マインドマップ 知識

中華料理について 人気ランキングTOP10

マインドマップで全てを見える化#08

世界三大料理としても知られている中華料理ですが、広大な国土をもつことから地域性が色濃くでます。上質で高級な中華料理とは別に、家庭料理としてもお手頃な値段で贅沢感を感じることのできる中華料理は日本でも重宝されています。今回は、そんな中華料理について人気TOP10をMindMasterで見える化を行ってみました。

フローチャートを無料で書くならEdrawMax(エドラマックス)

100%安全・安心 | マルウェアなし | 広告なし

Part 1: 地域分類

中国分類

画像をクリックして元のHD画像を表示

日本分類

☝☝画像をクリックして編集可能なマインドマップをダウンロード☝☝

中華料理は中国では詳細に8つに分類されており、日本では大きく4つに分類して知られています。親しみのある日本での分類についてみてみましょう。

① 北京料理

中華料理の中でも、甘辛くパリッとした北京ダックはそれを目当てに少し高級なお店に足を運ぶ方も多いのではないでしょうか。もちもちとしたパオピン中に少しの野菜と薬味とを一緒に巻き、甘いタレにつけていただきます。北京料理は比較的味が濃いという特徴があります。

② 上海料理

上海料理の身近な例としては、上海蟹を用いた料理、小籠包、八宝菜などがあります。ルーツとして、最初に油を多く使用する安徽料理→塩味の揚州料理→甘味があり醤油や黒酢が使われる蘇州料理という流れがあり、現在の上海料理に影響を与えています。そのため、甘みが強いという特徴があります。

③ 広東料理

「飲茶(ヤムチャ)」という聞きなれた単語は広東語です。清代以降にアメリカ合衆国、ハワイ、東南アジアに移住した中国人が広東省の出身者が多かったから広く知られています。フカヒレ燕の巣といった高級な食材も多く使われることがあり、素材の味を生かした薄味の料理が多くなっています。

④ 四川料理

四川料理はしびれるような辛さを特徴とした中華料理として有名です。高温多湿の土地柄、山椒や香辛料を使う料理が多いのが特徴です。具体的には、麻婆豆腐、担々麺、回鍋肉、棒棒鶏、青椒肉絲など日本の家庭料理に人気のものが多いです。

100%安全・安心 | マルウェアなし | 広告なし

Part 2: 調理方法

調理方法を調べてみると、煮る、焼く、揚げる動作をさらに詳細に分類されていることがわかります。あんかけなどの動作にも手短にするのか否かで違う動詞になっています。日本の調理方法と比較しても細かく動作を分類していることで、情報を受け取る側としては親切ではあります。しかし、中華料理の良いところとして専門的な知識がなくとも、基本的な動作だけでもおいしくいただけます。

調理方法

画像をクリックして元のHD画像を表示

Part 3: 簡単レシピの人気ランキングTOP10

家でも簡単に作ることができるレシピTOP10についてMindMasterを使ってRakutenレシピ(https://recipe.rakuten.co.jp/)から人気のレシピTOP10の材料を見える化してみました。料理をする時、手順は経験から思い出すことができますが、調味料の分量についてはなかなか覚えることは難しいです。このようにMingMasterのマインドマップ機能を使って見える化しておけば、好きなレシピを冷蔵庫などに貼っておくだけで忘れがちな分量を思い出すことができます。中華料理は手軽に満足感を得ることができるので、メイン料理に中華を使うことは頻繁です。海老マヨ、海老チリ、麻婆豆腐、シュウマイまで簡単においしく自宅で作れます。

TOP10

画像をクリックして元のHD画像を表示

TOP1 豚肉と小松菜のオイスター炒め

TOP1は他の順位の料理と比較すると、材料も少なく簡単に揃えられます。オイスターソースさえ常備して置けばどんな葉野菜にも応用できそうです。

TOP2 ぷりぷり海老マヨ

海老マヨも常備している調味料で簡単に作ることができます。お惣菜でも人気の海老マヨをたくさん食べたい時に重宝したいレシピです。

TOP3 簡単ホイコーロー

お野菜をたくさん摂りたい時にメイン料理としても喜ばれるホイコーローです。ご飯も進むので年齢を選ばず人気です。

TOP4 豚こま肉で作る簡単酢豚

酢豚ときくとフライパンなど調理器具を多く使うイメージがありますが、このレシピではフライパン一つで完成できます。また、丸めた豚こま肉が使われているため火の通りが早いのも効率的です。調味料も常備しているもので完成できます。

TOP5 本格!麻婆豆腐

豆板醤とオイスターソースを常備している家庭ならすぐに簡単に本格的な麻婆豆腐を作ることができます。MingMasterで調味料の見える化をしておくと分量の失敗を恐れず、ひき肉とお豆腐など身近な材料をそろえるだけで本格中華が味わえます。

100%安全・安心 | マルウェアなし | 広告なし

TOP6 我が家のチンジャオロース

ピーマンと細切り肉に加え筍の水煮を必要とすることから、少し割高になってしまうチンジャオロースですが、筍の水煮の代わりにじゃがいもを使い美味しくできるチンジャオロースです。これなら、ローテーションに組みやすくお財布のも優しいです。

TOP7 超かんたん♪中華の定番「酢豚」

こちらは塊肉で作る本格的な酢豚です。本格的といえども、必要な調味料は常備しているもので作ることができますので、より本格的な酢豚を観覧に作りたい人にはオススメです。

TOP8 ご飯がすすむ♪麻婆白菜

豆板醤の代用として唐辛子を使うことで、中華風味を出すデシピです。こちらも、冬にあまりがちな白菜をつかっているのでレパートリーに入れやすいです。

TOP9 大好評❤我が家のエビチリ

こちらは海老の下処理と調味料を混ぜておけば簡単に作れます。中華のタレは自宅で常備しているものを使わずレトルトを買いがちになってしまいますが、MingMasterで調味料の見える化をしておくことで家計にも優しくなります。

TOP10 プロ直伝‼︎おうちでできる☆基本のシュウマイ

こちらは料理好きの方がお店の味に近づくことを目標に作成されたレシピになります。シュウマイはなかなかお肉が固くなってしまったりお肉のジューシーさを保つのが難しいです。こちらのレシピは美味しくなるコツも書かれています。

まとめ

今回は見える化第8弾として中華料理について整理してみました。世界の三大料理としてしられている中華料理なので、少し敷居が高いと感じがちですが、MindMasterで調味料の量を見える化し、豆板醤とオイスターソースさえ常備しておけば、本格的な中華を手軽に食卓に採り入れることができるのは大きな発見でした。わたしも週に2.3回は中華のレトルトを買っているので、家計の見直しのためにもMindMasterを使用しながら改善してみます。



MindMaster -- あなたのアイデアと知識を構築
  • 12種類のレイアウト & 33種類のテーマ
  • 700+のクリップアート
  • プレゼン & ブレーンストーミングモード
  • グループのコラボレーション

関連記事