科学と教育 知識

ハリー・ポッターの究極の家系図

超詳しいハリー・ポッターの家系図

『ハリー・ポッター』J.K.ローリングによる最も有名なフィクション作品の1つです。『ハリー・ポッター』は魔法使いや魔女、魔術師たちが自分たちのスキルを高めて、闇に潜む力との戦いに乗り出す世界が舞台となっています。

家系図で書くならEdrawMax(エドラマックス)

100%安全・安心 | マルウェアなし | 広告なし

Part 1: ハリー・ポッターの家系図

ハリー・ポッターの家系図

☞無料ダンロードできるテンプレートはこちらへ☜

ポッター家は、闇の帝王とそのデスイーター(死喰い人)との戦いにおける先駆者たちの1つとして知られていました。このシリーズの主人公であるハリー・ポッターと、その他のきわめて重要なキャラクターのうちの数人はこの家系の一員です。

・ジェームズ・ポッター:ハリー・ポッターの父親であり、ポッター家の先代の純血の家長です。彼は、妻であるリリー・ポッターとともに、不死鳥の騎士団の創設メンバーの一員であり、第1次魔法戦争に参戦しました。後に彼は、リリーと息子ハリーを守っているときに、ヴォルデモート卿によって残忍に殺害されました。

・リリー・ポッター:マグル生まれの魔女で、ハリー・ポッターの母親であるリリー・ポッターは、ジェームズ・ポッターの妻でした。彼女は夫ジェームズ・ポッターとともに初期の不死鳥の騎士団に参加しました。彼女は第1次魔法戦争においてデスイーター(死喰い人)と戦いました。後に彼女は、ハリーを守っているときに、ヴォルデモート卿によって悲惨に殺害されました。

・ハリー・ポッター:このシリーズの主人公であり、ポッター家のうちで唯一生き残っている半純血の子孫です。幼い頃に孤児になり、シリーズのもっとも重要な敵と謎のつながりを持つハリー・ポッターは、魔法界や、自分とヴォルデモート卿を取り巻く謎についてさらに学ぶためにホグワーツ魔法魔術学校に入学します。



Part 2: ウィーズリー家の家系図

ウィーズリー家の家系図

☞無料ダンロードできるテンプレートはこちらへ☜

最も古く大きな純血の魔法使いの家系の1つとして知られるウィーズリー家は、ハリー・ポッターの旅全体を通して彼を大いに支え続けてきました。物語の重要なキャラクターの中にはウィーズリー家の一員が数人います。

・アーサー・ウィーズリー:ウィーズリー家の兄弟姉妹の父親であり、不死鳥の騎士団の一員であるアーサー・ウィーズリーは、『秘密の部屋』で初めて登場します。彼は、マグルの使う日用品に強い興味を示し、コレクションしています。

・モリー・ウィーズリー:ウィーズリー家の兄弟姉妹の母親であり、アーサー・ウィーズリーの妻であるモリー・ウィーズリーは、『秘密の部屋』で本格的に登場する前に、『賢者の石』のストーリーラインの中で少しだけ登場しました。彼の素性にかかわらず、モリーはハリーを自分の子どものように扱って愛し、ホグワーツでの休暇には贈り物をします。

・フレッド・ウィーズリーとジョージ・ウィーズリー:ウィーズリー家の双子の兄弟で、いたずら好きで広く知られています。『謎のプリンス』で、彼らはホグワーツを出た後、ダイアゴン横丁に自分たちの悪戯用品専門店「ウィーズリーズ・ウィザード・ウィーズ」を開きました。

・ロナルド・ウィーズリー:ウィーズリー家の一番下の息子であるロナルド・ウィーズリーは、入学するためにホグワーツに初めて行く途中でハリーに出会い、すぐに親友になりました。彼らの苦難によって、彼らの兄弟同様の絆はさらに強くなりました。

