edraw-mindmaster-horizontal
作図ツール
活用教室
無料体験
購入

従来より便利且つ効率高い!MindMasterでブレーンストーミングをやろう

> マインドマップ How-Tos > 従来より便利且つ効率高い!MindMasterでブレーンストーミングをやろう
edraw編集者
編集者: Edraw | 2020/02/24
一般的には、ブレーンストーミングとは数人で、紙とホワイトボートを介してアイデアを生みします。このような伝統型のブレーンストーミングのやり方により、今回は、ブレーンストーミングをやるための便利なツール、さらにより効率的なやり方をご紹介させていただきます。

ブレーンストーミングツール-MindMaster

MindMaster は優れたマインドマップフリーソフトウェアとして、便利且つスマートな機能が多くあります。ブレーンストーミングモードはその一つです。思いに浸かるきれいなフルースクリーンで、中心トピックをめぐって発想することができるようになります。左側におけるアイデア掲示板でアイデアを自由に書き出し、色付きで分別整理し、さらにアイデアを右側のキャンバスにドラッグして、マインドマップでまとめます。MindMasterでは、ブレーンストーミングを進行する上に、マインドマップでそれらのアイデアをきれいに整理することも楽々と完了することができます。

ブレーンストーミングツール MindMaster

MindMasterをダウンロードして、ブレーンストーミングをやってみよう


ブレーンストーミングツールの機能一覧表

MindMasterはブレーンストーミングをやるため、具体的にはどんな機能とツールをご用意していますか。以下、MindMasterのブレーンストーミングモードの便利な4つの機能をまとめてご紹介いたします。

ブレーンストーミング機能
画像
使い方
アイデア掲示板
ブレーンストーミングアイデアホワイトボート
  • 伝統的なやり方におけるホワイトボートのように、アイデアを記録するためのアイデア掲示板があります。
  • アイデア掲示板を表示したり隠したりカスタムできます。
  • 掲示板の幅も、アイデアテキストのフォントサイズとも変更可能で、何の多くのアイデアも記録できます。
アイデアの色付け
ブレーンストーミング アイデア色付け
  • アイデアを色付けで記録できます。
  • デフォルトの色のほかに、色をカスタムすることも可能です。
  • 同じ色のアイデアを一緒に削除できます。
目印作り
ブレーンストーミング マーカー
  • アイデアを整理するときに、様々な目印でマークできます。
  • レザーペン、カラー鉛筆、楕円、矢印なども利用できます。
  • 消しゴムで目印をクリアできます。
タイマー
ブレーンストーミング タイマー
  • ブレーンストーミングの時間をコントロールできます。
  • タイマーを表示したり隠したりカスタムできます。
マインドマップ機能
ブレーンストーミング マインドマップ機能
  • アイデアを集約してまとめるときに、マインドマップのように整理できます。
  • アイデアをトピック図形に応じて分別できます。
  • 似たアイデアを囲みで、アイデアの関連性を関連線で表示できます。
  • マーク、タグなどでアイデアを強調表示できます。

ブレーンストーミング上にMindMasterのメリット

1. 参加者を集中させる

MindMasterのブレーンストーミングモードは課題を中心にするフルースクリーンで、プロジェクターを介して、参加者の視線内に何の他のものもなく、参加者の注意をその中心トピックしっかりに集中させることができます。

2. よりクリエイティブな思考を促す

発言者、アイデアの異なりなどに応じて、アイデアを色付けや特別なトピック図形で分別します。鮮やかな色と特別な図形とも人間の脳の思考に刺激を与えることはあると考えられています。また、様々な目印、囲み、関連線、マークなどでアイデアの関連性や重要性などを表示するのも深い思考、アイデアの連想、結合につながる傾向もあります。

3. 伝統より環境にやさしく、効率もアップ

従来のブレーンストーミングには、付箋紙、マークなどは必要とされます。ところが、MindMasterでブレーンストーミングをやると、必要なのはMindMasterというソフトウェア一つです。エコの面から言えば、MindMasterでのブレーンストーミングはより適切な選択肢だと言えます。また、付箋紙を収集したり、ペンでアイデアを書き出したりすることの代わりに、色付けでアイデアを入力するだけは、かなり効率的なのではないでしょうか。

