edraw-mindmaster-horizontal
作図ツール
活用教室
製品ツアー
製品最新情報
無料体験
購入

楽と思考整理しよう!マインドマップ思考法について

> マインドマップ 知識 > 楽と思考整理しよう!マインドマップ思考法について
edraw編集者
編集者: Edraw | 2020/06/12
頭が混乱して考えがきちんと抽出できない、という思考整理上の「失敗」に陥ることがあるのでしょうか。こういう時は、マインドマップ思考法がおススメです。この記事では、マインドマップ思考法のメリット、やり方、さらに思考整理ためのマインドマッピングツールをご紹介します。

マインドマップによる思考整理

マインドマップとは、トニー・ブザン(Tony Buzan)が提唱した思考・発想法の一つで、「頭の中で起こっていることを目に見えるようにした思考ツールのこと。」でウィキペディアで定義されています。思考法や発想法として提唱されたのだから、マインドマップが頭の考えをきちんと整理するのに格段に効果があることははっきりとして疑いの余地はありません。

思考整理

マインドマップとは、中心に文字や画像があり、それから複数の枝分かれが放射状に発散して、各枝分かれにそれぞれのキーワードや画像がある、というようなものです。考えるとき、頭でアイデアがばらばらして、最後の明確的な結論につながらないことに対して、マインドマップで、アイデアを一つ一つ洗い出して、ブランチで見やすく表現でき、さらにより深い発想が出すこともあります。マインドマップで思考整理を進むメリットや良い点を具体的に言えば、以下のようなことがあります。

  1. アイデアをツリー構造できれいに整理できる。
  2. 自分の考えを見やすく伝えられる。
  3. より深い発想を促す。
  4. 全体俯瞰でき、抜き漏れが見つけやすい。

マインドマップで思考整理のやり方

では、どうやってマインドマップで思考整理をするのでしょうか。以下は、マインドマップで思考整理のやり方及びその注意点についてお伝えします。

1. ページの真ん中にテーマを決める

まずは、思考整理のテーマを決めて、マインドマップページの真ん中に書き出します。(この記事では、「仕事効率をアップするにはどうすればの良いでしょうか」についての考えを整理することを例とします。)

思考整理のテーマを決める

2. 中心テーマからアイデアを広げる

仕事の効率をアップすることを考えてみると、私の頭に、仕事の計画立て、仕事のやり方、自分の状態などの影響要素が浮かんでいきます。これらの影響要素をグループして、中心テーマからマインドマップのブランチで書き出します。さらに、それぞれのアイデアや発想を広げます。

このステップで、いくつか気をつけるべきのポイントがあります。「仕事効率アップ」のアイデアをマインドマップの枝分かれで整理するときに、時計回りに書くのはおススメです。さらに、マインドマップの基本ルールとして、アイデアを単語で書くのは良いです。簡潔なキーワードを使うことで、整理してきた「考え」も見た目がきれいで、わかりやすくなります。

マインドマップ思考法

3. より深く発想をする

上記で述べたとおり、マインドマップ思考法のメリットの1つとは「全体俯瞰でき、抜き漏れが見つけやすい」です。そのため、マインドマップで思考整理をするときに、アイデアを抽出して、きれいに整理した後、全体を俯瞰して、アイデアに抜き漏れがあるかどうか、チェックしやすいです。マインドマップの放射状の構造は、より深い発想を進行することにも役立ちます。

思考整理ためのマインドマッピングツール

上記のマインドマップ思考法のやり方で使われるのは、マインドマップフリーソフトウェアMindMasterです。MindMasterはマインドマップを簡単に作成、印刷、エクスポートするための使いやすいツールです。マインドマップを数回のクリックで生成でき、豊富なイラストやクリップアートを無料で利用でき、おしゃれなテーマ及びユニークな手描きスタイルを応用して、MindMasterを使って、マインドマップによる思考整理を格段に楽と進行できます。

思考整理ためのマインドマップツール

ビデオ - 3分間でマインドマップフリーソフトMindMasterをご了解に

MindMasterソフトウェアをダウンロードして、マインドマップで思考整理をやってみましょう

まとめ

この記事では、マインドマップ思考法についてご紹介します。マインドマップで思考整理をすることは、考えをきれいに整理できたり、深い発想を促したり、多くのメリットがあります。マインドマッピングツールを介して、思考の整理が苦手な人にも楽しい思考整理を体験できます。さあ、仕事や生活中に、マインドマップ思考法を使ってみましょうか。