edraw-max-horizontal
作図ツール
活用教室
製品ツアー
製品最新情報
無料体験
購入

P&ID図作成ツールEdrawMax

    • 豊富なテンプレートと図形
    • 様々なファイル形式に対応
    • 初心者もすぐ使える
ビデオを見る

PID とは - 配管計装図の基本事項

> P&ID 知識 > PID とは - 配管計装図の基本事項
edraw編集者
編集者: Edraw | 2020/10/12
P&IDは配管計装図も呼ばれ、標準な専用記号で配管プロセスと他の機器や計測器との相互作用を示すダイアグラムです。配管計装図はエンジニアリングにおいて重要な役割を果たします。例えばプロセスを制御するためにその相互作用を示すなどです。具体的にはプロセスプラントと配管システムの設計など、工業プロセスを示す場合によく使われます。
P&ID図作成ツールEdrawMax」を使えば、素早く簡単に配管計装図を作成することができます。今すぐ無料トライアルを開始し、配管計装図を作成してみましょう。

フローチャートを無料で書くならEdrawMax(エドラマックス)

PIDソフト


Part 1: PFDとP&ID の違い

計測の詳細は、設計の複雑さの程度によって異なります。例えばデザインを簡略化や概念化することはプロセスフロー図(PFD)と呼ばれます。設計や概念設計では、完全に開発された配管計装図(P&ID) より、PFDの方が詳細な情報が少ないのです。つまり、PFDはプロセスの仕組みを理解するためにのみ使用される一方で、P&IDは配管、計装およびシステム機器のコンポーネントの機能的関係を具体的に示します。

Part 2: P&ID 記号

P&ID 記号の意味を知る

P&IDをより深く理解するには、配管計装図で使用されている記号を解読する必要があります。

アルファベットと数字の組み合わせは各グラフィック要素の内側に表示されます。アルファベットの組み合わせはISA 規格で定義されています。番号はユーザーに割り当てられ、スキームは異なります。一部の企業はシーケンシャルナンバリングを使用しており、他の企業はプロセス番号に機器番号を結びつけています。またユニークで時にはあまり見かけないナンバリングシステムを採用している企業もあります。解析(A)、流れ(F)、温度(T)など頭文字で測定や開始変数を定義します。インジケータ(I)、レコーダ(R)、送信機(T)など後続の文字で読み出し、受動的、または出力関数を定義します。

フローチャートを無料で書くならEdrawMax(エドラマックス)

アルファベット付きのP&ID記号の一覧

アルファベット付きのPID 記号

Part 3: P&ID について

P&ID に必要なもの、必要でないものとは?

P&ID テンプレート

P&IDは、プロセス産業でよく使用される用語です。製造会社のプロセスエンジニアは、現存するP&IDをプラント改造のために新規作成や修正する必要があります。化学工学や関連工学の学生であれば、それらについて学ぶ機会や、少なくとも耳にすることがあるでしょう。P&IDは施設の設計、構築、作動に必要なハードウェアとソフトウェア(配管、機器、計装など)を含む、詳細なプロセスを示すグラフィックです。

1) P&ID に必要なもの

  • 計装及び指定;
  • 名前と番号付きの機械設備;
  • すべてのバルブとその識別;
  • プロセス配管、サイズ及びその識別;
  • その他 - 通気口、排水口、特殊付属品、サンプリングライン、減速機、増速機及びスエージャー;
  • 恒久的なスタートアップとフラッシュライン;
  • 流れの方向;
  • 相互接続の参照;
  • 制御入力と出力、インターロック;
  • 耐震カテゴリー;
  • クラス変更のためのインタフェース;
  • 品質レベル;
  • 告知の入力;
  • コンピュータ制御システム入力;
  • ベンダーと請負業者のインターフェース;
  • 他人が提供するコンポーネントやサブシステムの識別;
  • 意図された機器の物理的シーケンス;
  • 機器の定格または容量。

2) P&ID に必要でないもの

  • 計器ルートバルブ;
  • 制御リレー;
  • 手動スイッチ;
  • 一次計器配管及びバルブ;
  • 圧力温度及び流量データ;
  • エルボー、ティー及び同様の標準的な継手;
  • 様々な説明メモ。
フローチャートを無料で書くならEdrawMax(エドラマックス)

P&ID の役割

P&IDによって、配管システムなど相互接続された産業プロセス機器を視覚的に表現することができます。具体的には以下9つの役割を果たします。

  • 計測器のプロセスを全員に明らかにする。

  • プロセス中に発生するすべての関連操作のシーケンスを表す。これは分析可能な情報も含む。

  • プロセスの範囲を特定することができる。

  • 材料に起こる事柄を提示する。

  • デザインに組み込まれた仕様、標準、詳細を統合させる。

  • チームワークとコミュニケーションを促進させる。

  • 主要設備、プロセスライン、主制御ループの配置図をグラフィカルに表示する。

  • プロセスで継続的に使用されるユーティリティを改善させる。

  • 建設材料に関するすべての詳細を掘り下げる。
フローチャートを無料で書くならEdrawMax(エドラマックス)

P&ID 図の作成方法

P&IDを作成する最も便利で簡単な方法は、「P&ID 図のテンプレート」を活用することです。今すぐP&ID図作成ソフトEdrawMaxを無料ダウンロードし、P&IDの作成を作実践してみましょう。

P&ID 記号を図面ページにドラッグし、配管でバルブと計器などを接続します。

装置、配管、バルブ、計器の周りにテキストを追加することで、配管計装図をよりわかりやすく視覚化することができます。

フローチャートを無料で書くならEdrawMax(エドラマックス)

Edraw Max -- All In One の作図ツール
  • 豊富なテンプレートと図形
  • 様々なファイル形式に対応
  • フローチャート、マインドマップ、組織図などを作成
  • Officeライクの操作感覚 初心者もすぐ使える