ソフトウェア開発、UML図

アジャイル手法とは

Edrawmaxを活用して効率的にアジャイル手法を展開しよう

企業で円滑なプロジェクト管理をおこなうのは大変な作業であり、今までのプロジェクト管理ではしっかりと管理できないのが現状です。したがって現在は多くの企業がより効率的で生産性の高い管理方法を求め続けています。

そこでおすすめの管理方法が”アジャイル手法”です。アジャイル手法とは柔軟な発想でプロジェクト実行時の手法や取り組み方などを示す方法論・意味のことを指します。本記事ではプロジェクト管理の有効的な手法であるアジャイル手法について詳しく解説をおこない、アジャイル開発に有効なツールであるEdrawmaxを活用して解説していきましょう。

100%安全・安心 | マルウェアなし | 広告なし


Part 1: アジャイル手法とは

アジャイル手法とは

多岐にわたる部署で少しずつ作業を進めることで全体的な連続作業を排除し、丁寧に作業を進めていくことをアジャイル手法といいます。一般的にアジャイル開発には約2週間程度の時間がかかりますので、プロジェクトには数点のチェックポイントが設けられているのが特徴的です。

そして各チェックポイントで全体の状況を把握することで、素晴らしいアジャイルスクラムを組むことも可能になります。代表的なアジャイル手法の例としてはToDoリストの作成、工程の短期集中化、業務の優先順位付けなどの事例が挙げられ、企業活動の中に自然に浸透しているものも多いです。

Part 2: アジャイル手法の価値観と原則

アジャイル手法の価値観と原則

アジャイル手法は多種多様なフレームワークで構成されており、アジャイル開発において共通した価値観や原則に基づいて作成されています。そして共通の価値観や原則に基づいて開発をしていかなければ効果的なアジャイル手法を活用することは困難です。

そして2001年2月にはアジャイルソフトウェアに関する価値観と原則にフォーカスした、”アジャイルマニフェスト”が発表されました。そこでここからはアジャイルマニフェストに記載されているアジャイル手法の価値観や原則について詳しく解説をしていきましょう。

2.1 アジャイル手法で重要な価値観とは?

上記に紹介したアジャイルマニフェストにはアジャイル開発における4種類の価値観が記載されています。1つ目の価値観として”チームワークの重視”が挙げられ単独作業や決まり通りに作業をおこなうよりも、チーム一丸となって共に働くことを重要視しているのです。

2点目には”顧客とのコラボレーションの重要性”を掲げ、契約に繋げるよりも顧客とコラボレーションして業務にあたることの重要性や意味を説いています。実際にアジャイルチームはソフトウェア開発の主導権を顧客に委ねて作業を進めているのです。このような観点から考慮しても顧客との契約内容について交渉していくよりも、コラボレーションを重視しているといえます。

他の事項よりも機能性を最重要視しているのが3点目として挙げられます。アジャイル開発において何よりも重要なのは”ソフトウェアが機能することです。優れたソフトウェア開発こそが何よりも優先される最優先項目として認識されています。

最後の価値観として挙げられるのが、”計画性よりも柔軟な対応を重視する”点です。アジャイル手法でプロジェクト管理をおこなえば、チーム全体が柔軟な動きをとることができます。したがってアジャイル手法を活用すれば急な計画変更などが発生してもプロジェクトの方向性が変化しないのもメリットです。

2.2 アジャイル手法で重要な原則とは?

上記で解説したアジャイル手法の価値観によって効果的なアジャイル開発が促進されました。そして上記の価値観を基にしてアジャイル手法の原則にも着手していったのです。

原則の1つ目は迅速で”継続的な納品で顧客満足度の向上に努める”ことです。顧客にとって有益な情報を迅速かつ継続的に提示していけば顧客の本当のニーズなども把握しやすくなり、顧客満足度の向上にも繋がっていきます。

またアジャイル手法では適応性も重要視されていますので、たとえプロジェクトが完了寸前であっても臨機応変にクライアントの要望に対応しましょう。アジャイル手法を活用しても柔軟に対応できなければ全く意味がありません。

