科学と教育

ジェノグラムの作成方法

ErawMaxでジェノグラムの作り方

ジェノグラム」という言葉を聞いたことはあるでしょうか?ここでは「ジェノグラム」とは何か、どのように作成するのかを見ていきましょう。

ペン図を無料で書くならEdrawMax(エドラマックス)

100%安全・安心 | マルウェアなし | 広告なし


Part 1: マトリックスについて

ジェノグラム」とは一般的に、家族の人間関係を図式化したものです。「ジェノグラム」を作成することによって本人の周囲の人間関係が視覚的に理解でき、結婚・離婚や死別といった人生上の大きな出来事なども同時に確認することができます。
また、家族内のキーパーソンを探る際などにも非常に役立ち、主に介護、看護、医療、教育の分野で便利な資料として活用されています。
「ジェノグラム」は家系図や人物相関図とよく似ていますが、基本的には3世代以上の家族構成図です。「ジェノグラム」を見れば、家族や親族の関係、状況を全て一つの情報として把握することが可能です。


Part 2: ジェノグラムの記号について

ここで「ジェノグラム」作成の際に使用される基本的な記号について見ていきましょう。なお、記号の使い方には厳密なルールはありませんが、ここでご紹介するのは一般的に広く使用されている記号です。
性別について、下記の例のように男性は「四角」、女性は「丸」で表現します。性別不明の場合「三角」を用いることもあります。また、年齢がすぐに見て分かるように図形の中に数字を記載して表現することもあります。

性別の記号

「ジェノグラム」の中心となる本人は二重の四角形、または円で表示されます。

本人の記号

死亡している方は「図形内に×印」、もしくは「黒塗り図形」で表現します。

死亡の記号

100%安全・安心 | マルウェアなし | 広告なし


Part 3: ジェノグラムの書き方

それでは上記の記号を実際に用いた「ジェノグラム」の書き方を紹介します。基本的なステップとして、「ジェノグラム」は記号を実線で結んでいきます。
まず、婚姻関係は横に並ぶ記号同士を実線で結びます。子供がいる場合は結婚を表す線から下に実線を引きます。

婚姻関係

 離婚を表す場合は、結婚を示す実線の間に斜めに二重線(または一重線)を引きます。

離婚関係

同棲や内縁関係を示すには、以下の例のように記号を波線で結びます。

同棲や内縁関係

また、同居家族は点線で囲んで表すことができ、その他ライフイベントに関する主要な情報を書き込むことで、より詳細な情報を伝えることができます。このような基本的な書き方、ステップをフォローすると、以下のような「ジェノグラム」を作成することができます。

ジェノグラム

これは、12歳の男子を対象にした「ジェノグラム」です。ここから読み取れる情報は、

・本人の父親は42歳、母親は38歳。
・母親は2004年に現在45歳の前夫と離婚していて、2008年に本人の父親と再婚している。
・本人には8歳の実弟と、母親が前夫との間に設けた16歳の姉がいる。
・父親は現在単身赴任中で、本人は現在、母と義姉、実弟との4人暮らし。
・父方の祖父はすでに死亡していて、祖母は76歳。
・母方の祖父は68歳、祖母は66歳で離婚歴があり、前の夫は死亡している。さらに現在入院中。

このように、12歳の男子を取り巻く家族の関係性をひとつの図として表すことができます。
主に「ジェノグラム」を活用している介護、看護、医療、教育の分野では、「ジェノグラム」を使用することで、表すことが難しい家系関係や環境、人間関係を明確に表現でき、家庭内の環境やキーパーソンを見つけやすくなるため、相応しい支援や適切な対応を選択することが実現します。


Part 4: ジェノグラムとエコマップについて

「ジェノグラム」と似た図に、「エコマップ」というものがあります。
「ジェノグラム」は血縁関係などの事実を元に作られているのに対し、「エコマップ」は周囲の情報や作成者の見方など、客観的な状況判断が含まれているのが両者の大きな違いのひとつです。
また、「エコマップ」は家族だけではなく、周囲の関係者や関係機関(例えば友人や主治医、病院)など、より広い範囲の関係を表します。そのため、時間と共に環境が変わり、人間関係が変化しやすいため、変化に合わせて作成していくことが必要です。


Part 5: ジェノグラム作成ソフト「Edraw Max」について

ジェノグラムエコマップ家系図人物相関図を作成するなら、EdrawMax がおすすめです。 EdrawMax は「ジェノグラム」は勿論、請求書などのビジネス文書フローチャート間取りマインドマップ電気回路図地図UML図科学イラストなど、280種類以上のダイアグラムを作ることができるオールインワン作図ソフトです。
内蔵する無料テンプレートが豊富で、「ジェノグラム」のテンプレートも多数揃えられています。利用者は自分の目的に合ったテンプレートを使用することで「ジェノグラム」の短時間での作成が可能であり、カスタマイズも非常に簡単です。
また、Office系ソフト(Word、PowerPoint、Excel)、画像ファイル(bmp、jpg、png、tiff、svg、eps、ps)、pdfなど、誰でも閲覧できる形式にファイルをエクスポートすることもできます。 メールやSNSの共有もとても簡単です。

エクスポートと送信


Part 5: まとめ

今回紹介した「ジェノグラム」は、本人をとりまく状況や家族の関係性を図にして書き表すことで、整理し、複雑な関係もシンプルに把握・共有することができる、現代社会にとって非常に有用なツールです。正しく活用し、家庭内問題の情報共有や、適切な支援へのアプローチ、支援の幅を広げることに繋げましょう。



Edraw Max -- All In One の作図ツール
  • 豊富なテンプレートと図形
  • 様々なファイル形式に対応
  • フローチャート、マインドマップ、組織図などを作成
  • Officeライクの操作感覚 初心者もすぐ使える

関連記事