マインドマップ How-Tos

Microsoft Officeでマインドマップを作成する方法

マインドマップは、アイデアや情報を整理し、視覚的に表現するための強力なツールです。ビジネスマン、学生、教師など、さまざまな人々が日常的に使用しています。この記事では、Microsoft Officeを使用してマインドマップを作成する方法について詳しくご紹介します。

関連記事 Word(ワード)でフローチャートを作成する方法

方法1. [挿入-図形]で作成する 

対応ソフトワード、エクセル、パワポワード、Onenote

Microsoft Officeでマインドマップを作成する最も基本的な方法は、[挿入]タブから[図形]オプションを選択して図形を手動で描画することです。この方法は手間がかかるかもしれませんが、完全なカスタマイズを可能にします。

具体例:[挿入]-[図形]でマインドマップを作成する手順

以下に、Microsoft Wordでマインドマップを作成する基本的な手順を示します。

1.形状の挿入: メニューバーの[挿入]をクリックし、ドロップダウンメニューから[図形]を選択します。

形状の挿入

2.図形のコピペを繰り返す

図形のコピペ

3.図形を配置する: 構造をデザインして、トピックを配置します

図形を配置

4.図形の接続: [挿入] - [図形] - [線]を選択し、中心的な図形とサブトピックの図形を接続します

図形の接続

5.テキストの入力とデザインの調整: 必要に応じて、図形の色、サイズ、線のスタイルなどを調整します。

以上の手順で、Wordを使用してマインドマップを作成することができます。これにより情報を視覚的に整理し、アイデアを明確に表現することが可能になります。

方法2.SmartArtのプリセット図形を使用する

対応ソフトワード、エクセル、パワポ

もう一つの方法として、Microsoft OfficeのSmartArt機能を使用することが挙げられます。SmartArtは、ビジュアルを作成する際に役立つプリセットの図形とレイアウトを提供します。これを使用すれば、手動で図形を描画する手間を省き、プロフェッショナルな見た目のマインドマップを短時間で作成することが可能です。

具体例:SmartArtでマインドマップを作成する手順

以下に、Microsoft wordでSmartArtを使用してマインドマップを作成する基本的な手順を示します。Powerpointもexcelも同じくSmartArtを備えますので、ここは例として、wordでマインドマップを作成する手法を解説します。

1.SmartArtの挿入: メニューバーの[挿入]をクリックし、ドロップダウンメニューから[SmartArt]を選択します。

SmartArtの挿入

2.図形の選択: SmartArtのグラフィックとレイアウトのオプションからマインドマップに適した図形を選択します。ここでは、「階層構造」の「横方向階層」を選択します。

SmartArtの挿入

3.デザインの調整とテキストの入力:左上の「テキスト ウインドウ」をクリックし、Enterを押すと、トピックを追加します。

SmartArtの挿入

以上、Microsoft Officeを使ったマインドマップを作成する方法を紹介しました。いかがでしょうか。実はより早く、よりきれいなマインドマップを作成する無料ツールがあります。専門ツールに任せば、オンライン共同ブレストや思考整理を実現することができます。それを紹介する方法3を見ていきましょう。

関連記事: ブレストのやり方を徹底紹介

方法3.簡単かつ効率!EdrawMindで作成したマインドマップをOfficeに導入

EdrawMindは、専門的なマインドマップソフトウェアであり、豊富なテンプレートやプリセットスタイルを備えています。このソフトウェアは操作が簡単で、マインドマップの制作効率を大幅に向上させることができます。

以下の手順に従ってマインドマップを作成した後、PNGやJPGとしてエクスポートして、Microsoft Officeにインポートするか、ワードとして直接的にエクスポートすることもできます!

早速ですが、下の青いボタンから無料マインドマップツールをダウンロードしてマインドマップをパパッと作りましょう。

safe-blue-iconプライバシー保護 | マルウェアなし

1.  EdrawMindを開き、新規プロジェクトを作成します。

2.  マインドマップの中心となるテーマを選び、そのキーワードやアイデアを入力します。マップのレイアウトも自由に選べます。

SmartArtの挿入

3.  主要なアイデアからEnterを押すとサブトピックを追加します。関連線は自動的に接続されます。

4.  各ノードに具体的な詳細やアイデアを追加します。加えて、色や形、記号を使って情報を分類したり、強調したりすることもできます。

SmartArtの挿入

5.  作成したマインドマップは、ワード、パワポ、JPEG、PDF、HTMLなどの形式でエクスポートすることも可能です。

SmartArtの挿入

以上はただ、EdrawMind機能について、基本のキを紹介しました。もちろん、専用のマインドマップ作成ソフトとして、それだけでなく、更なる高級機能が備えます。 AI機能を用いて、ワンクリックでマインドマップを生成したり、マインドマップをPPTやビデオに変換することが可能です。また、オンラインで複数のメンバーが同時に作図を行うこともサポートしています(>>> オンライン版の入り口)。このような機能を備えたEdrawMindは、アイデアの整理や情報の分析に役立ちます。

無料版もありますので、課金したくない方も機能を体験できますので、ぜひ以下のボタンから無料版をインストールして活用してください。

safe-blue-iconプライバシー保護 | マルウェアなし

Microsoft Officeでマインドマップを作成するのが十分なのに、なぜ専用のソフトがおススメ?

①簡単かつ効率:上記の方法で、MSソフトでマインドマップを作成する時、トピックの配置、接続線などの操作は若干、手間がかかるでしょう。専用ソフトの場合、そういう心配は要りません。ショートカットキーでパパッと作れます。

②カスタマイズ:搭載した様々なテンプレートを利用することで、よりきれいなマインドマップを作成できます。

③さらなる高級機能:みんなで共同編集、ガントチャート、AI機能など

神ってる!AI機能でマインドマップは自動生成?!

safe-blue-iconプライバシー保護 | マルウェアなし

4.効果的なマインドマップを作成するためのヒント

1.  中心テーマを明確にする:マインドマップを作成する際には、まず中心となるテーマを明確にしてください。すべてのアイデアや情報はこのテーマから発展していきます。

2.  シンプルに保つ:情報を効果的に視覚化するためには、マインドマップはシンプルであることが重要です。情報を整理し、主要なポイントだけをハイライトしてください。

3.  色とイメージを利用する:色を使って情報をグループ化すると、マインドマップの見た目が良くなり、情報の理解が深まります。また、イメージやアイコンを使って情報を象徴することで視覚的な印象を強めます。

4.  階層構造を作る:主要なアイデアから派生するアイデアを階層化して表現します。これにより、情報の関連性と優先度が視覚的に理解しやすくなります。

5.  定期的にレビューする:マインドマップは一度作成したら終わりではありません。新しい情報が得られたときや視点が変わったときに更新することで、常に最新の状態を維持します。

これらのヒントを利用して、マイクロソフトOfficeを使って効果的なマインドマップを作成しましょう。

まとめ

この記事では、Microsoft Officeを使用してマインドマップを作成する方法について紹介しました。マインドマップはアイデアの整理や情報の視覚化に役立つ強力なツールであり、Microsoft Officeのさまざまな機能を活用することで効果的なマインドマップを作成することができます。是非、これらの手法を試してみてください。より効率的なマインドマップ作成を求める方にはEdrawMindがおススメです。

safe-blue-iconプライバシー保護 | マルウェアなし
関連記事