・ジニー・ウィーズリー:ウィーズリー家の一人娘で末っ子であるジニー・ウィーズリーは、ハリーを強く憧れていて、時間がたつにつれて彼に恋愛感情を持つようになります。



Part 3: ダンブルドア家の家系図

ダンブルドア家の家系図

☞無料ダンロードできるテンプレートはこちらへ☜

ダンブルドアの家系からはあまり多くのキャラクターは登場していません。それにもかかわらず、ハリーのホグワーツ時代やその後において彼らは適切な役割を果たします。ダンブルドアと言えば、これは常に校長アルバス・ダンブルドアを意味します。

パーシバル・ダンブルドア:アルバス・ダンブルドアの亡くなった父親。

・ケンドラ・ダンブルドア:アルバス・ダンブルドアの亡くなった母親。

アルバス・ダンブルドア:ダンブルドア家の兄弟姉妹の中で一番年上であり、ホグワーツ魔法魔術学校の校長であるアルバス・ダンブルドアは、物語全体を通じて、ヴォルデモート卿に対抗する中心人物として行動します。ハリーは彼を並外れた魔法使いとして尊敬しており、学校でトラブルがあったときはいつもアルバスに助けてもらいます。

アバーフォース・ダンブルドア:アルバス・ダンブルドアの弟で、ダンブルドア家の唯一の生き残り。

・アリアナ・ダンブルドア:アルバス・ダンブルドアの亡くなった妹。



Part 4: ヴォルデモート家の家系図

ヴォルデモート家の家系図

☞無料ダンロードできるテンプレートはこちらへ☜

他のすぐれたシリーズと同様に、読者は支配的な敵を必要としており、これがリドル家の登場です。彼らの子孫であるトム・M・リドルは物語の中心的な悪役として活躍します。彼は、自分の名前(訳注:Tom Marvolo Riddle)のアナグラムを使ってヴォルデモート卿(訳注:Lord Voldemort)と名乗りました。

・マールヴォロ・ゴーント:ヴォルデモート卿の亡くなった母方の祖父。

・メローピー・ゴーント:ヴォルデモート卿の亡くなった母親。

・トム・リドル・シニア:ヴォルデモート卿の亡くなった父親。

・トム・マールヴォロ・リドル・ジュニア:サラザール・スリザリンの直系の子孫であり、このシリーズの中心的な敵であるトム・マールヴォロ・リドル(ヴォルデモート卿としての方が有名)は、純血の魔法使いと魔女が支配する社会を作りそれ以外のすべての人を粛清しようとしている、邪悪で強力な魔法使いです。謎の予言が彼とハリー・ポッターの両者に関係していることが明らかになると、彼の運命はハリー・ポッターと関わるようになります。



Part 5: ブラック家の家系図

ブラック家の家系図

☞無料ダンロードできるテンプレートはこちらへ☜

ブラック家の家系図は、ウィーズリー家と並んで最も古い純血の魔法使いの家柄の1つです。彼らはマルフォイ家とレストレンジ家に直接の親戚関係があります。そのメンバーは必ずスリザリン寮に入ってデスイーター(死喰い人)になりますが、この直近の子孫はこの伝統を破りました。

・シリウス・ブラック:ジェームズ・ポッターとリリー・ポッターの親友であり、ハリー・ポッターの名付け親でもあるシリウス・ブラックは、知られている中で唯一グリフィンドール寮に入ったブラック家の子孫です。彼は、初期の不死鳥の騎士団の創設メンバーの1人として仕え、第1次魔法戦争で戦いました。また彼は魔法界の刑務所アズカバンに長年収監されています。

・レギュラス・ブラック:シリウス・ブラックの弟。初めのうちはスリザリン寮に所属しデスイーター(死喰い人)でしたが、ヴォルデモート卿がブラック家の屋敷しもべ妖精のクリーチャーを殺そうとしたためヴォルデモート卿と敵対しました。



Part 6: レストレンジ家の家系図

レストレンジ家の家系図

☞無料ダンロードできるテンプレートはこちらへ☜

ヴォルデモート卿に最も忠実に従う者たちの一員として知られるレストレンジ家は、マグルとマグル生まれの魔法使いと魔女に対して多くの残虐行為を行った純血の魔法使いと魔女の古い精鋭の家系です。最も卓越したデスイーター(死喰い人)はレストレンジ家の一員です。

