ビジネス、マーケティング 知識

チェンジマネジメントのフレームワーク

チェンジマネジメントのポイントと基本的な手法について解説します。

チェンジマネジメントはアメリカで生まれたマネジメント手法のひとつ。目まぐるしく変化する昨今のビジネスに対して、ここ日本でも取り入れる企業が増加傾向にあります。

とはいえ、チェンジマネジメントとは一体どういったものなのでしょうか。そして、どういったときに役立つマネジメントなのでしょうか。

この記事ではそんなチェンジマネジメントの重要なポイントと進め方について詳しく解説します。この手法をサクッとインプットしたい方はぜひチェックしてみてください。

フレームワークをやるならEdrawMax(エドラマックス)

100%安全・安心 | マルウェアなし | 広告なし


Part 1: チェンジマネジメントとは

チェンジマネジメントとは企業における修正点や変更点などをスムーズに実施し、成功へと導くためのマネジメント手法のこと。企業をはじめとする組織が大きく拡大し続けるには、時代にマッチした変革が必要になります。

しかし、組織を変革することは容易ではありません。なぜなら変化を好まない慎重派な人もいれば、彼らによって引き起こされる反発によって組織全体に軋轢が生じることもあるからです。

そこでチェンジマネジメントの出番。まずは次に該当する人々を変革にフィットできるよう促すことがポイントになります。

・ 変化することを嫌う人

・ 現状を維持したい人

彼らを上手に引き入れることができれば、変革はスムーズに進行していきます。これを実現するための方法こそ、チェンジマネジメントなのです。



Part 2: チェンジマネジメント3つのレベル

pie-chart1

チェンジマネジメントは3つのレベルに分類できます。

①:「個人単位」

②:「プロジェクト単位」

③:「組織単位」

①の個人単位のチェンジマネジメントは、すべての従業員に変革を促す手法。「○月×日にAから業務内容の修正点を報告する」といった具体的なプランを立てて、企業内の変革を促す施策をおこないます。

②のプロジェクト単位のチェンジマネジメントは、特定の従業員が動くプロジェクト単位で変革を促す手法。企業が拡大していくためにはどういた組織変革が必要なのか見極め、変化を明確にしていきます。

③の組織単位のチェンジマネジメントは、企業もしくは組織全体で取り組むべき変革を促す手法。企業戦略を明確にするための手法と言っても過言ではなく、目まぐるしく変化する市場のニーズや社会情勢に対していかに対応するかを明確にしていきます。

これらは企業の規模によって内容が変わります。しかし、チェンジマネジメントの方向性はさほど変わりません。ゴールは変革の実現です。



Part3 : チェンジマネジメントのポイント

チェンジマネジメントを実施するうえで重要なポイントは次の3点です。

①:目的を明確にする

②:現状を把握する

③:フレームワークを取り入れる

いずれも変革を成功させるために重要な土台なので、隅々までインプットしておく必要があります。

それでは上記3点について詳しく解説していきます。

3.1 目的を明確にする

チェンジマネジメントを実施する上で重要になるのは、まず変革する目的を明確にすることです。

目的が曖昧だと変革の予測が難しくなります。もっと言えば、成否を判断するために必要な指標を定義できません。

よって変革を成功に導くためには、変革プロセスの推進メンバーを集めて目的をどこまでも明確化する必要があるのです。



3.2 現状を把握する

チェンジマネジメントを成功させるポイントとして「現状の把握」も挙げられます。ここで重要になるのは以下の情報の把握です。

・ 自社が掲げている目標とはどういったものなのか

・ 目標の達成状況はどれほどなのか

上記の情報をすべての従業員に共有します。これを疎かにするとスムーズな変革ができないばかりか、従業員が現状を正確に認識できません。

よって、現状の把握は具体的かつ慎重に行っていく必要があります。

ポイントとしては最初から大規模な変革を実施するのではなく、まずは小さな範囲から着手していくこと。これにより失敗するリスクを抑えることが可能です。

3.3 フレームワークを取り入れる

目的を明確にし現状を把握できたら、次は目標を達成するためのフローを決定します。

まずは変革を成功させるための行動目標と、ゴールをわかりやすく具体的に設定しましょう。より明確なものにするならフレームワークを取り入れることをおすすめします。

フレームワークとは以下のアクションを実施する際に利用できる枠組みのこと。

・ 意思決定

・ 分析

・ 問題解決

フレームワークを取り入れる企業は多く、昨今のビジネスシーンでは幅広く利用されています。使い方はさまざまで、チェンジマネジメントの行動目標にも使えますし、行き詰まったときにも使うことができます。

