類が用意されています。導入する際は、目的に応じた利用が出来るソフトか確認しましょう。2D、3Dだけでなく作図・製図ソフトには汎用性の高い「汎用ソフト」と特定の目的に特化した「専用ソフト」があります。そのため、双方の特徴をしっかり把握しましょう。

汎用ソフト

どの分野の製図にも扱える汎用性を備えているのが汎用ソフトです。
建築用、建設・電子回路、製図・パンフレット、企画書、ハードウェア、ソフトウェア設計、医学、教育、路線図まであらゆる製品の図面を作成できます。CADソフトを始めばかりの初心者は、まず汎用ソフトで操作に慣れましょう。

専用ソフト

建築や電機など、特定分野の製図に特化しているのが専用作図・製図ソフトです。
電機用のソフトなら配線や配管の製図が得意など、特化した強みを持つことで作業の効率化を図ります。特定の業務の専門性を高めたい方は、専用ソフトを利用しましょう。

2.3 OS対応情報

製図・作図ソフトが利用しているパソコンのOSに対応しているかもチェックしましょう。見落とされがちなのが、OSのバージョンです。企業でバージョン更新しないまま利用しているOSで作図・製図ソフトを長時間利用すると動作の不具合やデータが消えてしまう危険があります。

2.4 操作の難易度

操作の難易度も確認しましょう。
直感的に使いやすくあることはもちろんのこと、作図・製図ソフトを利用するのが初めての人は、日本語で理解できるマニュアル付きのソフトを選ぶといいですね。マニュアル無しのソフトは、有志が日本語化パッチを制作していることもありますがインターフェイス自体は英語表記になっていることもあるので難易度が高くなります。日本語マニュアルがあれば、操作方法・インターフェイス上のさまざまなツールの使い方や意味など、必要な情報をはじめから確認して操作ができます。

2.5 ソフトのサポート体制

安全性を重視する場合は、休日や夜でもサポートを受けられるか確認するのがおすすめです。ボジネスで利用する時、思わぬトラブルの発生や操作上の疑問が発生したときの対応力を確保する必要があります。追加料金を支払い、サポート時間を延長するサービスもあるのでできる限り利用しましょう。


Part 3: 無料製図ソフト5選の情報

Top1: EdrawMax

EdrawMax汎用ソフト

上図は専用ソフトでなくたった一つの汎用ソフトEdrawMaxで描いた図になります。

今回はグラッフィック性の高い例をあげましたが、それだけでなくハードウェァ、ソフトウェア開発の時に役に立つUML図やビジネスの戦略などを考えるカンバスも豊富に取り揃えられており、このソフト一つで何でもできる汎用ソフトです。
そして、私もEdrawMaxのユーザーの一人です。グラフィック、操作性、専門性もさることながら一番は顧客満足の質の追求にあります。このEdrawMaxを導入している企業がIBM、Intelなど信頼度が高い理由の一つにこの顧客満足度の質の高さにあるのではないでしょうか。世界規模で活躍している企業のソフトとして導入されているにも関わらず、日本語での動画チュートリアルもあり、補助線が出るので正確で操作性にも長け、互換性、デザイン性、まずはフリーで利用できる価格面、アフターサービスといったソフト面の顧客満足だけでなく、競合を大きく突き放すほどの社会全体の満足を形にしようというハード面の変化も提案する質の高い企業努力があります。それはHP上の活用教室にも表れています。私はこの顧客満足の質の高さつまり、ソフト面の精巧さに加え既存のビジネスモデルの改善にも重きを置いているのがEdrawMaxを自分のビジネスツールに選んだ理由の一つです。

100%安全・安心 | マルウェアなし | 広告なし

Top2: RootProCAD

 RootProCAD

公式サイトでの日本語チュートリアルが充実しているのが特徴のRootProCADがあります。この作図・製図ソフトは2D図面作成向けソフトです。フリー版と有料版があり、フリー版は基本機能を使用できるソフトです。多くのファイル形式に対応していますが、フリー版でもCAD認定試験に対応するDXF形式の読み込みができるのが特徴です。ホームページ内で分かりやすい基本操作チュートリアルが見られるのも魅力です。

公式サイト:https://www.rootprocad.com/


Top3: Jw_CAD

 Jw_CAD

作図・製図ソフトはWindowsに特化した製品が多い中、このソフトはMacにも対応しているのが大きな特徴です。JW_CADは、さまざまな業界に導入されているフリーソフトですが特に建築分野での使用に向いています。独自のJWWやJWC・DXF・SXFなど基本的なファイル形式のインポート・エクスポートに対応しているため、独学でCADを学んでいる方や、CADの実技試験などにもおすすめです。線種を9種類からカスタマイズできたり、補助線を使うこともできるなど多彩な機能があります。また、時計の形を模したクロックメニューは、マウス操作だけで多くのコマンドを使うことができて便利です。

公式サイト:https://www.jwcad.net/


Top4: Solid Edge 2D Drafting

 Solid Edge 2D Drafting

Solid Edge 2D Draftingは、2D図面が作成できるの製図ソフトです。毎年無料でバージョンアップ版の提供があるので初心者に費用面でも優しいです。
Solid Edge 2D Draftingの特徴として製造業でいち早くデジタル化を促進し、ソフト企業としても実績のあるシーメンス社が提供している2Dのフリー作図・製図ソフトです。国際標準化機構(ISO)や国規格協会(ANSI)英国規格協会(BSI)など、世界各国の規格に対応した作図ができるのも特徴です。

公式サイト:https://www.plm.automation.siemens.com/


Top5: AutoCAD

 AutoCAD

Autodesk社が提供する精度の高い2DCADソフトです。さまざまなCADソフトの中でも随一のシェアを誇っており、日本でもゼネコンを始めとする建築業界で利用されています。用途に応じてさまざまなバリエーションが用意されており、建築設計用、製造業向けの専用CADはもちろん3D版も提供されています。ビジネスで専門的に利用されているシェアの高いソフトです。値段ももちろん高いですね。

公式サイト:https://www.autodesk.co.jp/products/autocad/overview


Part 4: まとめ

今回はIT業界で働く私の視点からおすすめのフリー作図・製図ソフト5選をご紹介いたしました。
どのフリー作図・製図ソフトにもそれぞれ特徴はあります。まずは自分が描きたい図の目的を把握することが自分に合った作図・製図ソフトを選ぶ近道なると思います。
今回は顧客満足度の質の高さという評価基準からご紹介いたしました。その中でも私も使用しているEdrawMaxには、マインドマプを作図するツールも搭載されています。
まずはEdrawMaxで「なぜ作図・製図ツールを必要としているのか」を改めて分析することでビジネスを深堀できる糸口を見つけることができるかもしれません。まずはフリー版から実際にお試しいただき、新規作成ボタンから多岐にわたるテンプレート例をご覧になってみてください。

Edraw Max -- All In One の作図ツール
  • 豊富なテンプレートと図形
  • 様々なファイル形式に対応
  • フローチャート、マインドマップ、組織図などを作成
  • Officeライクの操作感覚 初心者もすぐ使える
関連記事
-->