マインドマップ 知識

自信を持つための10の効果的なヒント

マインドマップで全てを見える化#03

「自信がある人」とは常に、改善するマインドと付き合うのが上手な人だと言えます。なぜなら、変化は毎日小さくとも起こっています。自分に自信がないからと、安易な言葉で語られた慰めは、一定期間効果だけで持続性はありません。静かな時間を持ち自分から逃げない状況を知るにはやはり、自分から逃げている事を認めるところから始め、それを受け入れて前を向くしかなさそうです。この記事では、自信をもつヒントをMindMasterで発散させながら受け入れていく方法をご紹介します。

フローチャートを無料で書くならEdrawMax(エドラマックス)

100%安全・安心 | マルウェアなし | 広告なし

Part 1: 「自信がない」とはどんな特徴か

① 人目を気にしすぎる

自信のない人は必要以上に周りの顔色を伺います。その理由として、他人の批判から自分が傷つきたくないという心理的感情が敏感に働きすぎるのでしょう。「相手はあなたのことを意識していない」と知ることで楽になる可能性もあります。

② 自分の意見や考えをまとめられず、他人に流されやすい

自信のなさは、会話をすることで現れます。マナーとして他人の意見を前置きで肯定しても、自分の意見は必ず貫きとおすべきです。しかし、自信がない人は会話の中で自分の意見を全て否定し、相手の意見に完全に同調しがちです。正しいコミュニケーションは、その人のどの部分に賛同できるか、またどの部分には否定的か、それはなぜかを説明する必要があります。そうしなければ、何も考えがない人と相手にされない可能性も出てきます。

③ コミュニケーションや人間関係を育めない

自分に自信がない人は、コミュニケーションや人間関係を育むことが苦手です。それは、自分のする行動を批判されるのではないかという不安感が根底にあります。しかし、その批判されるのではないかという視野の狭さも自信がない人の特徴にも通じます。なぜ、不安感が生じるのでしょうか。それは、自分なりの周囲の観察眼ができておらず、既存のわかりやすい状況しか想定できないためです。観察しようとする熱意と想像力がなく、目先のわかりやすい利益のことしか考えられなければ、自分がその場で何ができるかにも気づくことができません。その結果、自分自身もコミュニケーションも人間関係も軽薄になり、最終的に社会での自分の役割を見失ってしまうことにつながりかねないのです。

Part 2: 自信を持つための10の効果的なヒント

自信を改善

☝☝画像をクリックして編集可能なマインドマップをダウンロード☝☝

① 「自信がない」とは余白に気づけた改善の糸口

まず、自信がないと気づけたのは改善の機会にめぐまれたと好機ととらえましょう。しかし、自信がないと感じている時はこのようなポジティブに捉えられない場合もあります。その時は、その違和感の分だけ休憩をとる必要があります。要は、現状把握をする準備を整えます。例えば、誤った継続不能なダイエット方法を試していた時、失恋した時、志望校に合格しなかった時、他人から信用を失いかけた時などがあてはまります。ここは、次の行動に移す英気を養う場であるので遠慮なく休憩しましょう。すると、きっかけが違和感であっただけに「そろそろ動きたいな」と思えるきっかけがやってきます。

② 経緯から自分の長所を洗い出す

では、今回の自信がないと気づいたからにはそれを改善していかなければなりません。まずは、自分の経緯から長所を洗い出してみましょう。ここからはマインドマップを使って整理をすることで、後に行う登場人物の把握で必要になる外部環境の整理で視野を広める源泉になるものなので、テーマから派生させやすいマインドマップで把握しておくと便利です。

③ 経緯から自分の短所を洗い出す

次は、短所を洗い出してみましょう。ここでは、その事実に対して「なぜそれを起こしてしまったのか」を洗い出すことで根本的な原因が浮き彫りになってきます。ここでも、テーマに対して幾重にも派生することができるマインドマップをお勧めします。今まで気づけていない空白を知ることができるので根本的な原因をしれるツールとして有効です。

