マインドマップ 知識

PESTLE分析に最適なツール

マインドマッピングツールMindMasterを使用してPESTLE分析する

PESTLE(ペステル)分析は、ビジネスやマーケティング企画において使われる外部環境を分析するためのフレームワークです。多角的な視点でビジネスを具体的な展開に導いてくれる分析モデルとして知られています。外部環境を分析するにあたり、現在または将来にどのような影響を与えるか、把握、予測するための手法でもあります。今回はどんな情報を収集すれば良いのかの項目選定の方法と実際にITコンサルティング会社を実例にして、思考の発散と概念の収集を得意とする「要求ギャザリング」活動をMindMasterで実行し、思考を収束し概念をモデル化することを得意とする「要求モデリング」活動をEdrawMaxユースケース図に落とし込むところまで行います。

PEST分析

写真AC 素材のID:4249863

フローチャートを無料で書くならEdrawMax(エドラマックス)

100%安全・安心 | マルウェアなし | 広告なし

Part 1:PESTLE分析を行う理由

まずは、PESTLE (ペステル)分析がどの位置にあるかを他の分析手法と合わせてご紹介いたします。PESTEL分析の目的は中長期的なマクロ環境を分析してその後のマーケティング戦略に活かしていくために行います。外部環境は細分化するとマクロ環境とミクロ環境の2つに分けられます。そのうちのマクロ環境、つまり自社でコントロールできない世の中の流れや業界動向を把握し分析することで環境の変化や事業活動に影響を与える要因を探っていきます。PESTLE分析は、情報の収集と整理で終わる分析ではありません。様々な思考を巡らせ機会や課題の仮説を立てるまでを目的とします。

上図:EdrawMaxでのPESTLE分析の説明図


Part 2: PESTLE分析分析の6つの重要な要素

PESTLE分析の説明図

上図:MindMasterでのPESTLE分析の説明図の例
編集可能なマインドマップをダウンロード

2.1 Political:政治的

P:Politics(政治的環境要因)は規制や制度など市場ルールを変化させるもので、以下のようなものが分類されます。法律や法改正(規制、緩和)税制や減税、増税、裁判制度や判例、政治や政権交代、政治団体の傾向やデモなどがあります。これらはいずれも国や地方自治体レベルでの決定事項であり企業はそれに対応していくしかありません。法律や税制の改正動向を常に注視し、動きがあれば、どのような影響があるのかを事前にシミュレーションしておく必要があります。また、公的支援制度などは政府の方針も知れる情報であるので注意しておきましょう。

2.2 Economic:経済的

E:Economy(経済的環境要因)は、景気や経済成長など価格連鎖に影響を与える要因のことで、下記のようなものが該当します。為替や株価、金利、原油価格、経済成長率、景気動向、消費動向、物価(インフレ、デフレ)などです。企業によっては相場の変動で売り上げや利益が大きく変わります。競合他社と位置づけている企業との比較をしていると、意外な差を知れるきっかけにもなり、新たな分析の切り口になる可能性があります。

2.3 Sociological:社会的

S:Society(社会的環境要因)は人口動態の変化など需要構造に影響を与える要因から分析することで、下記のようなものが該当します。人口動態や密度、構成、世帯、流行や世論、宗教や教育、言語、少子化や老齢人口などです。日本では少子高齢化が社会問題化していますが、世界では全くの逆です。社会環境の変化を自国だけでなく世界を視野に分析しておけばリスクを軽減することができます。

2.4 Technological:技術的

T:Technology(技術的環境要因)は、ITに代表されるような競争ステージに影響を与える要因のことで、下記のようなものが分類されます。インフラやIT活用、新技術の普及度や特許、技術開発投資レベル、イノベーションなどです。最新技術を自社でどう取り込んでいくのか、その場合どんな影響があるのかなどを調査分析して、戦略に組み込んでいく必要があります。

2.5 Legal:法的

もともと法律的要因は政治的要因の中に分類されていました。PESTELの分析では、政治的要因と法的要因が区別されます。法的分析の枠組みの中で、経済活動の発展に影響を与える可能性のある法律が評価されます。例えば、独占禁止法、市場参入障壁などです。会社の経済活動だけでなく、差別禁止法などの組織に影響を与える法律も含みます。会社の運営方法とその商品やサービスに対する需要を分析し、自社の商品やサービスに関わる法には注視しておき随時更新しましょう。

