よくある質問

お客さまから寄せられたご質問を掲載しております。

試用版は有料版と比べて、4つの小さな制限の機能があります。
① エクスポートや印刷された図は透かしがあります
② 各ダイアグラムタイプで使用できるのは最初の2つのテンプレートのみです。
③ ファイルごとにページを追加できる数量は3つに制限されています。
④ ドラッグして使用できる図形の数量は60の制限があります。                     

Edraw Maxは、フローチャート、ネットワーク構成図、マインドマップ、間取り図、ガントチャート、電気回路図、P&ID、UML図、ファッションデザイン、カードなど280種類を超えるダイアグラムを作成できる多機能ツールです。インフォグラフィックスを描画することもできますが、イラストとテンプレートはEdraw Infographicより少ないです。
Edraw Infographicは、インフォグラフィックス、ポスター、チラシ、パンフレット、バナー、カードなどのやグラフィックデザインに最適なソフトです。より多くの組み込み要素とテンプレートが含まれており、新しいものも継続的に更新しています。Edraw InfographicのUIは、インフォグラフィックデザインにより直観的になります。また、迅速な色、テーマ、テクスチャの塗りつぶしなどは、特にインフォグラフィックスデザイン用に設計されています。

Edraw Maxはパワフル&オールインワンの作図ツールで、280+種類の作図に使用できます。フローチャート、マインドマップ、UMLモデリング、間取り、ネットワーク構成図、オフィスレイアウトなど、どの作図を行う場合にもEdraw Maxで対応できます。
Edraw MindMasterは、マルチプラットフォームで動作できるフリーマインドマッピングツールです。豊富なテンプレート、おしゃれなテーマスタイル、簡単な操作で、素敵なマインドマッピング作りを楽しむことができます。MindMasterがあなたの複雑な考えを簡略化する手助けを行います。
① ソフトウェアをダウンロード&インストールします。(すでにインストールしている場合、この作業は不要です。)
② ソフトウェアを開き、「へプル」>「有効化」をクリックします。
③ 「ライセンス名」のところに任意のユーザー名を入力します。
④ 「ライセンスコード」のところにメールでのライセンスコードを入力すると、製品版として利用可能です。
1つの個人向けライセンスは2台のパソコンでしかで利用いただけません。
また、ビジネス向け、学生・教職員向けのマルチユーザーライセンスも提供しています。詳しくは下記のURLからご覧ください。
https://www.edrawsoft.com/jp/pricing-edrawmax.html
二台のパソコンで製品を有効化した場合は、「無効化」機能を利用するのは必要になります。「ヘルプ」の「無効化」ボタンをクリックして、旧PCのEdraw Maxを無効にしてから、新たなパソコンにEdraw Maxを再インストールし、購入時に弊社より送付致しましたライセンスコードで有効化すると、製品版としてご利用いただけます。
古いPCが起動障害、操作不能などの故障で「無効化」実行できないの場合は、弊社のサポートセンターまでご連絡ください。
試用版から製品版に切り替えが失敗する原因は以下の3点をご確認ください。
① ドライブCに書き込む権利がありません。EdrawをドライブCからアンインストールし、ドライブDにインストールして、管理者として実行」によりプログラムを開き、有効にしてください。
② ローカルネットワークファイアウォールの制限にかかわる可能性もあります。この場合は、「手動有効化」がおすすめです。手動有効化を使用すると、ローカルネットワーク保護の影響を受けることなくサーバーから直接有効化することができます。手動有効化のガイド(英語)は以下のリンクでご覧ください。
https://www.edrawsoft.com/edrawregisteroninternet.php
③ Linuxで起動し、有効化する場合は、root特権が必要です。
上記3つの原因を確認された後もソフトがご購入の製品版に切り替えない場合は、こちらをクリックしてサポートセンターにお問い合わせしてください。
① パソコンを変換するとき。
② コンピューターシステムをリーインストールするとき。
下記のページにアクセスすると、ライセンスコードを取得することができます。
https://www.edrawsoft.com/jp/retrieve-license-code.html
メッセージはご購入のライセンスが有効期限切れになっていることを意味します。
以下のリンクからライセンスを引き続き購入してください。
また、ライセンスをライフタイムライセンスにアップグレードして、将来のアップグレードを無料で行うこともできます。
購入時に間違ったメールアドレスを入力された場合、またはメールアドレスを別のメールに変更されたい場合は、弊社のサポートセンターまでご連絡ください。
メンテナンス期間内のユーザーは、Edrawの最新バージョンのアップグレードサービスをご利用いただけます。方法は以下のとおりです。
① 「ヘルプ」メニューの「更新プログラムのチェック」を介して自動アップグレードする。
② ホームページで最新バージョンをダウンロードしてインストールをカバーする。
ご注意:V7.9以降のバージョンは、後者の方法でのみアップグレードできます。
メンテナンスのため、Edraw Max V10.0デスクトップバージョンでは、クラウドサービスが一時的に停止されています。Edraw Maxのバージョン10.0にアップグレードしたお客様は、今まで保存されたクラウドファイルは下記のURLからダウンロードできます。
https://www.edrawsoft.com/jp/download-cloud-files.html
クラウドサビースは新しいバージョンをリリースする時に回復する予定です。
このたびはご迷惑をおかけし、誠に申し訳ございません。