グラフィックオーガナイザー

2020年あなたを導くフロアプランクリエーター ベスト7

部屋や建物の縮小図を作成して、内側、外側の全ての空間を表します。

間取り

ミレニアル世代の購入者は、家の設計図の包括的な表現を求めています。住宅購入者が完成品がどのように見えるかを正確に測定できるように、内外空間の正確な視覚化を提供する必要があります。フロアプランは、寸法、備品、空間的相関関係において、空間を正確に表現するのに役立ちます。本日は、オフィス空間計画、会場管理計画、施設フロア計画などに使用できる最高のフロアプランクリエーターをご紹介します。

フローチャートを無料で書くならEdrawMax(エドラマックス)

Part 1: フロアプランソフトウェアを選択する前に考慮すべき要素

まず、フロアプランには見た目と印象の良さが必要です。顧客は、フロアプランソフトウェアからあなたの会社の実現性を判断します。したがって、価値を減らすのではなく追加する必要があります。フロアプランクリエーター は、ラップトップとモバイルの両方で使いやすくする必要があります。以前はフロアプランにアクセスするためにコンピューターを使用していましたが、現在は携帯電話に移行しています。選択するソフトウェアと互換性がある必要があります。

ブループリントメーカーは、ユーザーが、ブース、出展者、特定のカテゴリに属する全ての出展者を見つけ出し、全ての出展者の位置やプロフィールを閲覧し、ブースをブックマークすることさえ出来るように支援する、基本的なフロアプランの機能を提供する必要があります。

無料のフロアプランデザインソフトウェアは、ユーザーがブース販売プロセスを行うのを支援する必要があります。フロアプランには、利用可能なすべてのブースとその価格とサイズが表示される必要があります。理想的なフロアプランメーカーは、支払いを難なく処理できるように、購入ボタンがあるという特色があります。

最後に、フロアプランメーカーは、出展者がすべてのプロフィールを自分で管理できるようにする必要があります。追加、併合、およびブースの削除などの基本的な変更を行える必要があります。

Part 2: フロアプランソフトウェア ベスト7

2.1 RoomSketcher

クラウドベースのソフトウェア

このクラウドベースのソフトウェアは、主に不動産業者、建築家、インテリアデザイナーを対象としています。これは非常に使いやすいインターフェースを提供しており、オフィスプロジェクト、すばらしいフロアプラン、および不動産物件のデザインを作成するのに理想的です。ユーザーは、完成画像のアイデアを得るため、3Dやパノラマビューで自分の作品を視覚化することも出来ます。このブループリントメーカーを使用して作成したフロアプランは、クリックやドラッグするだけで簡単に編集出来ます。

長所:

・住宅デザインは、さまざまな質感と色でカスタマイズすることができます。
・ユーザーのスキルレベルに関係なく役立つ、インタラクティブな3Dウォークスルーを提供します。
・フロアプランクリエーターは、不動産プロジェクトや住宅デザインを360度ビューで表示できます。

短所:

・3枚の壁が同じ色相の場合、4枚目の壁について様々な色を選択するのは難しい。

サポートされるプラットフォーム Mac、Windows、Androidタブレット、iPad
価格 年間49.00ドルから
キャプテラのスコア 4/5
公式サイト https://www.roomsketcher.com/

2.2 Edraw Max

Edraw Max

Edrawのフロアプランクリエーターは、他の製品とどのように違うのでしょうか?住居プラン、オフィスレイアウト、座席プランだけでなく、ガーデンデザイン、電気、通信プラン、配管プランなどまで作成できることを考えると、他の多くのフロアプランクリエーターよりずっと汎用性が高いといえます。

長所:

・様々な要求を満たすことの出来るバラエティーに富んだフロアプランテンプレートを提供します。
・様々なスキルレベルのユーザーを満足させる非常に直感的なインターフェース。
・手頃な価格で魅力的な無料トライアル。

短所:

・見当たりません。

サポートされるプラットフォーム Windows、Mac、Linux、Webベース
価格 ライフタイムライセンス - わずか139.00ドル
キャプテラのスコア 4.6/5
公式サイトリンク https://www.edrawsoft.com/edraw-max/

Edraw Max -- All In One の作図ツール
  • 豊富なテンプレートと図形
  • 様々なファイル形式に対応
  • フローチャート、マインドマップ、組織図などを作成
  • Officeライクの操作感覚 初心者もすぐ使える

2.3 AutoCAD

AutoCAD

業界別のソリューションで作業を効率化できる、この強力なフロアプランメーカーで建築物のリノベーションを行うことができます。2Dおよび3D形式で正確な図面を作成するのに役立つ専門のツールセットをユーザーに提供します。このルール主導のワークフローを使用することにより、業界標準を適用することが簡単になります。

長所:

・ルームブック機能は、有用なルームのドキュメント化の作成に役立ちます。
・ユーザーは窓、壁、およびドアを定義することが非常に容易になります。
・効果的な詳細とキーノートとなる構成要素をユーザーに提供します。

短所:

・インターフェースは初心者にとって非常に分かりにくいようです。
・価格が高すぎます。

サポートされるプラットフォーム Windows、Mac
価格 1ユーザーあたり年間1610.00ドルから
キャプテラのスコア 4.6/5
公式サイト https://www.autodesk.com/products/autocad/overview

2.4 Floorplanner

部屋改造

インテリアデザイナーや不動産業者は、この革新的なフロアプランのアプリケーションに間違いなく喜ぶでしょう。改造後の部屋がどのように見えるかという最終画像を推測するのに役立つフロアプランを作成できます。Floorplannerは、すべてのWebブラウザで円滑に作業するための最良のフロアプランソフトウェアです。

長所:

