edraw-max-horizontal
作図ツール
活用教室
製品ツアー
製品最新情報
無料体験
購入

クリティカルパス法とは? - 初心者向けガイド

> プロジェクト管理 知識 > クリティカルパス法とは? - 初心者向けガイド
編集者: 成海 | 更新日:Jan 13,2021
フローチャートを無料で書くならEdrawMax(エドラマックス)

クリティカルパス法とは?

プロジェクト管理のツールの1つは、クリティカルパス法です。 これは、プロジェクトの期間ごとに異なるアクティビティを順序立てしたり、計画したりするのに役立つ用法として受け入れられました。プロジェクトに期限があり多数のタスク(課題)が立ち並んでいる場合、その方針とプロジェクトのタイムラインを定義するのに役立ちます。 課題の解決が遅れると、プロジェクト全体が遅れることがよくあります。プロジェクトの中には複数の方法を有することもありますが、プロジェクトによっては特定する必要のある決定的方法がひとつしかない事もあります。

またクリティカルパス分析とも呼ばれ、こちらはプロジェクトを時間どおりに完了する為に、段階的に作業を特定するプロジェクト管理の手法です。 こちらではプロジェクトの特定のタスクを定義することにより、スケジューリングに対して特定のアプローチをとります。次に、これらはフローチャートの形式で表示され、完了すべき全ての課題の終了推定期間に従ってプロジェクト期間を計算するのに役立ちます。タスクは、プロジェクトの完了に関しての時間配分によって重要性が識別されます。

critical path method


クリティカルパス法の歴史

クリティカルパス分析とその歴史において、このプロジェクトモデリングの手法は50年代後半に導入されました。 この方法は、James E. Kelley Jr.とMorgan R. Walkerによって開発されました。 どちらも有名な企業と協力していて、1989年にCPMまたはクリティカルパス法を共同で形成しました。クリティカルパスプロジェクトマネイジメントの先駆けと呼ぶことができる、プログラムエバリュエーション(プログラムの査定)とレビューテクニック(評価の手法)と呼ばれる方法が同時に開発されました。

クリティカルパス分析は導入以来、航空宇宙、建設、防衛、研究プロジェクト、ソフトウェア開発、製品開発、エンジニアリングなど、さまざまな分野のさまざまなプロジェクトで使用されてきました。相互に依存する働きを含むプロジェクトに適用できる数学的分析法とも呼ばれます。この用語は、プロジェクトまたはネットワークのさまざまな論理図を分析するために使用されています。

クリティカルパス法の重要性

複数の重要なタスクがプロジェクトに含まれている場合、クリティカルパスプロジェクト管理法が提供できるいくつかの利点があり、それはとても一般的なアプローチとなっていま。プロジェクト管理の経験者は、重要なタスクを簡単に特定できると感じているかもしれません。 しかしながら、クリティカルパス分析がプロジェクトの成功に役立つ方法はいくつかあります。

critical path method importance
  • タイムラインの短縮

クリティカルパスプロジェクト管理では、通常、棒グラフが使用されます。これは、クリティカルパスのアクティビティ、タスクの期間、およびその順序を視覚化するのに役立ちます。SmartsheetやEdrawのようなソフトウェアでは、そのようなタスク経路は赤いアウトラインで簡単に見つけることができます。 それらはプロジェクトのタイムラインで際立つように作られ、異なるタスク間の相関関係を示します。 ユーザー(利用者)は、重要なタスク、変更が必要な期間などを知ることができます。

  • リソース管理の改善

これは、クリティカルパス分析が提供するもう1つの利点です。 これにより、可視性が向上し、次に何が起こり、誰がそれに取り組む必要があるかが明確になります。 重要なタスクが特定されて別の人に割り当てられると、プロジェクトマネージャーはより適切な方法でリソースを割り当てることができます。

  • 計画改善

これが、プロジェクト管理でクリティカルパス法がよく採用されるもう1つの理由です。 計画に沿った進捗状況と実際に達成された結果を比較するのに役立ちます。 PMは、完了したタスクを特定し、今後のタスクに必要な時間やタスクを計画または予測できます。 これにより、スケジュールが頻繁に更新され、プロジェクトのタイムラインを効率的に監視するのに役立ちます。

