edraw-max-horizontal
作図ツール
活用教室
製品ツアー
製品最新情報
無料体験
購入

フローチャート作成ソフトEdrawMax

    • 豊かな無料テンプレート
    • 標準なフローチャート記号
    • 手軽にフローチャートを作成
ビデオを見る

フローチャート(Flowchart)とは?

> フローチャート 知識 > フローチャート(Flowchart)とは?
edraw編集者
編集者: Edraw | 2020/11/27

フローチャート生活、生産に幅広く使用されでいます、フローチャートを介して、流れんを分かりやすく説明できます。そのため、フローチャートは、流れ図の意味で、作業のプロセスや処理の手順など一連の流れを図式化にしたものです。

フローチャートとは

フローチャートは、基本処理の長方形、条件分岐処理の菱形、流れの矢印など標準記号を組み合わせて、データ、情報の流れ、問題解決の手順、処理システム、アルゴリズムやプロセスなどを一見して分かりやすく図解します。このような流れ図は、プログラムの設計と開発、業務管理、課題解決、品質管理などに非常な役割を果たしています。


フローチャートテンプレート


PDF形式のフローチャートテンプレートをダウンロード
編集可能なフローチャートテンプレートをダウンロード

フローチャートソフトEdrawMaxをダウンロードして、すべてのフローチャートを見ましょう

フローチャートを無料で書くならEdrawMax(エドラマックス)


フロー・チャートの意味

フローチャートは、問題の解決策を得るために実行される操作のシーケンスを示す流れ図です。問題のプログラミングにおいて、複雑で時間のかかる問題の論理を効果的に理解するのに非常に役立ち、プログラマーとビジネス関係者間のコミュニケーションも促進します。

フローは、特定の要件を満たすための一連の論理演算の表現です。流れは自然に存在する。それは不規則なものであり、固定されていないものでもありますけど、何の作業の行いにおいても流れが欠けられないものです。チャート、すなわちダイアグラムは、フローの規則的で共通のプレゼンテーションまたは記述です。チャートは、コミュニケーションと集合に役立ち、プロセスリエンジニアリングに参考を提供します。

フローチャートの種類

ユーザー、構造、応用分野などによって、フローチャートの分類は多種多様です。分類要素が異なると、フローチャートの種類も違うようになります。システムフローチャート、概要フローチャート、詳細フローチャートという3つに分類したこともあり、「意思決定フローチャート、論理フローチャート、システムフローチャート、製品フローチャート、プロセスフローチャートは、ビジネスや政府で使われている様々なフローチャートのほんの一部である」という詳しい分類方法もあります。一般的には下記4つの種類に分けています。

1. 文書フローチャート - システム内の文書の流れを示す図
2. データフローチャート - システム内のデータの流れを示す図であり、つまりデータフロー図
3. システムフローチャート - 物理、化学または資源レベルのプロセスを示す図であり、つまりプロセスフロー図(PFD)
4. プログラムフローチャート - システム内のプログラムにおける制御を示す図

Edraw で作成できるフローチャートタイプには、BPMN、部門連係フローチャート、データフロー図、ワークフロー図、SDL 図などが含まれます。

どちらのフローチャートを選んでプロセスを示しますか。それは、プロセスの文書化、データの演算、システム制御のプロセス、データ流れの表示など、ユーザーの目的によって選択すべきです。

フローチャートで用いられる標準記号

フローチャートを作成するために、円、楕円、角が丸められた長方形、菱形、平行四辺形などの形状を使用することは、厳密には必要ではありませんが、プロセストの流れをより明確に記述するのに役立ちます。以下に説明するのは、フローチャートの作成によく用いられる標準記号のセットです。

  • 端子 - 角が丸められた長方形で示され、プログラムや業務の始まり及び終わりを表す。
  • 処理 - 長方形で表現され、任意の種類の処理機能を表す。
  • 定義済み処理 - 長方形の左右の辺を二重線にした形で表す。サブルーチンとも言えます。
  • 判断 - 菱形で表現され、条件による分岐を表す。
標準フローチャート記号

フローチャートの作成におけるルール

まずは、作成する時に、フローチャートの書き方のルールとして、注意すべきことは3つあります。

  1. 流れの始まりと終わりを明記する必要があります。
  2. プロセスの流れ方向は、原則として、上から下へ、左から右へ、となります。それに逆行する場合は、矢印をつけて表示します。
  3. 接続線の交差はしてはいけないのです。

フローチャートを作成する前には、頭に構造されたフローチャートについて下書きをすることはお勧めです。どの記号を選びますか、どの流れの方式で表示しますか、条件分岐がどこに設定しますか、など様々なアイデアを記録しておきます。

フローチャートの作成方法の詳しくはこちら:クリックだけで自動生成!超簡単なフローチャートの書き方

フローチャートで問題を発見、解決

プロセスが実際にどのように機能するかを表すフローチャートが作成されたら、以下の複数の手法でチェックして、潜在的な問題領域や改善領域を見つけます。

1. 条件分岐記号をチェックする:それはすべてが順調かどうかを見るための活動を表していますか?効果的ですか?冗長ですか?

2. 再実行中の作業を示す各ループをチェックする:この再作業ループは、問題の再発を防止しますか?エラーが発生した後の修理が長く行われていますか?

3. 各文書またはデータベースの記号をチェックする:これは必要ですか?それは最新ですか?情報の単一のソースはありますか?この情報はプロセスの監視と改善に使用できますか?

4. プロセス全体をチェックする:フローは論理的ですか?プロセスがどこにも至っていない曖昧な領域や場所はありますか?パラレルトラックはありますか?

問題解決とは、フローチャートのメリットのその一つであり、もっとフローチャートの良い点を発見しましょう。

フローチャート作成ソフト

高機能で使いやすいフローチャート作成ソフトとして、Edraw フローチャートソフトには標準のフローチャート記号及び豊富な無料テンプレートが含まれます。ベクトルの図形、スマートなコネクター、自動接続、自動配置、クイック書式設定などが搭載されているので、製図経験がなくてもプロで見栄えよいフローチャートを作成するのは簡単になります。基本フローチャートだけでなく、ワークフロー図、BPMN 図、部門連係フローチャート、データフロー図なども作成できます。

フローチャート作成ソフト

どうしてEdraw はフローチャート作成に最適なソフトなのか?理由を発見しましょう。今すぐ無料体験

Edraw Max -- All In One の作図ツール
  • 豊富なテンプレートと図形
  • 様々なファイル形式に対応
  • フローチャート、マインドマップ、組織図などを作成
  • Officeライクの操作感覚 初心者もすぐ使える