ホーム

Linux用の電気回路図作成ソフト

Linux用の電気回路図作成ソフトを使って、組み込みの回路記号とテンプレートを使用してLinux OS上に回路図を作成することは可能になります。Debian、Ubuntu、Fedora、CentOS、OpenSUSE、Mint、KnoppixなどのLinuxディストリビューションをサポートします。

電気回路図は、電気回路を絵で表したものです。回路図には、簡略化された専用の図形と記号で回路部品、デバイス間の接続などが示されます。 Edrawは、Linux上で高速かつ効果的な電気回路図作成ソフトとして使用できます。

Linux用の電気回路図作成ソフトについて

Edraw電気回路図ソフトは、Linuxシステムでプロな電気回路図を設計する必要があるユーザーに最高な選択肢だといえます。電気記号のセット全体が組み込まれているから、電気回路を作成するには単純な「ドラッグ&ドロップ」しか必要とされない。エンジニア、科学者、または研究者が電気設計図をスケッチするのに最適なソリューションです。

Linux上で使える電気回路図作成ソフト

電気回路図作成ソフトをダウンロードして、Linuxでプロ並みの回路図を簡単に作成します。

Linuxバージョンをダウンロード Macバージョン Windowsバージョン

対応OS:

Ubuntu、Fedora、Debian、CentOS、OpenSUSE、Mint、Knoppix、RedHat、GentooなどのLinuxディストリビューションに対応可能です。

特徴のまとめ:

電気回路図作成ソフトの良い点:

1. 2000個以上の業界標準の電気回路記号が含まれています。
2. スマートな自動配置、自動接続機能により、コンポーネントの接続、ダイアグラム全体のレイアウトは簡単にできます。
3. 色を簡単に変更して、プレゼンテーション品質の電気図面を作成します。
4. 描画グリッドにより、正確な図面を作成することができ、 グリッド間隔のカスタマイズも可能です。
5. 回路図を.png、.svg、PDFなどの一般的なファイル形式にエクスポートできます。
6. ワンクリックで、電気回路図をWebリンクで共有できます。

基本電気回路記号

以下は、基本的な電気記号ライブラリーのスクリーンショットです。電気回路図形ライブラリには、バッテリ、抵抗器、コンデンサ、ヒューズ、インダクタなどよく見られる基本電気記号が組み込まれています。さらに、抵抗器、スイッチ、伝送経路などの記号には様々なスタイルもあります。プロ並みの回路図を作成するための電気記号はたくさんご用意しています。

基本電気回路記号

簡単なマニュアル - Linuxで電気回路図の作成方法

下記の簡単な手順に従い、マウスを数回クリックしてLinux上で電気回路図を作成します。

ステップ1. Edrawを起動し、ファイルメニューにおけるエンジニアリングをポイントし、基本電気回路図のアイコンをダブルクリックします。

回路図作図ページを開く

ステップ2. インターフェースの左側にある電気記号ライブラリから必要な記号をドラッグしてキャンバスにドロップします。ライブラリアイコンをクリックして、より多くのシンボルライブラリを開くことができます。

回路記号をドラッグ&ドロップ

ステップ3. ワイヤでコンポーネントを接続します。「スナップ&グルー」機能を介して、オブジェクトを正確に整列させ、接続ポイント(青色の小さなX)によりオブジェクトを自動に接続することができます。

電気記号を接続する

ステップ4. テキストや注釈を追加します。テキストボタンにより、キャンバスのどこにも新たなテキストブロックを追加します。既製のテキストボックスをダブルクリックして、テキストを変更することができます。

回路図面にテキストを追加する

ステップ5. 電気回路図をエクスポート、共有します。「ファイル」メニューの「保存と送信」をクリックして、ご要望の形式を選んで、ファイルをエクスポート、共有します。

Export Electrical Diagram

具体的な作成方法はこちら:これを読むだけで書ける!電気回路図の書き方

電気回路図の事例

ユーザーが回路図を効率的に作成できるように、Edraw電気回路図作成ソフトには既製の電気回路図の例が組み込まれています。無料ダウンロードでき、再編集も可能です。画像をクリックして、ダウンロードページに入ってください。

電気配線図

電気配線図

回路図

回路図

電子デバイス回路図

電子デバイス回路図

関連記事

電気回路図の読み方

標準電気回路記号

始めましょう!きっとあなたの愛用ソフトになる!

Edraw Max は多用途の作図ソフトです。フローチャート、組織図、マインドマップだけでなく、ネットワーク図、フロアプラン、ワークフロー図、服装設計、UML 図、電子工学図、科学イラスト、及びチャートとグラフなどのよく使われる図表を作成できます。