PERT vs クリティカルパス法

プロジェクト管理の一般的な2つの方法は、クリティカルパス法とPERTです。 どちらの方法にも、明確な相違点と類似点があります。

pert chart

  • 類似点

共通点に関しては、どちらも、プロジェクトのタイムラインまたは結果に到達するためのアクティビティの計画または監視を支援するプロジェクト管理手法として定義できます。

  • 相違点

PERTは、不確実なアクティビティと、プロジェクトタイムフレームでそれを処理する方法を考慮したアプローチです。 一方、CPMは、プロジェクトに対して明確に定義されたアクティビティの管理に基づいてプロジェクト管理を行う統計手法として採用されています。 CPMが時間とコストを制御することを目的とする一方でPERTは、計画と制御の手法を扱います。

RTはイベント指向であり、CPMはアクティビティ指向です。 前者は主にイベント駆動型であり、CPMはアクティビティ指向です。したがって、PERTは確率論的モデリングに基づいており、CPMは決定論的モデルです。

その他の違いとしては、PERTは時間に焦点をおきますが、CPMでは主に時間とコストの取引です。 PERTは主に研究開発プロジェクトに使用されますが、CPMは主に造船、土木建設などの非研究プロジェクトに関するものです。

クリティカルパス法の適用方法

以下は、クリティカルパス法がどのように機能するかを示す例です。 それは科学と芸術的側面についてであり、通常はプロジェクトの一部です。 プロジェクトマネージャーは、プロジェクトの品質を維持するために両方のアプローチが調和していること、およびタイムラインに従ってプロジェクトが完了していることを確認する必要があります。

たとえば、コンクリートの労働者が雇われている家のために新しい私道が建設されている場合、その人の賃金と機器のレンタルのコストを考慮する必要があります。 掘削機は数日間レンタルする必要があり、クリティカルパス法を使用してタスクの段階を設定できます。 例:

  • タスクごとにプロジェクトを分割
  • タイムラインと必要なリソースに従ってタスクを推計
  • ネットワーク図を作成
  • ガントチャートまたは棒グラフを作成
  • リソースを平準化
  • スケジュールを圧縮化

卓越したプロジェクト管理ツール-Edrawプロジェクト

Edraw Projectは、クリティカルパス分析に従ってプロジェクトを管理するのに役立つソフトウェアスイートアプリケーションを提供します。 アクティビティを簡単にスケジュールし、プロジェクトのさまざまな部分を監督し、進行状況を敏活に探知・観察できます。

edrawプロジェクト管理

このソフトウェアの利点:

  • Edrawプロジェクトは、ドラッグアンドドロップなどの簡単な機能を提供します。これにより、さまざまなタスクのインデントやアウトデントを簡単に追加して、完了率を設定できます。
  • すべてのタスクにタイムライン設定が可能な為、各サブタスクの進行状況を測定し、計画と監督に役立照ることができます。
  • レポートの作成とプロジェクト情報の取得、概要ビューの取得、他のユーザーとのプロジェクトステータスの共有が可能です。
  • ガントチャートのエクスポートは、MS Officeまたはその他のファイル管理アプリケーションに簡単に実行できます。 また印刷、共有すること可能です。
  • マイルストーンを追加して、さまざまなイベントと段階を印付することが可能です。
  • タスクを重ね合わせ依存性を作成が可能です。またリンクされたものを更新できます。
  • リソース、プロジェクトの重要なポイントを管理し、将来の成長を監督することが可能です。
  • 時間外または標準料金を使用して、コストを管理し、予算を見積もることができます。 プロジェクトのパフォーマンスは、アーンドバリュー管理に従って測定できます。

Edraw Max -- All In One の作図ツール
  • 豊富なテンプレートと図形
  • 様々なファイル形式に対応
  • フローチャート、マインドマップ、組織図などを作成
  • Officeライクの操作感覚 初心者もすぐ使える
クリティカルパス法