データフロー図の書き方-5分でわかる

素晴らしいデータフロー図を作成する方法を5分でわかるようになります。データフロー図作成ソフトに内蔵されたスマートなデータフロー図図形無料のサンプルを介して、さっさと製図の作業を行い始めることができます。

手作りでデータフロー図を完成するのはすごく時間とエネルギーかかるし、Visio における書式設定も面倒くさいし、どうすればよいのでしょうか。では、一つの簡単な方法を紹介させていただきます。

データフロー図テンプレートを開く

ファイルタブにおける「新規作成」をポイントします。-> フローチャートを選んで、そしてデータフロー図をクリックします。

データフロー図作成ソフト

データフロー図図形を添加

データフロー図ライブラリから、データ処理、状態、エンティティなどを示す図形をキャンバスにドラッグ&ドロップして、データフロー図を作り始めます。緑の方形のハンドルをドラッグしてから、サイズを調節できます。

データフロー図図形の添加

ホームメニューにおける同じサイズツールを通じて、いくつかの図形をすぐに同じサイズに設定できます。

データのフローを表示

中心コネクター図形を介して、ダイアグラムにおけるデータのフローを示すことができます。

内蔵のデータフロー図形にはコネクションポイントが設定されておくので、自動接続可能です。

データフロー図図形の接続

同様に、中心ループツールを使用してデータループを示すことができます。

また、コネクターツールを通じて、手動で図形を接続することもできます。

背景を設定

背景を追加することはページレイアウトにできます。

データフロー図の背景の設定

データフロー図の内容を入力

データフロー図の内容の入力

データフロー図のテーマを変更

データフロー図のテーマが変更されると、一回クリックで塗りつぶし、線、テキストのスタイルが全体で変わります。

ページ レイアウト」タブに切り替えて、他のテーマを選択できます。

データフロー図のテーマの変更

データフロー図を保存/エクスポート

ファイルタブにおける保存をクリックして、データフロー図をシステム設定で保存します。名前を付けて保存によりほかの方式で保存します。

コンピューター自身や個人クラウドに保存することとも可能です。このほか、チームクラウドに保存すれば、他の人と共有することができます。

データフロー図の保存

ファイルにおける保存と送信をクリックすると、データフロー図を図面、MS ファイル及びウェブファイルなどの形式で保存するようになります。

データフロー図のエクスポート

データフロー図を印刷

データフロー図のプレビュー

ダイアグラムのページが印刷紙より大きい場合は、ダイアグラムが1枚以上で印刷されてくるようになります。1枚だけでいいなら、「そのほかの印刷設定... 」をクリックして、自動調整を選択します。

データフロー図の印刷

データフロー図の作成についてより視覚的で詳しく了解するように、たくさんのデータフロー図記号及びデータフロー図サンプルも用意されています。アイデアを見つけて、さっさとデータフロー図の作業を行い始めましょう。

ダウンロードして、無料にお試していただけませんか。

Windows バージョンをダウンロード Mac バージョン Linux バージョン
Top