④ 不可抗力を知る

ここからは、迷宮入りです。しかし、その迷宮を楽しむ思考に変えなくてはなりません。なぜなら、同じ思考法ではまた同じ失敗を繰り返すだけになります。テレビ、ラジオ、映画、雑誌、新聞、本などの協力を得て凹んだ気持ちを加速のきっかけにできる思考法を養いましょう。それには、不可抗力を知ることが一番の学びになります。そして、自分の思考法で考えなければなりません。決して、超越論や神秘的なものに飛びつかないことです。そんなことしてしまえば、自分の今までの思考法を放棄して、楽な方に流れてしまい取り返しのつかないことになります。「自分がしたいこと」ではなく「自分にはこれしかできない」というものを今までの経験から探し出し、それに取り組むことで初めて自分と向き合うことができます。

100%安全・安心 | マルウェアなし | 広告なし

⑤ 登場人物の把握

ここからは、「再出発」の確認の場面になります。今までに行ってきた経緯の解釈が正しかったかを確認できる場です。つまり、自分の中に閉じていた考えが家族や自分の一番近しい人も認めてくれるかを想像しながら答え合わせのようにしていきます。その段階で、「独りよがりな考えだった」と思える点があれば修正していきましょう。

⑥ 感謝する

アイデアが「アイデアとは既存の要素の新しい組み合わせ以外の何ものでもない」と定義されているように、人と違うことや異なる意見を大切にするのではなく、またコミュニケーションンが「知覚であり、期待であり、要求であり、情報ではない」と著名な人物が教訓として残しているように、社会との接点を否定の感情でもなく、自己肯定感を高めるためでもなく、ただ今までの経緯に感謝しそれを守っていくために顔を上げましょう。自分の弱さを知り感謝の気持ちを自分なりの方法で表現し直します。もう、「自信がない」と感じてしまったのですから、その方法では無理があるのです。新しい自信を発見するにはまずは、自分の長所を再確認し、身近な登場人物に敬意を払い、その中でそれしかできないことを継続させるしかないのです。

⑦ 規則正しい生活をする

自分の弱さに気づきそれから目を離さないでいると、「もう二度とあのような負の連鎖には陥りたくない」という恐怖の感情から自然と規則正しい生活になるのですから驚きです。「する」のではなく「せざるをえない」状態になります。

⑧ 収入に応じたワークライフバランスが保てているか

自信を持つための効果的な方法として、マインドマップを利用した経緯の洗い出しだけでなく、ワークライフバランスが収入に応じているかを知るためにも家計簿をつけることも効果的です。例えば、食生活に関しては、無理をしてでも「面倒くさいこと」を選ぶ必要が出てきます。特に、野菜と果物は重要視しなければならないです。体に採り入れるものが体調となり思考に直接関わってきます。予算を立てて、その中で新鮮な野菜と果物をとれるように計画すべきだと考えています。

⑨ 参加する

マインドマップなどで自信を再発見することがきれば、経験則からその機会を見計らい行動を伺っています。いつもの組織であっても自分の思考法が変わるだけで、社会との新しい接点になれています。

⑩ 違和感の発見

これまでの自信の再発見をした甲斐虚しく、また自信を失う場面に遭遇します。故事にある「一難去ってまた一難」です。また、新しい自信を再発見するためのはじまりに戻ります。

Part 3: まとめ

マインドマップで全てを見える化「#03自信を持つための10の効果的なヒント」についてご紹介してまいりました。自信なくて当然です。むしろ、自信がある人は自分の弱さを知り細かい改善を行っている人のことを言うのでしょう。そのような人になれるよう私はMindMasterのマインドマップやEdrawMaxで実行に移せるよう思考の発散と収束、そして改善を続けます。



MindMaster -- あなたのアイデアと知識を構築
  • 12種類のレイアウト & 33種類のテーマ
  • 700+のクリップアート
  • プレゼン & ブレーンストーミングモード
  • グループのコラボレーション

関連記事