標準フローチャート記号と使い方

基本フローチャート記号に関する知識、よく発達したウェブサイトの情報流れの構造を表現するために使用されたフローチャート記号の使い方を視覚的に説明します。

5個の基本フローチャート記号

フローチャートは業務フローを視覚的に表すための理想的な方法です。例えば、 組織内のさまざまな部署でカスタムオーダーの処理の流れを示す必要がある場合、フローチャートを使用するのは最適です。このページは基本フローチャート記号に関する知識、よく発達したウェブサイトの情報流れの構造を表現するために使用されたフローチャート記号の使い方、および個々記号の相関関係を視覚的に説明します。主に使う典型的な記号は次のようなものです: 開始(終了)、処理、判断、書類、およびサブプロセクス(定義済み処理)

5個の基本フローチャート記号

フローチャートには、データ流れを表示するために、流れ線としてのコネクタなどの記号がよく使われます。コネクタには複数の矢印がある場合がありますが、一つしか出口に指せないという制限があります。一部のフロー・チャートには、一つの矢印のみが他の矢印に指す場合もあります。これらの使い方は反復プロセス(コンピューター用語ではループと呼ばれている)を表現するのに役立ちます。ループモードには、最初の入口、処理手順、出口と最初に戻す矢印が付いている条件記号を接続して、制御するコネクタがあります。オフページ コネクタは、多くの場合、別のシートやスクリーン上に保持されたプロセス(一部)への接続を表すすのに使用されています。

ページが別の組織単位の役割を説明するために、個々の「レーン」に分割されたフローチャートは、「部門連係フローチャート」と呼ばれます。特定の「レーン」内に表示されるユニットは、その組織単位の制御範囲の一部です。この機能で、共同作業、正しく意思決定における各部門または各チームの責任、及び担当する役割をはっきりさせます。この方法で、業務に関する各部署の協力関係を表示します。

部門連係フローチャート

標準フローチャート記号

フローチャートはプロセクスの動作と流れを表示するために、専門的なフローチャート記号を用いる必要があります。流れ線と矢印はデータや制御の流れを示します。

標準フローチャート記号

ここでは、これらの基本的なフローチャート記号を使用する方法を参照してください。

フローチャート記号と使い方

名前
フローチャート記号
説明
処理
フローチャート記号 処理
任意の種類の処理機能を表す。
定義済み処理
定義済み処理
該当の作業(工程)に対して詳細な手順・処理の流れを別の業務/プログラムフローで書き表している場合、それを明示するために使用します。
判断
判断図形
1つの入口といくつかの択一的な出口を持ち、定義された条件の評価に従って出口を選ぶ判断機能を示す。常に、yes またはnoという二つの出口があります。
開始
開始図形
プロセクスのスタートを表す
端子
端子図形
プログラム・作業の流れの終了を表示する
データ
記録されたデータ
情報が外部環境からプロセクスに入ってくること、または出てくることを表す。.
延期
延期図形
動作が完了しない待機期間を示す。業務処理では、いったん延期すると、製品のコストが増加するだけでなく、製品の生産が遅れになる可能性もある。
データベース
データベース図形
処理の情報がデータとして保存されることを表す。
ステップ
プロセス内の単一のステップを表し、通常は特定のアクションの名前が含まれている

ページ記号 は単一または複数の個々Webページを指す。

文書
そのページ外の独立なナビゲーション特性のあるデータ要素を表し、例えば、音声ファイル、ムービー クリップ、またはポータブル ドキュメント ファイル(PDF)など。
分岐点
条件により「yesまたはno」、「正確または間違った」が選択られ、作業の流れが2系列以上に分岐する。
流れ線と矢印
プロセス内の意思決定の結果や行動のポイントの対象により、論理的な進行を行う。処理の順序を表す。
手操作入力
手操作入力
手で操作して入力するあらゆる種類の媒体上のデータを表す。オンライン鍵盤、スイッチ、ライトペン、バーコードなど。
条件付きの判断
条件分岐に似ているもの。ただし、ユーザーがこのオプションで多量のパスから、要求された条件を満たすものを選択できる。
注釈
益なコメントや説明などを提供する。未開発の新しいページ/プロセスがナビゲーションフロー構造に収まる場所を示す。またはチームメンバーに改善策を与える。
フロー参照と流れ面積
繰り返す使用可能な記号配列。例えば、特定のユーザーIDとパスワードでログインすること、またはオンライン クイズの最初部分。フロー参照記号は、繰り返されるすべての状況でのチャートの流れ面積シーケンスのプレースホルダです。これらの記号は、流れの同様の構成要素/繰り返しを記録して共有する。ただし、この二つの記号を用いる必要がある:入口と出口
出口
サブルーチンを終了する。例えば、適切なユーザIDとパスワードが確認される場合、またはドキュメントが再入力された場合。
入口
プロセスはサブルーチンにずれるマスターフローチャート内の場所を説明する。
参照
フローチャートには、複数のページを使用られ、またはメイン フローチャート ページに含有られない複雑なサブルーチンを参照する場合に、参照は接続ポイントとして使用されます。
ページ上参照
ページ上参照
次または前のステップは、フローチャート上の他の場所であることを示す。これは、大規模なフローチャートに特に有用です。
外部ページ参照
フローチャートの2つのページの間、またはあるサブプロセスの図形とそのサブプロセスのステップを示している独立したフローチャートのページ間でのハイパーリンクを追加することに使用します。
フローチャート バタン
フローチャート図形
作成者はをのフロートバタンで、以下の図形の設定を行うことができます。データ、書類、判断、及び処理。図形の中に入力したテキスト、または追加したテキストは削除されになりません。
書類
書類図形
読める文書を表す。

具体的に、どのようにこれらのフローチャート記号を使って、どのようなフローチャートを作成するのか、Edraw で作られたフローチャートテンプレート活用実例で見ましょう。

ワーク フロー図形

ワーク フローは、作業が一定の順序で異なる部門によって行われる場合、それらの部門の関係を表します。つまり、1つの部門は仕事を別の部署に移行する前にその仕事を終える必要があることを意味します。管理者にとって、これらの作業の流れ関係の順調と発展は、非常に重要です。すべての作業が前のプロセクスに基づいて行うことからです。一部のプロセクスに問題が起きたら、経営者と労働者全体の努力が無駄になります。

ワークフロー図形

監察フローチャート図形

次の形状は、基本的なフローチャート記号に似ていますが、特に監査フローチャートで使用されています。

監察フローチャート図形

すべてのフローチャート記号があるフローチャート作成ソフト

基本フローチャート
BPMN
部門連係フローチャート-横
部門連係フローチャート-縦
データフロー図
イベントフローチャート
IDEF0
3D フローチャート
ワークフロー図
SDL図
イベントフローチャート
3D フローチャート
SDL図

用意された6000 個以上の記号で、フローチャートの作成はいかにも簡単になるでしょう。今すぐお試みください。

Windows バージョンをダウンロード Mac バージョン Linux バージョン

もっと見る

フローチャート作成ソフト

フローチャートの作成方法

フローチャートの良い点

ワークフロー図記号

データフロー図記号

ネットワーク図記号

UML図記号

ER 図記号

始めましょう!きっとあなたの愛用ソフトになる!

Edraw Max は多用途の作図ソフトです。フローチャート、組織図、マインドマップだけでなく、ネットワーク図、フロアプラン、ワークフロー図、服装設計、UML 図、電子工学図、科学イラスト、及びチャートとグラフなどのよく使われる図表を作成できます。

Top