課題が見つかりやすくなるだけでなく、意思決定をするための最適解を見つけやすくなるので、チェンジマネジメントには必要不可欠と言っていいでしょう。



Part 4: 円グラフを作る時の注意点

きちんとした円グラフを作成し、会議やプレゼンテーションで効果を発揮するには正確な作り方で作成していくことが重要です。ここからは円グラフを作る時の注意点について解説をしていきます。

①:変革の必要性を明確にする

②:チームビルディング

③:変革ビジョンを決定する

④:すべての従業員と共有する

それでは具体的な進め方について解説していきます。

4.1 変革の必要性を明確にする

チェンジマネジメントにおいて最重要になるのは、変革の必要性を明確にすることです。

なぜ変革が必要なのか把握したら、自社が抱えている現状から緊急性を明確にします。これらをすべての従業員と共有できないかぎりは、たしかな変革ができません。

4.2 チームビルディング

変革の必要性を明確にしたら、次は変革を成功させるために必要なメンバーを集めます。

以下の情報を照らし合わせながら、確実なチームビルディングを行っていきます。

・ スキル

・ 人脈

・ 信頼

・ 評判

・ 権限

彼らは変革を実現せるために必要不可欠なパワーです。良いチームビルディングができると、変革に要する期間を短縮化できます。

4.3 変革ビジョンを決定する

続いては変革ビジョンを決定します。

どういったゴールが望ましいかを明確にすることで、より具体的な戦略の立案が可能。優れたビジョンの特徴は次の6点を参考にしましょう。


①:可視化できる

ゴールが明確に示されている

②:メリットがある

従業員・顧客・株主などに長期的利益が見込める

③:実現可能である

非現実的なものではなく達成可能な目標である

④:方向を示す

意思決定の方向性が明確である

⑤:柔軟性

変化に対して柔軟に対応できる

⑥:伝わりやすい

簡潔に説明できる内容である

4.4 すべての従業員と共有する

最後はこれまでのステップで明確化したビジョンおよび戦略を社内で共有します。

まずは変革推進チームが率先して、変革に向けた行動を取り伝えます。ポイントとしては次のアクションを取り入れることです。

・ 様々なチャネルを活用する

・ 変革ビジョンは継続的に伝える

こうすることで、従業員の期待感を高めることができます。



Part5 : チェンジマネジメントの阻害要因

チェンジマネジメントは一筋縄といきません。なぜなら、変革に対してネガティブな感情を抱いている従業員がいるためです。

阻害要因となる人々の特徴は次のとおり。

・ 変革に興味がないため、自分に割り当てられた業務を拒絶する人

・ 自身が所属する組織以外の評価に対し無頓着になる人

・ 変革に対してできない理由ばかりを述べて行動しない人

・ 自身が所属する組織以外の評価に対し無頓着になる人

・ 自発的に解決しようと行動しない人

彼らを起因とする停滞は起こりえます。いかに彼らを引き込んで変革していくか検討しなければなりません。



Part6 : まとめ

チェンジマネジメントは、次の3つのレベルに分類されます。


①:「個人単位」

②:「プロジェクト単位」

③:「組織単位」


重要なポイントは次の3点です。

①:目的を明確にする

②:現状を把握する

③:フレームワークを取り入れる


以上を踏まえたうえで基本的手法である以下の進め方をおこないます。

①:変革の必要性を明確にする

②:チームビルディング

③:変革ビジョンを決定する

④:すべての従業員と共有する

これでチェンジマネジメントは実行できますが、従業員にたしかな共有を実現させるためにも作図ソフトをつかって変革をビジュアル化すべきです。

特におすすめしたいのは「EdrawMax」。

change-management1

特別なスキルは不要。用意された多種多様なテンプレートを利用することで、初心者でもかんたんにプロジェクトをビジュアル化できます。

テンプレートが豊富なので1から作図する必要がない

change-management2

以下のボタンからマトリックス図の作成ツールEdrawMax(エドラマックス)を無料ダウンロードできます。

100%安全・安心 | マルウェアなし | 広告なし

Edraw Max -- All In One の作図ツール
  • 豊富なテンプレートと図形
  • 様々なファイル形式に対応
  • フローチャート、マインドマップ、組織図などを作成
  • Officeライクの操作感覚 初心者もすぐ使える

関連記事