プロジェクト管理

プロジェクト管理用作業分解構造(WBS)作成ツール6選

厳選WBS作成ソフトウェア トップ6
无标题文档

ER図

プロジェクトを担当する時、特に、プロジェクトを一つの困難なタスクとして見た場合、それに圧倒されてしまうことでしょう。調整されたタスクの小さな断片の集まりとしてではなく、プロジェクト全体を一つの複雑なタスクとしてアプローチすると、結局それに打ちのめされるでしょう。

しかし、そうである必要はありません。プロジェクト全体としてアプローチするのではなく、もっと小さくて対処可能なタスクに分割することで、管理と実行が容易になります。このようにプロジェクトを小さく実行しやすいタスクに分割するプロセスを作業分解構造と呼びます。

作業分解構造(WBS)は、プロジェクトの成果物に焦点を当てています。WBSのやり方は、プロジェクトを予想される成果に従って分割することです。すなわち、WBS図は、プロジェクトの各段階において、達成されるべき物の順位を表すことでプロジェクト計画を分割するチャートとして表すことができます。

Part 1:2020年 WBSソフトウェアツール ベスト6

WBSを作ることは、そのプロジェクトの順調なスタートを切り、また、記録的な短時間で効果的に実行されることを確実にするための良い方法です。

プロジェクトのWBSを作るにはソフトウェアを使うことが出来ます。WBS作成のためにソフトウェアを使うことは、プロジェクトの範囲と成果物について、より簡単に概要を説明することが出来るため、特に価値があります。以下に、あなたのプロジェクトに使用するための最良のWBSソフトウェアを6つ挙げました。

1.1 Edraw Max

ER図

EdrawMaxは、広範囲の図面作成機能をユーザーに提供する強固な多目的図表作成ソフトウェアです。作業分解図を書くためにスマートで使いやすいWBSツールを提供します。豊富なテンプレートのギャラリーが付いており、図表作成ソフトウェアの初心者に特に役立つため、プロ仕様の図表やデータの視覚化にとって頼りになる図表作成ソフトウェアです。 EdrawMaxはフローチャートからフロアプラン、ワークフロー、ビジネ図表に至るまで、280以上の図表のタイプをサポートしているため、図表作成のどんなニーズにもお応えすることができます。

特徴

  • テンプレートや記号の豊富なギャラリーによって、プロ仕様の、シェアする価値のある図表がすぐにデザイン出来ます。
  • Visio、PDF、Word、PPT、JPEG、Htmlなどの簡単なファイルエクスポートのための多数のファイル形式をサポートしています。
  • インフォグラフィック、プレゼンテーション、チャート、コンセプトマップなどを含む280以上の図表の視覚化のタイプをサポートします。
  • 出先でもデザイン可能な、豊富な機能を備えたオンラインバージョンをサポートします。
  • Googleドライブと Dropboxにドキュメントを保存します。
  • Windows、Mac、Linux、Webで利用可能。

価格

  • 無料ではありませんが、15日間の試用期間をサポートしています。
  • 試用期間中にデザインされた図には透かしがあります。

1.2 Lucidchart

ER図

直観的に操作できて使いやすい、機能満載のオンライン図表作成、データ可視化ソフトウェアです。Lucidchartでは、すぐに使えるテンプレートと記号の膨大なライブラリを使って、鮮明でプロ仕様の図表やプレゼンテーションを数分で作ることが出来ます。リアルタイムなコラボレーションをサポートするので、プロジェクトメンバーと最新情報を共有するのに最適です。

500以上のテンプレートと記号を持つ膨大なギャラリーを備え、図表を素早くデザイン出来ます。 Excel、Zapier、Salesforceなどからインポートされたデータからの素早い自動視覚化をサポートします。 離れた場所にいるプロジェクトメンバーとの共同作業を可能にする、リアルタイムコラボレーションをサポートします。

特徴

  • G Suite、Atlassian、Slack、Salesforce、Microsoft Officeと円滑にインテグレートします。
  • AndroidとiOS用のモバイルアプリを搭載しています。
  • デスクトップアプリはなく、Webとモバイルでのオンライン使用のみをサポートしています。

1.3 SmartDraw

ER図

SmartDrawは、技術的な知識がある方にとっても無い方にとっても、とても役立つ強力な図表作成ツールです。フロアプラン、ネットワーク図、回路図、インフォグラフィック、フローチャートなど様々な種類の図表を作成できる、ユーザー指向の図面作成ソリューションソフトウェアです。SmartDrawは、素早く簡単なデザインのためのすらりと並んだテンプレートを搭載し、チームメンバー間のコラボレーションと容易な共有をサポートします。

価格

  • 70 種類以上の図表を作成できます。
  • G Suite、Microsoft Office、Trello、Confluence などと円滑にインテグレートします。
  • DropboxとBoxに図表を簡単にエクスポートできます。
  • 共同作業をサポートし、リアルタイムでどこからでもプロジェクトに取り組むことができます。
  • Mac、Windows、およびWebで利用可能です。

不足

  • AndroidとiOSではご利用いただけません。
  • Linuxではご利用いただけません。
  • フルアクセスは高価です。

1.4 Visual Paradigm

ER図

Visual Paradigmは、コラボレーション指向の図表作成およびモデリングソフトウェアであり、フローチャート、チャートベースのダイアグラム、UMLダイアグラム、SysMLダイアグラム、ERDダイアグラム、分析チャート、顧客旅行マップなど、多様なダイアグラムのタイプのデザインをサポートします。Visual Paradigmは、ソフトウェアをモデリングし、開発工程の流れを視覚的にレイアウトすることによってソフトウェア開発者を支援するので、ソフトウェアの設計と視覚化に特に役立ちます。

特徴

  • チームのコラボレーションをサポートします。
  • 幅広い種類の図表をサポートします。
  • ユーザーエクスペリエンスデザインとストーリーボードをサポートします。
  • 戦略、エンタープライズアーキテクチャ、プロジェクト管理、プロセスモデリングなど、さまざまな分野で役立ちます。

不足

  • あまり直感的ではありません。
  • 習熟が難しく、理解するまでにユーザーは多くの時間を要する場合があります。

1.5 Matchware

ER図

Matchwareは、優れたマインドマップ図表作成ソフトウェアであり、WBSやマインドマップ作成にも使えます。

特徴

  • Microsoft Officeと円滑にインテグレートします。
  • MS ExcelとMS Projectへのエクスポートをサポートします。
  • 異なるレイアウトデザインを装備。
  • Windows および Webでのみ利用可能です。

1.6 Creately

ER図

Createlyは、鮮明で、良く設計された図表作成ソフトウェアであり、あなたが持っているどのようなコンセプトやアイデアをも視覚化するのに最適です。Createlyで作成された図表は、視覚的に魅力的でプレゼンテーションに値します。

特徴

  • 1000以上のテンプレートのライブラリを装備。
  • コラボレーションをサポートし、チームに最適です。
  • 高速設計のためのドラッグ&ドロップをサポートしています。
  • 異なる形式でのエクスポートをサポートします。
  • フローチャート、組織図、ワイヤーフレーム、UIダイアグラムなどを作るのに便利です。
  • ユーザーは、モバイルアプリで図表を作成、編集することはできません。
  • 慣れるまでに時間がかかることがあります。

Part 2: 完璧なWBSソフトウェアツールを選択する

WBSを作成するための完璧なソフトウェアは、直感的で、複雑ではなく、ドラッグ&ドロップ機能を使用して使いやすい物ということになります。

以上、優れた機能を持った優秀なWBS作成ソフトウェアをいくつかリストアップしましたが、その中でもEdrawMaxは、直観的かつシンプルで、専門的にデザインされたWBSを探していて専門知識を持たない人を容易にナビゲートすることが出来るので、WBS作成の正しい選択として際立っています。

WBS図表の作成において、高速ターンアラウンドが必要な時、EdrawMaxのドラッグ&ドロップ機能は信頼できるツールです。EdrawMaxは、チャート上のフィールドの表示を制限なくサポートしており、ユーザーはPNG、BMP、JPG、PDF、Word、Excel、PPT、Visio、HTMLなどのさまざまな形式でチャートを保存およびエクスポートできます。

WBSは、プロジェクトの各段階において達成されるべき成果物とマイルストーンを考慮しているため、適切に配列され実行されるプロジェクトの基礎といえます。WBS作成は難しい作業のように見えますが、正しいソフトウェアとツールを使用すれば、全くの初心者であっても数分で作ることが可能です。

Edraw Max -- All In One の作図ツール
  • 豊富なテンプレートと図形
  • 様々なファイル形式に対応
  • フローチャート、マインドマップ、組織図などを作成
  • Officeライクの操作感覚 初心者もすぐ使える
関連記事