edraw-max-horizontal
作図ツール
活用教室
製品ツアー
製品最新情報
無料体験
購入

UMLユースケース図記号とその使い方

> UML図 記号 > UMLユースケース図記号とその使い方
edraw編集者
編集者: Edraw | 2020/01/10
アクター、ユースケース、パッケージ、オブジェクト、システム境界、インターフェイス、制約、ノートが挙げられて、多くのデザインされたUML ユースケース図記号が用意されています。正確なダイアグラムやドキュメントを作成するには、これらのシンボルは欠けられないものです。

UML ユースケース図ツールで、多くの専用の記号が提供されています。以下の通りに、UML ユースケース図の記号として、アクター、ユースケース、パッケージ、オブジェクト、システム境界、インターフェイス、制約などをご利用いただけます。

UML ユースケース図記号

UML ユースケース図図形

UML ユースケース図記号

名前
UML ユースケース図記号
説明
アクター
UML ユースケース図記号
サブジェクトと相互作用しているユーザーまたはシステムの演じる役割を表す。
ユースケース
UML ユースケース図記号
システムに対する具体的な働きかけや命令の内容を表す。複数存在する場合は、基本的に動作する順番に記述する。
パッケージ
UML ユースケース図記号
要素をグループ化し、グループ化された要素に名前空間を提供するためのパッケージということである。
オブジェクト
UML ユースケース図記号
一つのクラスまたは複数のクラスのインスタンスを表すモデル要素である。
インターフェイス
UML ユースケース図記号
クラスやコンポーネントなどその他のモデル要素に実行しなければならない操作のセットを定義するモデル要素である。
制約
UML ユースケース図記号
UML モデル要素の意味論を調整するための拡張機能。
ノート
UML ユースケース図記号
コメントやテキスト情報を表す。

以上のUML ユースケース図記号はすべて、Edraw UML モデリングツールでご利用いただけます。これらのベクターの記号を介して、プロで素敵なUML ユースケース図は楽と作成できるようになります。