顧客に新たな価値を提供し続けることもアジャイル手法では重要です。新たな価値を定期的に提供することで契約継続の可能性も高まっていくのです。そしてモチベーションの高いメンバーとアジャイルスクラムを組み、チーム一丸となって積極的に取り組むことでアジャイル手法は最大の効果を発揮していきます。

またアジャイルスクラムを組んで、多様にコラボレーションをおこなうことで”プロジェクトのサイロ化”の予防も可能です。各メンバーがそれぞれの業務から抜け出し、頻繁にコラボレーションをしていくことでアジャイル手法も効果を発揮していくのです。

そしてアジャイル手法では顔を合わせてコミュニケーションをとることが重要ですので、チャットワークやZOOMなどを活用して円滑に情報共有をしていきましょう。お互いの連携をとりながら持続可能なペースを維持し、持続性を持ちながら作業を進めていくことが重要です。

最終的にアジャイル手法では、日々のプロジェクト進行を振り返り調整していくことで効果も高まります。チーム単位で”振り返り”と”今後への調整”をおこなうことで作業効率も向上していくのです。

Part 3: アジャイル手法の種類(EdrawMaxのテンプレートで図面作成して説明)

アジャイル手法の種類

アジャイル手法にはプロジェクトの種類に応じた数種類のフレームワークがあり、それぞれ個性的な特徴を有しています。ここからは便利なフリーマッピングツールであるEdrawMaxのテンプレートを活用して、それぞれのアジャイル手法について解説していきましょう。

100%安全・安心 | マルウェアなし | 広告なし


3.1 カンバン手法

カンバン手法

以前は製造業などの現場で多く活用されていたアジャイル手法が”カンバン手法”です。カンバン手法には遂行すべき各項目が明確に記入されており、各項目遂行に必要な事項も分かりやすく表示されますので業務漏れなどを予防できます。また、必要事項のみ明確に記載できますので、同時にタスクを抱え過ぎないように調整も可能です。

3.2 スクラム手法

スクラム手法

少人数のチームで自己管理を徹底し、継続的なフィードバックを実施するのであれば”スクラム手法”がおすすめです。スクラム手法では最初にチーム内でプロジェクト達成のためのミーティングを行い、それぞれのタスクを細分化していきます。その後掲示板内にそれぞれの具体的なタスクを記載していくことで、業務における”ムラ”なども削減可能です。

3.3 エクストリーム・プログラミング(XP)手法

エクストリーム・プログラミング(XP)手法

顧客が必要としている機能の提供を目指したアジャイル手法が”エクストリーム・プログラミング”、通称XP手法です。XP手法は顧客満足度を一番に考えた手法であり、チーム内や顧客との円滑なコミュニケーションが取りやすい手法ともいえます。また、顧客がテストやフィードバックをおこないやすく、シンプルで分かりやすいソフトウェア設計です。

3.4 動的システム開発手法(DSDM)

動的システム開発手法(DSDM)

主にユーザー主導型で構成されているアジャイル手法が”動的システム開発手法”通称(DSDM)です。DSDMを活用すれば活動への積極的な参加が促進され、顧客への製品提供が活性化されます。ユーザーから顧客への迅速な対応が徹底されることで、全体的に円滑な活動が促進されていくのです。

まとめ

アジャイル手法

アジャイル手法は多岐にわたる業務で活用できる効果的な手法であり、活用していくことで大きな成果を得ることができます。しかし、実際に手法を展開していくためには具体的な図面などの作成が必須で、図面作成初心者の方にとっては大変な作業になってしまいます。

そこでおすすめのツールがEdrawMaxです。EdrawMaxはマルチプラットフォームで簡単に操作できるフリーマッピングツールで、上記で紹介したような豊富でオシャレなテンプレートを多数搭載しています。自社でアジャイル手法を展開していく際は便利なツールであるEdrawMaxをぜひご利用ください。


Edraw Max -- All In One の作図ツール
  • 豊富なテンプレートと図形
  • 様々なファイル形式に対応
  • フローチャート、マインドマップ、組織図などを作成
  • Officeライクの操作感覚 初心者もすぐ使える

関連記事