ガントチャート VS PERT図 - その違いとは何?

> ビジネス 知識 > ガントチャート VS PERT図 - その違いとは何?
編集者: Edraw | 2020/01/13

ガントチャートとPERT図とも、プロジェクト完了のためのタスクを表示するのによく使われるプロジェクトマネジメント手法です。このページで、ガントチャートとPERT図を比較して、その違いについて検討したいと思います。
*ガントチャートとPERT図を作成したい場合は、以下の作図ツール「Edraw Max」をダウンロードできます。

ガントチャートVS PERT図

ガントチャートとPERT図とも、プロジェクトマネジメントにおける効果的で重宝なツールです。両方ともプロジェクトの具体的な作業やタスク、完了に必要な時間などを図式に表現するダイアグラムです。しかし、ガントチャートとPERT図とはそれぞれの作り方、使い方、注目点があります。では、プロジェクトの作業計画をする場合は、どちらを選択しますか?その使い方について、しっかり押さえておくことは何でしょうか?このページを読んでから、ガントチャートとPERT図を使い分けるようになります。

ガントチャート

ガントチャートは、プロジェクトの計画とスケジューリングのためのグラフィカルな図です。ガントチャートには、プロジェクトが時間の経過と共に小さいな作業や具体的なタスクに分割されます。これにより、プロジェクトを完了するための各タスク、各タスクの継続時間、進捗状況などを一見して把握することができます。

ガントチャートでは、各アクティビティ(タスク)はバーで表されます。バーの位置と長さはアクティビティの開始日、継続時間、終了日を反映します。マイルストーンは三角形で表され、そしてタスク関連線は常に矢印で示されます。

ガントチャート

ガントチャートの作り方

PERT図

PERTとは、プログラム評価レビュー手法の略で、1950年代にアメリカ海軍によって導入されました。プロジェクトマネジメント手法の一つとして、PERT図は大規模かつ複雑なプロジェクトの計画とスケジューリングによく活用され、チームメンバーのスケジュールや調整作業をより簡単に行うことを助けます。

PERT図により、複雑なプロジェクト内の各タスクの処理順序の関係はネットワークやフローチャートの形で表現されます。また、プロジェクトの開始から終了に至るまでのタスクや作業の完了時間に余裕のない経路(クリティカルパス)を明確にして、予定工期までにプロジェクトを完成できるかどうかの計画の実行可能性を検討することにも役に立ちます。

PERT図


ガントチャートとPERT図の違いとは何?

1.表現図式

ガントチャート:バーチャートで示す

PERT図:フローチャート(またはネットワーク図)で示す

2.適用範囲

ガントチャート:小規模のプロジェクトに適用

PERT図:大規模のプロジェクトや複雑なプロジェクトに適用

3.表現内容

ガントチャート:プロジェクトのタスク、各タスクの開始、終了、継続時間、進捗状況

PERT図:プロジェクトの各タスクの処理順序(流れ)、完了時間、クリティカルパス

4.特徴

ガントチャート:タスク間の相互依存や相互接続の関係を表示できない

PERT図:独立したタスクに数多くの相互接続のタスクネットワークがある


ガントチャートとPERT図とも作成できるプロジェクトマネジメントツール

Edrawプロジェクトマネジメントツールは、ガントチャートとPERT図の両方のテンプレートも提供し、ガントチャートとPERT図とも作成できます。WBS、タイムライン、進捗管理など、さらに多くのプロジェクトマネジメント手法を図解に表現するツールもあります。

Edraw Maxをダウンロードして、ガントチャートとPERT図のテンプレートを見て、その共通点と相違点をより深く理解しよう。

プロジェクトマネジメントソフト


ガントチャート VS PERT図 - その違いとは何?