edraw-max-horizontal
作図ツール
活用教室
製品ツアー
無料体験
購入

階層型組織構造

> 組織図 知識 > 階層型組織構造
edraw編集者
編集者: Edraw | 2020/07/28

フラット組織は、構造が簡素化され、自由度が高いため、多くの現代の企業やチームに導入されています。今回は、フラット組織の意味、フラット化組織のメリットとデメリットをまとめてご説明します。この記事は、組織構造をフラット化する時のご参考になれるように願っています。 *組織図作成ツール「Edraw Max」を無料ダウンロードできます:

階層型組織とは何?

階層型組織は、従来の企業組織構造形態の一つであり、権威と責任を組織のトップに置き、命令や指示が一つの指揮命令系統を通じて、上から下へと降ります。通常は、社長、部長、課長、係長、一般社員というような階層別に組織されております。この構造モデルはピラミッドのような図式で、「ピラミッド型組織」「ヒエラルキー型組織」と呼ばれることもあります。

階層型の組織は、最も広く使われる組織構造であり、企業組織には基本な構造形態です。その特徴をまとめて言えば、以下の6つのことがあります:

  1. 権力がトップに集中化されます。
  2. 意思決定は上意下達、トップダウンの系統で行われます。
  3. 中間管理層が多く必要です。
  4. 上下関係、階層意識が強くて、職場にはルールや規範が多いです。
  5. 現場の作業がすごく細分化されて、役職が専門化され、多いです。
  6. 階層型の組織を機能別で設計で、機能別のピラミッド型組織が多いです。

階層型組織図


階層型組織のメリット

このピラミッド型組織構造は長い時間に注目されているには、もちろんその理由があります。階層型組織を使う理由を深く考えてみると、以下のいくつかのメリットがあるからのではないでしょうか。

  • 仕事が細かく分けられ、作業の専門性と効率性とも高めます。
  • 問題が起こる場合には責任を区別しやすいです。
  • 職場ルールが明確化されて、社員の行為束縛には便利です。
  • 昇進の流れがはっきりとしているから、企業の人材安定に役立ちます。

階層型組織のデメリット

しかし、階層型組織構造のみ使用する企業は近年少なくなります。マトリックス、機能別、プロジェクト型、フラットなどより豊富な組織構造が生まれてきます。ピラミッド型の組織構造を他の組織形態と組み合わせて、自社に最適な組織を構築する企業も良く見られます。なぜでしょうか?企業の発展や拡大に従って、従来の階層型組織における企業経営管理に影響を与えるデメリットがだんだん顕在化にしていくからです。そのデメリットは以下の通りです。

  • 階層が多くて、意思伝達、意見報告などに時間がかかったり、ずれる恐れもあります。
  • 社員の能動的な考えや行動を一定に抑えます。
  • 上位レベルが下位レベルを評価するのに不正確やあいまいになる可能です。
  • 市場変化、マーケティング戦略調整などに素早く対応しにくいです。
<

階層型組織の使い

前述のピラミッド型組織の特徴、メリットとデメリットを一言でまとめて言えば、階層型組織を企業組織構造の基本として用いるのに悪くはないのに、それしか使わないのはだめです。階層型組織に、優れたリーダー(経営者)が必要とされます。また、会社の規模の拡大に従って、トップにある経営者は会社の隅々までコントロールすることは難しくなるから、大規模の会社には向いていません。 さらに、マトリックス組織、機能別組織、プロジェクト型組織、フラット化組織など他の組織形態と組み合わせて使うのは良いです。そのため、組織構造をピラミッド化にする時に、自社の状況をしっかりと分析しなければならないです。

もっと組織構造を見よう

ピラミッド型組織のほかに、組織構造には、機能別の組織、プロジェクト組織、マトリックス組織、フラット化組織などもっと多くの組織構造形態があります。

機能別組織図 プロジェクト組織図 マトリックス組織 フラット組織
機能別組織図 プロジェクト組織図 マトリックス組織図 フラット化組織

組織図作成アプリを無料ダウンロード: