ホーム

組織構造設計の6つの要素

どんな会社や団体にも、経営管理上に明確で適切な組織構造が欠かせないのです。この記事では組織構造を設計するときに考慮すべきの6つの要素をご紹介します。これらの基本の要素を考慮してこそ、優れた組織構造を作り出すのは可能です。

組織構造設計の6つの要素

組織図は、組織内の役職配置、構造を示すために使用されるダイアグラムであり、組織内の人、単位間の相互関係を示します。正確でわかりやすい組織図により、有益な情報を迅速に獲得することに役立ちます。組織図を描くときに気をつける必要がある組織構造の6つの重要な要素があります。以下は、組織構造設計のこれらの要素をわかりやすく説明します。

会社組織図

1. 役職の専門化

役職の専門化とは、組織内の各作業、職務、活動を細分して、様々な人に割り当てて、一人でその一部分(一ステップ)を行うことを意味します。各職務を適度で専門化することで、作業の効率性を高め、生産性を向上させることができます。それは組織構造において最も重要な要素の1つと考えられます。

2. 部門化

部門化は、関連のある職務を担当する個体を結びつけてグループすることです。それは、作業の効率化と企業の経営発展に影響を与える可能性があります。機能、地域、製品などの方面から行って、異なる企業には作業活動を分類する様々な方法があります。したがって、部門化の最も適したモデルの選択はきわめて重要です。

3. 命令系統

命令系統は組織構造に上のレベルから下のレベルにつながるチェーンを示しています。それは権威の完全なレイアウトであり、誰が誰に報告するかという明確な指針として機能します。この要素には3つの重要な概念があります。

権威:上位レベルが所有する権利を指し、人々に作業をうまくやるよう指示します。
責任:下位レベルが守るべき義務のことです。
統一された命令:混乱を避けるために各人が1人以下の管理者にのみ報告しなければならないという管理原則です。

4. 管理範囲

管理範囲は、各マネージャーが管理できる人の数と、組織を分割することができる管理サークルの数を決定します。それは組織構造全体を形作ることもあります。

5. 集権化と分権化

これは組織の経営管理などについての意思決定を上位レベルで行うのか、それとも下位レベルでそれぞれの意思決定を行うことを意味します。前者の集権化と後者の分権両方ともメリットとデメリットがありますが、組織の性質に応じて適切で効果的な構造をデザインする必要があります。

6. 公式化

これは、作業がどのように標準化されているか、作業者がどのように行動すべきかということを規則や規定として定着することです。

もっと見る

組織図を使う12個の理由

階層型組織構造

フラット化組織

組織図実例

組織図テンプレート

組織図の作成方法

始めましょう!きっとあなたの愛用ソフトになる!

Edraw Max は多用途の作図ソフトです。フローチャート、組織図、マインドマップだけでなく、ネットワーク図、フロアプラン、ワークフロー図、服装設計、UML 図、電子工学図、科学イラスト、及びチャートとグラフなどのよく使われる図表を作成できます。