2.6 Environmental:環境的

環境的要因は元々、社会的要因の中に分類されていました。しかし、昨今の地球温暖化の流れから環境を分けて考えられるようになりました。経済の特定の分野は、地域の環境状況に直接依存しています。観光などの分野、さらには保険会社でさえも、それを取り巻く環境に直接依存します。また温暖化による環境問題に関して、環境に有害ではない慣行で企業が経済活動を生み出しているかどうかを評価される場合も多くなってきました。これにより、企業の市場参入の時に配慮しなければならない点が増えただけでなく、メリットとして生態学的な起源を持つ新製品のための新しい市場をもたらす可能性もあるのです。


100%安全・安心 | マルウェアなし | 広告なし

Part 3: マインドマッピングを利用してPESTLE分析の実行する

新規事業開発分析ためのマインドマップ

上図:MindMasterでのPESTLE分析の説明図の例
編集可能なマインドマップをダウンロード

では、実際にITコンサル業に所属しているアナリストが新規事業立ち上げのためにPESTLE (ペステル)分析を行う想定で実践してみましょう。

3.1 PESTLE分析のすべての要素を詳細に理解する

今回の例として、SEO対策も万全のデザイン性に優れたHPを作成しているITコンサルティング企業の例をあげましょう。まずは自社に関係しそうな情報項目を集め、P・E・S・T・E・Lの各要素に振り分け可視化しましょう。情報項目は多岐にわたるため収集するのは大変です。新聞、官報、ニュース、業界紙、講演会など情報収集の範囲を絞りましょう。

3.2 PESTLE分析プロセスを完了する

次に事実に基づいた情報からその中から自社にとって比較的関わりが強いものにマークしていきましょう。合わせて優先順位も決めるといいですね。

3.3 無料のマインドマッピングツールを使用して結果を表現する

そして、マインドマッピングツールを使ってPESTLE分析を表現しましょう。マインドマッピングの長所は柔らかく曖昧で捉えどころのないアイディアを発散できることです。そのため、収集した情報が「事実」か「解釈」なのかは注意が必要です。例えば、数値は事実ですがその数値についてコメントをしている内容は「解釈」になります。

3.4 フローチャート、画像、クリップアート、記号などを使用して、ユースケースを作成する

そして、マインドマッピングツールを使ってPESTLE分析を表現しましょう。マインドマッピングの長所は柔らかく曖昧で捉えどころのないアイディアを発散できることです。そのため、収集した情報が「事実」か「解釈」なのかは注意が必要です。例えば、数値は事実ですがその数値についてコメントをしている内容は「解釈」になります。

リクエスト分析ためのマインドマップ

 要求モデリング活動の説明図

上図:MindMasterとEdrawMaxでのPESTLE分析の説明図の例

思考の発散と概念の収集を得意とする「要求ギャザリング」活動をMindMasterで実行することができれば、次は思考を収束し概念をモデル化することを得意とする「要求モデリング」活動をb>EdrawMaxのユースケース図に落とし込んでみましょう。

今回の例として、PSTLE (ペステル)分析の結果、需要が見込める新規サイト構築とSEO記事を依頼しているITコンサル会社がSEO対策のため、現在のシステムについて「リライトのタイミングを知れるアラーム機能がほしい」という要望があったとします。そのシステムを作成するのに、上図のようにマインドマッピングでヒヤリングを行うと要素がすぐにわかるのでユースケース化しやすいメリットがあります。


Part 4: まとめ

今回はマインドマッピングツールのMindMasterを使って思考の発散とEdrawMaxのユースケース図でその収束までを実践してみました。PESTLE分析は様々な分析ツールの中でも自社で変えることのできない大枠の分析になります。そのため、新規参入やリスクを想定するのに向いています。MindMasterで情報や気づいたことを収集しEdrawMaxで実践まで落としこみましょう。


MindMaster -- あなたのアイデアと知識を構築
  • 12種類のレイアウト & 33種類のテーマ
  • 700+のクリップアート
  • プレゼン & ブレーンストーミングモード
  • グループのコラボレーション

関連記事