edraw-max-horizontal
作図ツール
活用教室
製品ツアー
無料体験
購入

フラット化組織

> 組織図 知識 > フラット化組織
edraw編集者
編集者: Edraw | 2020/01/11
フラット組織は、構造が簡素化され、自由度が高いため、多くの現代の企業やチームに導入されています。今回は、フラット組織の意味、フラット化組織のメリットとデメリットをまとめてご説明します。この記事は、組織構造をフラット化する時のご参考になれるように願っています。

フラット組織とは何?

階層やマトリックス組織構造とは異なり、フラット組織とは、階層が少なくて、通常2つまたは3つしかありません。それには指揮命令テーンはあまりありません。フラット組織構造に、トップはビジネスの所有者や総合管理者、その下はトップに報告するマネージャーやチームリーダー、第3層はたくさんのチームメンバーが並列します。

フラット化組織では、中規模の管理レベルが大幅に削減されているため、チームワークとコラボレーションに重点を置いて従業員を中心に考えることができます。複雑な階層を経ることなく、従業員は経営者やビジネスオーナーとの交流が増えます。

フラット化された組織構造は以下の3つの特徴があります:

  1. 意思決定、情報伝達が相対的に速い。
  2. メンバー(従業員)の仕事の柔軟性、自由度が高い。
  3. 階層が少なくて、上下関係にあまり配慮する必要がない。

フラット組織図

フラット組織のメリット

なぜフラット組織を使うのでしょうか?そのメリットを考えると、最初に頭に浮かぶのは階層が少ないため、管理には便利であるのでしょう。でも、もっと深堀りしていくとさらに多くの利点が出てくると思います。

社員から見ると

  • 仕事上に個人的な柔軟性、自由度が高くなります。
  • 自分の能力を十分に活かすのは可能で、モチベーションを向上させます。
  • 上下関係などへの配慮は少ないです。

企業から見ると

  • 組織内の情報交流が便利、意思伝達など上のずれを避けることができます。
  • 意思決定を迅速に行えます。
  • 市場変化、マーケティング戦略調整などに素早く対応可能です。
  • 異なるチーム間でリソースの活用、共有が可能です。
  • 中間管理職を雇うことから多額の費用を節約できるので、コスト節約です。
  • 構造は非常に柔軟で、プロジェクトの変化に対応して組織構造を簡単に調整できます。

フラット組織のデメリット

上記の通り、そんなに多くのメリットがありますのに、どんな会社にも適切な組織構造ではないのです。なぜならば、以下のデメリットも考えなければならないからです。

  • 情報の共有性と透明性のため、機密情報の管理に工夫を施す必要があります。
  • 社員が高い自律性を持っていなければ、作業はうまく進めないです。
  • 自由すぎるなら、社員の行動を把握しにくくて、会社の経営管理上にはかなり困難があります。

いつフラット化組織構造を選ぶ

上記の通りに、フラット組織構造は社員と企業両方にも多くのメリットがあり、会社管理に無視できないデメリットも少なくないのです。そのため、組織構造をフラット化する時に、自社の分野、業態、規模、管理方法、社員状況などいろいろなことを考慮する上に選択をしてください。一般的には、フラット組織を選ぶことができる会社は以下のいくつかの種類です。

  • 初期段階に立ち上げた企業;
  • 小規模の企業;
  • プロジェクトが主要な経営活動であり、ソフトウェア開発などIT業界の企業;
  • 個人的な事業。

もっと組織構造を見よう

フラット組織のほかに、組織構造には、ピラミッド組織(階層組織構造)、機能別の組織、プロジェクト組織、マトリックス組織などもっと多くの組織構造形態があります。

機能別組織図 プロジェクト組織図 マトリックス組織 ピラミッド型組織図
機能別組織図 プロジェクト組織図 マトリックス組織図 ピラミッド型組織図