科学と教育

学習ノートの使用方法と使用例

効率的な学習を促進するEdrawMaxの”学習ノート”を徹底分析

企業で働いている以上、絶対に避けられない業務に”プレゼンテーション”や”会議”などが挙げられます。そしてプレゼンテーションや会議で絶対に必要になるのが”資料作成”です。しかし、Excelやパワーポイントなどで簡単に作れる資料であればいいのですが、複雑なデータや図面の掲示が必要であればどんなソフトを使用すればいいか分かりませんよね。

そこでおすすめのソフトがEdrawMaxです。EdrawMaxには豊富なテンプレートも多数搭載されていますので初心者の方でも使いやすいのが特徴です。そこで本記事ではEdrawMaxに搭載されている学習ノートを使用した効率的な学習方法を紹介していきます。

学習ノートを書くならEdrawMax(エドラマックス)

100%安全・安心 | マルウェアなし | 広告なし


Part 1: なぜ学習ノートが必要

学習ノートなぜ必要

出典:Adobe Stock

実際に自分で資料作成や製図について学ぼうと思っても、何から始めていいか分かりませんよね。そんな初心者の方でもEdrawMaxのテンプレート内に搭載されている学習ノートを使用すれば効率的な学習が可能です。

EdrawMaxの学習ノート内には資料作成において見本的なテンプレートが搭載され、実際に作成する際の見本にもなります。しかもテンプレ形式のほとんどが学習・キャリアでの自己目標達成のためのプランを記入するテンプレートとして作成されているのです。したがって自分自身の”勉強ノート”として学習のプランなどを記入できますので、このような観点から考慮してもEdrawMaxの学習ノートを使用することは重要といえます。

Part 2: 学習ノートの使用例

学習ノート使用例

出典:Adobe Stock

EdrawMaxの学習ノートを利用すればテンプレートの効率的な活用法が理解できます。また実際に自分でテンプレートを使用するのでデザイン手法なども学ぶことも可能です。そして学習ノートを使用して効率的に学習を進めれば最短期間で習熟も可能になり、職場でも即戦力として期待されるのです。

ここからはEdrawMaxの学習ノートの使用例などを紹介していきますので、自分が学習を進める際の参考にしてください。

例1 自己分析

学習ノート使用例1

自分自身の学習を深めていくためには、最初に徹底した”自己分析”をおこなうことが重要です。しっかりと自己分析をおこない、自分に欠けている部分を十分に把握することで効率的な学習が実現されます。

上記で掲載されている”自己分析”のテンプレートでは自分自身を

・Friends and Reratives”友人と親族”

・Attitude”態度・姿勢”

・Career”経歴”

・intersets”興味”

・Professional Skills”専門的技能”

・Personality”人格”

の6つの項目で分析しながらテンプレートを使用していきます。また自己分析テンプレートを使用すれば、しっかりと自分の現状を把握しながら効率的に学習を深めていくことも可能です。そして自分のデータを把握できるので、単なる勉強ノートとしての役割で終わるのではなく今後の業務にも大いに役立ちます。また、シンプルで一貫性が強く分かりやすいデザインが特徴的なテンプレートです。

例2 キャリアプラン

学習ノート使用例2

学習を深めていくだけでなく、技能習得後の自身のキャリアについて考えていくことも重要です。上記に掲載しているキャリアプランのテンプレートを使用し、学習を深めることで今後の自分の展望が見えてくるのです。

上記に掲載しているキャリアプランのテンプレートでは

・problem Analysis”問題分析”

・information Mamagement”情報管理”

・Project Management”プロジェクト管理”

・Effective Decision making”効果的な意思決定”

・Pressure Management”圧力管理”

・Time Management”時間管理”

・Leadership”統率力”

・communication Skills”伝達能力”

・Creativity”創造性”

・Memory”記憶力”

の10項目で自身の分析をおこなっていきます。キャリアプランのテンプレートで学習を深めれば、資料作成の勉強になるのはもとより、徹底した自己分析を参考にしてキャリアアップに繋げることも可能です。また全体的にシックでシンプルな色彩でデザインされており、ビジネス的な要素を強く感じることができるテンプレートといえます。

例3 個人計画

学習ノート使用例3

誰でも効率的に学習を進め、できるだけ早くソフトを使いこなせるようになりたいと思うものです。では学習効率を向上するにはどのような手段があるのでしょうか。一番効果的な手段として挙げられるのが綿密な学習計画の作成です。

上記に掲載している”個人計画2”のテンプレートは、1つの目標達成までに自分が記載していく項目がとても多く、毎日記入していくことで自分がとるべき手法も見えてきます。そして少しずつでも自分が取るべき手法が見えてくることで効率的な学習も促進されるのです。また、デザイン的にも明快で使いやすく、メッセージ性が強いテンプレートといえます。

例4 レッスン振り返りシート

学習ノート使用例4

学習による習熟を早めるためには、毎日自分の学習状況を振り返ることも重要な作業です。自分の実施状況を振り返り、反省・改善していくことで毎日新しい進化を続けて、効率的に技能取得ができます。特に学習ノート内の”レッスン振り返りシート”を使えば尚更です。

レッスン振り返りシートには毎日の学習に関して重要な項目が多数記載されています。そして練習用として毎日自分の学習状況を各項に記入すればテンプレートの使い方の勉強になる上に、毎日フィードバックしながら学習を進めることも可能です。

毎日フィードバックしながら学習を進めることで学習効率も大きく向上し、習熟が早くなります。また、カラフルで親近感溢れるデザインで作られていますので、楽しみながら学習の経過を記入できるのも大きなメリットです。

Part 3: まとめ

学習ノート

出典:Adobe Stock

最近は資料作成や製図のスキルが求められる企業がほとんどで、普段の業務でも必要とされる場合が多いです。また、大抵の企業では会議やプレゼンテーションを実施しますので、資料作成などのスキルは必須条件ともいえます。したがって資料作成などのスキルを持っていない方は1から勉強しなくてはなりません。

そこでおすすめのソフトがEdrawmaxです。Edrawmaxは多彩なテンプレートを搭載していますので初心者の方でも簡単に利用ができます。また他のツールと比べて操作も簡単で使いやすいのが大きな特徴です。さらに習熟を早めるためのテンプレートである学習ノートも搭載していますので練習しながら実作業を進めることもできます。

今後資料作成や製図などのスキルを身に着けたい方は、便利で使いやすく無料ダウンロードが可能なEdrawmaxをぜひ一度ご利用ください!


Edraw Max -- All In One の作図ツール
  • 豊富なテンプレートと図形
  • 様々なファイル形式に対応
  • フローチャート、マインドマップ、組織図などを作成
  • Officeライクの操作感覚 初心者もすぐ使える

関連記事