基本図

データ可視化のためのベン図ソフトおすすめ6選

厳選ベン図作成ツール

「似ている」と判断する時は無意識のうちに比較という作業を行い他との差異化を私たちはしているはずです。この無意識に行っていた作業を明確にしていく方法に、ベン図を用いる手法があります。ベン図を用いることで、自分が伝えたい相手に何を伝えたいかを類似点と相違点を視覚的に表すことで、伝えたい内容の焦点を共有することができます。数学の授業で聞いたことのある集合の記号をより身近に視覚的にノンストレスで相手に伝えることができるベン図作成ツールを今回はおすすめ6選としてご紹介してきます。

ペン図を無料で書くならEdrawMax(エドラマックス)

100%安全・安心 | マルウェアなし | 広告なし


1: ベン図作成ソフトの選ぶポイント

ベン図作成ソフトを選ぶポイントの基準はそれぞれ違うと思います。どのような目的のためにベン図作成ソフトをお選びでしょうか。IT業界で働く私の視点であれば、ビジネスパートナーに自分の考えを的確にストレスなく美しく報告できる作図・製図ソフトを選びます。また、自分の考えをエクセルやパワーポイントで共有しやすくすることも重視しています。そして、そのような作成ソフトを選ぶにあたり下記する5つのポイントも考えなくてはなりません。それらの条件のもと、私がベン図を作成するソフトを選ぶポイントをまとめました。ちなみに私は、顧客満足度の質の高さという評価基準に重きを置き、世界基準でありながら日本語のサポートがあり、色彩豊かで、デザインも先進的、そして使いやすく、顧客満足について考え抜き他社との差異化に成功しているEdrawMaxのベン図作成ソフトを使用しています。

ベン図のメリットとデメリット

100%安全・安心 | マルウェアなし | 広告なし


1.1 無料と有料

ベン図例

ベン図作成ソフトを選ぶ時はまず無料のベン図作成ソフトを使ってみましょう。ご自身が作成したい図が描けるかを確認できるので、買い替え費用を抑えることができます。無料ソフトには2D、3Dソフトの大きく分けて2通りのソフトがあります。2Dソフトの代表例として定番のEdrawMaxがありますが、平面の建設設計図面の作成や、立体にする必要のないパンフレットや企画書、そしてビジネスに焦点を当てる多数のビジネスツールの作成に向いています。それに対して、3Dプリンタを利用したい場合や立体的な建設図面を作成してみたい場合は3Dソフトを選びましょう。

1.2 作図タイプとソフト機能の対応

ベン図を作成するための作図ソフトの導入をお考えの方はビジネスの焦点をどこに当てるかをお考えの方が多数を占めるのではないでしょうか。それなら、ベン図だけでなく他との比較を重点的に行えるビジネスの作図作成ソフトが望ましいでしょう。つまり、ソフトを導入する際は、目的に応じた図か作成できるソフトか確認しましょう。2D、3Dだけでなく作図・製図ソフトには汎用性の高い「汎用ソフト」と特定の目的に特化した「専用ソフト」があります。そのため、双方の特徴をしっかり把握しましょう。

【汎用の作成ソフト】

どの分野の図の作成にも扱える汎用性を備えているのが汎用の作成ソフトです。建築用、建設・電子回路、製図・パンフレット、企画書、ビジネス作図、ハードウェア、ソフトウェア設計、医学、教育、路線図まであらゆる製品の図面を作成できます。

【専用の作成ソフト】

建築や電機など、特定分野の製図に特化しているのが専用作図・製図ソフトです。電機用のソフトなら配線や配管の製図が得意など、特化した強みを持つことで作業の効率化を図ります。特定の業務の専門性を高めたい方は、専用ソフトを利用しましょう。

1.3 OS対応情報

ベン図を作成するにあたり、利用しているパソコンのOSに対応しているかもチェックしましょう。見落とされがちなのがOSのバージョンです。バージョン更新しないまま利用しているOSで作図・製図ソフトを長時間利用すると動作の不具合やデータが消えてしまう危険があるので注意しましょう。また、Windowsに対応しているソフトであればエクセルやパワーポイントとの互換性があるものを選ぶことで多くの人とすぐに共有することもできます。

1.4 操作の難易度

操作の難易度も確認しましょう。直感的に使いやすくあることはもちろんのこと、ベン図を作成することを通じてビジネス図作成ソフトを利用するのが初めての人は、日本語で理解できるマニュアル付きのソフトを選ぶといいですね。マニュアルの無いソフトは、有志が日本語化パッチを制作していることもありますがインターフェイス自体は英語表記になっていることもあるので難易度が高くなります。日本語マニュアルがあれば、操作方法・インターフェイス上のさまざまなツールの使い方や意味など、必要な情報をはじめから確認して操作ができます。

1.5 ソフトのサポート体制

安全性を重視する場合、休日や夜でもサポートを受けられるか確認するのがおすすめです。ビジネスで利用する時、思わぬトラブルの発生や操作上の疑問が発生したときの対応力を確保する必要があります。追加料金を支払い、サポート時間を延長するサービスを利用すると安心です。