4. 一つツールでアイデアの生み出しとまとめを共にやれる

ブレーンストーミングでアイデアを生み出す上に、より深いアイデアの実行可能性、良さ悪さなどに関しての検討やまとめも一緒にMindMasterでやるのは可能です。上記の機能一覧表の通り、MindMasterでブレーンストーミングを完了した後、それらのアイデアをマインドマップ(特性要因図もある)のように整理できます。ブレーンストーミングとアイデアまとめとの機能を兼ねて、MindMasterはブレーンストーミングの会議、問題解決上の役割を果たすには優れたツールです。

ブレーンストーミングの進め方

では、MindMasterでブレーンストーミングをするにはどうすればのでしょうか。伝統型のブレーンストーミングと同じ、電子型のブレーンストーミングにも、司会(ここではソフトウェアの操作者)、参加者という人物が出席します。以下、5ステップでMindMasterでブレーンストーミングのやり方を詳しくご解説させていただきます。

1. 事前準備をする

MindMasterでブレーンストーミングをやる場合に、事前で用意しておくものはMindMasterソフトウェアだけとなります。司会は、MindMasterを立ち上げ、空白なキャンバスを開き、「高級ツール」で「ブレーンストーミング」モードを開きます。

ブレーンストーミングツールを開く

2. 中心課題を書き出す

ブレーンストーミングは、中心トピックと中心とするフルースクリーンモードです。左側には、アイデアの掲示板が自動に開いています。ブレーンストーミングを始める前に、まずは、ブレーンストーミングの課題を中心トピックに書き出してください。

ブレーンストーミング中心課題

3. 課題について発言する

次は、左下隅におけるツールバーにより、タイマーを表示にします。では、ブレーンストーミングを始め、自由発言時間に入ります。参加者が制限時間内に、中心課題をめぐってアイデアや意見など言いたいことを自由に発言します。司会は、発言を参加者に応じて色付けで左側のアイデア掲示板に記録します。アイデアカードの色はカスタマイズ可能で、フォントサイズも必要に応じて調節できます。

ブレーンストーミングアイデアを記録する

4. アイデアを整理する

自由な発言が終わったら、得られたアイデアを整理し始めます。アイデアを掲示板からキャンバスにドラッグします。似たアイデアは同じトピック図形に設定したり、集約して矩形の目印でメークしたりして表示します。関連のあるアイデアは、関連線を引いたり、矢印でマークしたりして表示します。集約整理されたアイデアを見ると、アイデアの連想、結合を働かせ、より多くのアイデアを生み出すのも可能です。ブレーンストーミングはここまでで終わりとします。アイデアの量は事前計画より足りない場合に、第3ステップを繰り返してもう一回ブレーンストーミングをやるのも問題ないです。

ブレーンストーミングアイデアを整理する

5. アイデアをマインドマップにまとめる

前述の通り、ブレーンストーミングの進行は第4ステップまで終了しますが、ブレーンストーミング後で、得られたアイデアの検討とまとめも欠けないことです。MindMasterにおけるマインドマッピング機能はアイデアのまとめにぴったりします。まずは、ブレーンストーミングで提出されたすべてのアイデアを、もともとの課題を中心として、それらの良さ悪さ、適切性や実行可能性を検討します。内容がダブっているのは一つにまとめたり、実行不可能なのは削除したり、因果関係など関連のあるのはその関係を矢印ではっきりと示したりして、アイデアをマインドマップのように整理し、きれい且つ明瞭にまとめてきます。

ブレーンストーミングアイデアをマインドマップにまとめる

まとめ

この記事では、ブレーンストーミングを進めるときによりエコ且つ効率的なツール-MindMasterのをご紹介いたしました。そのブレーンストーミングモードの便利な機能、メリット、さらにやり方も詳しくご解説しました。いかがでしょうか。次回ブレーンストーミングをやる必要があるとき、MindMasterでやってみましょうか。

関連記事