・ベラトリックス・レストレンジ:邪悪な純血のデスイーター(死喰い人)であるベラトリックス・レストレンジは、ヴォルデモート卿の最も忠実な腹心の1人で、彼の帰還を待ちながら長年アズカバンに収監されていました。彼女は闇の帝王の名の下に多くの残虐行為と犯罪を犯しました。

・ロドルファス・レストレンジ:ベラトリックス・レストレンジの夫であり、妻同様ヴォルデモート卿の忠実なデスイーター(死喰い人)。



Part 7: マルフォイ家の家系図

マルフォイ家の家系図

☞無料ダンロードできるテンプレートはこちらへ☜

魔法使いの家系のうち最も裕福で影響力のあるうちの1つであるマルフォイ家の家系は、ウィーズリー家やブラック家、レストレンジ家と同じくらい古くまでさかのぼることができます。ブラック家とレストレンジ家に直接の親戚が数人おり、マルフォイ家のほとんどの者もデスイーター(死喰い人)としてヴォルデモート卿側についてます。ハリーのライバルであるドラコはマルフォイ家の子孫です。

・ルシウス・マルフォイ:ドラコ・マルフォイの父親でありデスイーター(死喰い人)。

・ナルシッサ・マルフォイ:ドラコ・マルフォイの母親でありデスイーター(死喰い人)。

・ドラコ・マルフォイ:スリザリン寮に入ったドラコ・マルフォイは、ハリーと同じ年にホグワーツに入学しました。彼は、ホグワーツで過ごした期間中ずっとハリーの主要なライバルとして行動します。ドラコは最初のうちは非常に幼稚でしたが、時間がたつにつれて徐々に成長して信頼できる人物となり、また彼はヴォルデモート卿の下での自分の家系の地位を理解します。



Part 8: スキャマンダー家の家系図

スキャマンダー家の家系図

☞無料ダンロードできるテンプレートはこちらへ☜

高い教育を受け尊敬されている魔法生物学者(魔法生物の調査研究を行う魔法使いと魔女)の家系であるスキャマンダー家の者は、アルバス・ダンブルドアがまだホグワーツの教師であった頃に必須の役割を果たしました。彼らは結婚によってラブグッド家とゴールドスタイン家と親戚関係にあります。この家系の有名な登場人物は以下に挙げてあります。

・テセウス・スキャマンダー:ニュートン・スキャマンダーの兄。

・ニュートン・スキャマンダー:前日譚であるファンタスティック・ビーストシリーズの主人公であるニュートン・スキャマンダーは、魔法生物の研究者としての仕事で広く知られていました。彼はまた、先代の闇の帝王(ヴォルデモート卿の出現前)であるゲラート・グリンデルバルドと戦いました。彼の有名な著書「幻の動物とその生息地」はホグワーツで教えられています。

・ポーペンティナ・ゴールドスタイン:アメリカの闇祓い(オーラ―)で、ニュートン・スキャマンダーの妻。

・ルーナ・ラブグッド:ニュートン・スキャマンダーの孫息子の妻。ルーナ・ラブグッドは、ハリーのホグワーツにおける親友の1人で、独特の趣味や興味を持っています。



まとめ

ここまで読んだ方は、もっといいハリー・ポッターの家系図を描けるように感じているでしょう。そうであればEdrawMaxを使って簡単に作成できます。自分で選択し発表することさえもできる多くのテンプレートがあります。EdrawMaxのテンプレートコミュニティに参加すれば、そこにはそのようなテンプレートがあります。また、そこにあるものを自分の好きなように編集することもできます。一旦変更を加えたら、それらはSVGやPNG、PDF、HTMLその他のフォーマットとして保存されます。

EdrawMaxは家系図を書くためのオールインワンな作図ソフトです。EdrawMaxは無料ダンロードできるので、ぜひ一度お試してみてください!

Edraw Max -- All In One の作図ツール
  • 豊富なテンプレートと図形
  • 様々なファイル形式に対応
  • フローチャート、マインドマップ、組織図などを作成
  • Officeライクの操作感覚 初心者もすぐ使える

関連記事