2: 無料製図ソフト6選の情報

ベン図作成ツールの比較

TOP1 EdrawMax

【オールインワンのビジネスツール:
戦略から接客までトータルにサポートベン図ももちろん】

わたしのビジネスツールパートナーとして選んでいるEdrawMaxをまずはご紹介いたしましょう。ベン図を作成しようとお考えの方は「他との類似性と差異を誰かに伝えるため」にベン図作成ソフトをお探しの方が大半ではないでしょうか。その中でもわたしは世界基準としたビジネスツールを選ぶとき、操作性、価格、日本語で対応されているか、デザイン性、互換性(自分の考えを共有しやすいか)を重視します。これらの点を考慮するとEdrawMaxは圧倒的です。操作性においては、クリックアンドドロップで簡単に操作できますし、視覚的な操作の点においても補助線が表示され均等な配置がスムーズにできます。また、フオントやカラーを選ぶ時のプレビューが速く本当に選びたいフォントやカラーがすぐに選択することもできます。価格においても、無料版を試して自分の目的に適しているかを知ることもできます。あとは、MSのエクセルヤパワーポイントとの互換性があるところも気に入っています。オフラインで自分が表現したいものを一度作成してから、その作品を人と共有し差異を楽しむことができるのも魅力の一つです。またEdrawMaxが顧客満足度に対する質の高い追及という点においても、わたし自身がEdrawMaxをビジネスツールとして利用している大きな理由になります。特にそれは、HP上の活用教室でそれは顕著に表れています。是非、無料での体験もできますのでガイドをご覧になって実際にベン図を作成してみてください。

100%安全・安心 | マルウェアなし | 広告なし


Top2 Microsoft Office

【リードカンパニー:価格面でのハードルには個人差ありか】

作図ソフトのリードカンパニーであるMicrosoft OfficeのVisioをご紹介しましょう。特徴としては、エクセルでは書ききれないER図やフローチャートを作図するのには欠かせない作図ツールをして作図ソフトのリードカンパニーです。日本語でも対応されておりデザイン性も申し分ありません。また、エクセルやパワーポイントとももちろん互換性があるのも使用しやすく、多くの人と共有できるメリットになります。しかし、Visioとも互換性のある汎用性作図ソフトEdrawMaxなどと比較すると価格面で劣り、なかなか共有できないのがデメリットとしてあげられます。また、作成されたベン図などの図を見ることは無料でできますが、無料で作図することができないのがTOP2の理由となりました。

TOP3 Lucidchart

【オンライン作図ツール:共有のしやすさが特徴】

データを可視化するためのベン図作成ソフトとしておすすめするTOP3はLacidchartです。このLacidchartはデザイン性を備えておりまた、日本語で対応されています。特徴としては、オンライン作図ツールであるため作成したベン図などを共有しやすくなっています。ただ、デメリットとしてオンラインであるため発信者と受信者間では同調傾向が強くなり、差異の発見が見つかりにくいこともあるでしょう。また、互換性が難しく共有する場合はその全員が同じプラットホームであるLucidchartを必要としなければなりません。しかしながら、オンラインの利点としてある人の思考を可視化し各々分節点がもてることはその共有者間にとっては新たな発見につながる可能性もあります。最近では、Chromeのアプリに追加すればワンクリック作業で作業に取り掛かることができるようになり更に便利になっています。

TOP4 Gliffy

【組織内での共有を見据えた作図ツール】

Gliffyはオンラインで簡単に作図することをメリットとしたベン図作成ツールです。また、無料で30日間使用することもできるので自分に適した作図ツールであるかをよく確認することができます。デザイン性はTOP1~3と比較すると少し旧型に見えます。また、個人用ではなく組織をターゲットにしている価格設定となっています。その点が個人使用者にはデメリットになるでしょうか。

TOP5 Vizzlo

【スケジュール管理重視の作図ツール】

ベン図作成ツールとしてTOP5にあげるのがVizzloです。こちらもベン図を作成するのに操作性、デザイン性は優れています。しかしながら、デメリットとして日本語でのサポートがされておらずスケジュール管理に重きを置いている点がビジネス作図ツールとして他と比較すると不足を感じざるをえないためこの順位となりました。

TOP6 Meta-chart

【差し込み資料一つだけ作成したいを適える作図ツール】

Meta-chartはオンライン上で図を選択しタブを操作し数値を入力することでPNG、SVG、JPEG、PDF形式での図が作成できるサイトになっています。操作性、デザイン性もほかと比較すると劣り、日本語サポートもないためこの順位となりました。しかしながら、目的がはっきりとした作図者には無料で提供されているため簡単に利用でき便利であることがメリットになります。


4: まとめ

ベン図テンプレート1
ベン図テンプレート2

今回はIT業界で働く私の視点からおすすめのデータ視覚化のためのベン図作成ソフト6選をご紹介いたしました。ベン図と聞くと数学の授業で習った記号と数字のイメージがありますが、そのイメージをより豊かに相手に伝えるベン図作成ソフトをご紹介してまいりました。どのベン図作成ソフトにもそれぞれ特徴やメリットデメリットはあります。まずは自分が描きたい図の目的を把握することが自分に合った作図ソフトを選ぶ近道なると思います。そのためにも、どの角度からも自分の目的を確認できる汎用性ソフトのEdrawMaxをお勧めしてまいりました。他との類似性と差異化を明確にするベン図を作成するのに不足はなく、かつ顧客満足度の質の高さという評価基準からわたしのビジネスツールとしている所以を紹介いたしました。まずはEdrawMaxで「なぜ作図ツールを必要としているのか」を改めて分析することでビジネスの糸口を見つけることができるかもしれません。まずはフリー版から実際にお試しいただき、新規作成ボタンから多岐にわたるテンプレート例をご覧になってみてください。

100%安全・安心 | マルウェアなし | 広告なし


Edraw Max -- All In One の作図ツール
  • 豊富なテンプレートと図形
  • 様々なファイル形式に対応
  • フローチャート、マインドマップ、組織図などを作成
  • Officeライクの操作感覚 初心者もすぐ使える
関連記事
-->