・デザインを即座にインポートとエクスポートすることが可能です。
・インタラクティブビューアは、簡単に結果を表すことができます。
・直感的なエディタを搭載し、迅速かつ簡単にフロアプランを作成するための支援に最大限に生かされます。

短所:

・測定ツールは満足のいくものではありません。

サポートされるプラットフォーム Webベースのみ
価格 年間14.95ドルから
キャプテラのスコア 3.8/5
公式サイト https://floorplanner.com/

2.5 Smartdraw

建築デザイン

このオールインワン描画ツールは、建築家、不動産業者、エンジニア、さらにはプロジェクトマネージャーのための多目的組織図メーカー、フロアプランクリエーター、およびフローチャートメーカーとして役立ちます。4500の図表テンプレートと34000以上の建築デザイン記号を提供し、複雑なビジュアルを即座に作成するのに役立ちます。

長所:

・OneDrive、Dropbox、Googleドライブ、Boxと円滑にインテグレートします。
・使いやすいオンラインエディタを搭載し、どこからでも簡単にアクセス可能です。
・知能の高いフォーマットがデザインの効率化をサポートします。

短所:

・オンライン版の速度は、時々大きく変動します。

サポートされるプラットフォーム Windows、Cloud、SaaS、Web
価格 1ユーザーあたり月額5.95ドルから
キャプテラのスコア 4.1/5
公式サイトリンク https://www.smartdraw.com/

2.6 Space Designer 3D

可視化

5000以上のデザイン要素を使って最適なカスタマイズが出来る、このユーザーフレンドリーなツールを使うことで、フロアプランの描画はとても容易になります。2Dと3Dの両方のモードでリアルタイムで最終結果を可視化することができるので、住宅および商業の両方の分野でこの汎用性の高いアプリケーションを実行することが出来ます。

長所:

・美しくモダンなインターフェースは、初心者に適したソフトウェアになります。
・リモートでプロジェクトにアクセスし編集することが出来ます。
・ドラッグ&ドロップで、オブジェクトの配置が簡単に出来ます。

短所:

・キッチン家具に関しては、オプションが多くありません。

サポートされるプラットフォーム Webベースのみ
価格 不明
キャプテラのスコア 4.5/5
公式サイト ttps://www.spacedesigner3d.com/

2.7 Sweet Home 3D

フロアプランデザインソフトウェア

この無料のフロアプランデザインソフトウェアは、そのユーザーフレンドリーなインターフェースで、すでに世界中のインテリアデザイナーや建築家のお気に入りになっています。あなたのプランを視覚的に表現し、壁の色、質感、厚さ等々に関してもいじることさえ出来ます。より専門的な結果を得るために、家具の向きや位置を変更することも出来ます。27の言語で提供され、より汎用性が高くなっています。

長所:

・画面分割機能が非常に使いやすく、マルチタスクにも便利です。
・さまざまなスキルレベルのユーザーにとって満足できるものです。
・オープンソースソフトウェアは、ユーザーがソースコードにアクセスし、必要な特定のセットに適合するように編集することが出来ます。

短所:

・ツールオプションは完全に網羅されているわけではありません。

サポートされるプラットフォーム Windows、Mac、Webベース
価格 ベンダーから提供されていません。
キャプテラのスコア 4.8/5
公式サイト http://www.sweethome3d.com/

Part 3: 最高のフロアプランメーカーの選択

以上のようにリストアップしたフロアプランソフトウェアは、どれも独自のセールスポイントがあります。しかし最終的な決断は、個別の要件や、そのツールがどのようにその要件を満たすかによって左右される必要があります。それゆえ、あなたに合った最高のフロアプランクリエーターを選択する手助けとして、いくつかのアイテムを下記にあげます。

使いやすさベスト

Edraw Maxは、使いやすさ重視で探しているユーザーにとって最高の選択となります。その直感的ですっきりとしたインターフェースは、ユーザーが簡単にアクセスできるように全てのメニューを表示しています。260以上の図表は、体系的に情報を分析するのに役立ちます。

コスト面でベストなブループリントメーカー

1ヶ月あたり1ユーザー5.95ドルからとなっており、Smartdrawは明らかにコストの面で際立っています。コスト面で消耗せずに専門的な結果を出したいのであれば、これによって要求が満たされるでしょう。

初心者向けベスト‐

Edraw Maxは初心者の要求に応えることが出来るフロアプランメーカーとしても、ナンバーワンと言えます。ユーザーは図形をデータにリンクしたり、添付ファイルやハイパーリンクを挿入したりすることもできます。これらは全て数回のクリックで、最高グレードの結果をもたらす事に役立ちます。

3Dハウスプランメーカーのベスト‐

今、RoomSketcherを使用して、より上等なグレードの2D、3Dフロアプランを視覚化することが可能になり、それはオンラインで編集可能なインタラクティブなフロアプランをユーザーに提供しています。

オンラインフロアプランメーカーのベスト

非常に人気のあるフロアプランメーカーSpace Designer 3Dを使って、建物の屋根から地下まで視覚画像を作成できます。

Part 4: 最終考察

上記にリストアップしたフロアプランソフトウェアは、どれも独自のセールスポイントを持っています。
しかし、最終的な決断は、そのフロアプランクリエーターが、寸法、備品、および空間的相関関係において、その場所がどのように見えるかを、ユーザーに対して視覚的に提示しているかどうかによって左右される必要があります。 インテリアデザイナーも建築家も、その領域が彼らの意図した目的に対して十分に満足の行くものであるかどうかを把握するために、徐々にこれらのツールを使用しています。

Edraw Max -- All In One の作図ツール
  • 豊富なテンプレートと図形
  • 様々なファイル形式に対応
  • フローチャート、マインドマップ、組織図などを作成
  • Officeライクの操作感覚 初心者もすぐ使える
関連記事