edraw-max-horizontal
作図ツール
活用教室
無料体験
購入

P&IDの読み方 - 配線計装図をすばやくわかる

> pid How-Tos > P&IDの読み方 - 配線計装図をすばやくわかる
編集者: Edraw | 2020/03/25

製造業界において、配線計装図やプロセスフローはよく見られます。仕事をうまく進めるために、P&IDを見てすばやく理解することは必要不可欠です。この記事ではそんなP&IDの読み方について詳しく説明しています。習得することで、P&ID初心者でも図面をすぐに読み取れるようになります。

Part1:P&ID図面の読み方

P&IDとは、設備、機械、バルブなどを示す専用の記号と配管を使用し、それらのコンポーネントの関係を構築して、工業製造のプロセスを可視化で表現するものです。以下では、配線計装図をどうのように見るのか、P&IDの読み方について解説していきます。

① P&ID記号の意味を知る

冒頭で述べた通り、P&ID図面を設計するには多くの専用記号が欠かせません。この視点から見ると、P&ID図面を読み取るために、これらのP&ID記号、及びその流れを理解することは非常に肝心です。一般的にP&IDには、ポンプ、熱交換機、撹拌機、粉砕機、容器、圧縮機、フィルター、モーターなどの機械設備、またバルブと配管、及び様々な計器が含まれます。

バルブは「8」型の形状で示されます。手動、玉形、回転、ボール弁など様々な種類があります。P&ID図面にバルブを使うことで、プロセス中のコントロールポイントを明確にします。

PIDバルブ記号

配管は直線で示されます。ラインの太さに応じて主管路、副管路などの表示が違います。配管を使って、設備間のプロセスの流れを表示します。

PID配管記号

計器は円の中に直線(実線、点線)が書かれた形状で表示されます。線の上下2つの部分に文字と数字が記載されていることもあります。P&IDにおいては、温度、圧力などを測る場合に使われます。

PID計器記号

② 記号の標記を理解する

以上の記号の意味を明確にするだけでは、P&IDにおけるプロセスを深く理解することはできません。記号に対応するそれぞれの標記について把握する必要があります。P&ID図面における記号の標記には、設備(管路、計器など)の名称、機能、番号などが含まれます。

設備記号には、その種類や名称を示す文字略語、及びその番号が含まれます。

例:PT-102

PTは圧力伝送器を表し、102は1あるいは01プロセスの2つ目の設備を示します。

配管の標記には、その管路の口径、材質、流体の種類などの情報が組み込まれています。
例:PL1031-300-B2E
  PLは配管の流体を示し、1031は管路の位置番号を示し、300は管路の口径であり、B2Eは管路のレベルを表示します。

計器の記号には、円の中の線に応じて、上部に計器の文字略語、下部にその番号の数字が付きます。
例:

PID計装記号標記 

PCは圧力制御で、計器の機能を示し、55は計器のループ番号です。

以下はP&IDによく使われる文字略語の意味の一覧表です。

文字記号
変量表示
変量修飾表示
機能表示
A
警報
B
状態表示、運転表示
C
調節
D
密度、比重
E
電気的量
検出
F
流量
比率
G
位置、長さ
ガラス
H
手動
I
指示
J
自動走査
K
時間
L
レベル
M
水分、湿度
N
任意選択
任意選択
O
任意選択
制限オリフィス
P
圧力、真空
試料採取点、測定点
Q
品質
積算
積算
R
放射線
記録
S
速度(回転数、周波数)
スイッチ
T
温度
伝送
U
多種の変量
多機能計器
V
粘度
バルブなどの調節設置
W
質量、力
保護管
X
不特定の変量
その他の機能
Y
任意選択
演算
Z
安全又は緊急

③ プロセスの流れを大まかに知る

ここまで述べた内容は、P&ID図面を読み取るための基本、またはその前準備といえます。以下ではP&IDを実際に読み始めていくための内容を触れていきます。
一般的にP&IDには、配線計装図図面の以外にタイトル、設備一覧表などといったプロセスについての情報があります。そのタイトル、関連のあるファイルなどを活かして情報を理解することで、P&ID図面が表示しているプロセスの流れが大まかに分かるようになります。

④ 主要な管路に応じて見る

最後に、管路に応じてP&IDを見ていきます。P&IDにおける設備は通常、配管の接続と共に、左から右に配置するというP&ID図面の作成ルールがあります。そのため、P&IDは左から右、上から下まで、管路の接続に沿ってプロセスの流れを読むようにしてください。


Part2:P&IDの使用事例

以下では「Edraw P&ID作成ソフト」で作成された、いくつかのP&ID使用事例を挙げています。これまで説明してきた見方を参照に、配線計装図を読み取ってみましょう。

① プラントP&IDテンプレート

Plant PID

② 発電 P&ID

Power Generation PID

さらにP&ID事例を詳しく見てみましょう。



いかがでしたか?この記事では、P&IDの読み方について基本的な知識をメインにご紹介してきました。無料でダウンロードできる「Edraw P&ID作成ソフト」には、P&ID使用事例が数多くあります。ぜひ本ページで身につけた基礎知識を活かし、配線計装図の読み取りにチャレンジしてみてください。

製造業界で多用されるP&IDの基礎知識の習得で、あなたの仕事がより効率的に進んでいけるよう、この記事がお役に立てると嬉しいです。



Edraw Max -- All In One の作図ツール
  • 豊富なテンプレートと図形
  • 様々なファイル形式に対応
  • フローチャート、マインドマップ、組織図などを作成
  • Officeライクの操作感覚 初心者もすぐ使える