プロジェクト管理 How-Tos

Googleスプレッドシートを使ったガントチャートの作り方

この記事ではGoogleスプレッドシートを使ったガントチャートの作り方を2つご紹介しますので、ぜひ最後まで読んでいただければと思います。

方法1 スプシのタイムライン機能を使ったガントチャートの作成方法

Googleスプレッドシートには、ガントチャート作成に便利な「タイムライン」機能があります。まず、新しいスプレッドシートを作成し、タスク名、開始日、終了日、期間、担当者などの必要な情報を入力します。

Googlesheetタイムライン機能を使ったガントチャートを作成:データを入力

1行目を選択し、「挿入」メニューから「タイムラインの挿入」をクリックすると、タイムラインの設定画面が表示されます。

Googlesheetタイムライン機能を使ったガントチャートを作成:タイムラインの挿入

ここで、開始日、終了日、タスク名の列を指定し、「OK」をクリックすると、自動的にガントチャートが生成されます。タスクの期間は横棒で表示され、開始日と終了日の位置に応じて棒の長さが決まります。タスクの順序は、スプレッドシートの上から下に並んでいる順番で表示されます。

Googlesheetタイムライン機能を使ったガントチャートを作成:開始日、終了日、タスク名の列を指定

Googlesheetタイムライン機能を使ったガントチャートを作成:ガントチャートの完成

生成されたガントチャートは、自由にカスタマイズできます。タイムラインの設定画面から、表示期間や日付の単位(日、週、月など)を変更したり、色やスタイルを調整したりできます。また、スプレッドシートのデータを変更すれば、それに応じてチャートも自動的に更新されます。

Googlesheetタイムライン機能を使ったガントチャートを作成:カスタマイズする

さらに、Googleスプレッドシートの関数や条件付き書式を使えば、より高度なガントチャートを作ることもできます。例えば、SUMやAVERAGEなどの関数を使って、タスクの進捗率や予算の消化率を計算したり、条件付き書式を使って、期限が近いタスクを強調表示したりできます。

また、こんな方法でガントチャートを作成したい場合は、ビジネスプランに加入する必要があるが、簡単なガントチャートであれば個人プランでも条件付き書式を使って作成可能です。方法2では「関数と積み上げグラフ」を使った作り方を紹介します。

方法2 関数+積み上げグラフ

関数+積み上げグラフ

Step1: テーブル1(原始データ)を作成

タスク、開始日、終了日の3つの列を用意し、各セルにプロジェクトの詳細情報を記入してください。

「関数+積み上げグラフ」でガントチャートを作成

Step2: 関数を使用してテーブル2(加工されたデータ)を作成

前のテーブルの隣にまたは下に、テーブル2を作成します。このテーブルには、ガントチャートを生成するための3つのヘッダーがあります:タスク、開始日(各工程のプロセスが開始する日数)、およびタスクの期間(日単位)。

「関数+積み上げグラフ」でガントチャートを作成

以下の関数を使用して、テーブル2を簡単に作成できます。

B8 = INT(B2)-INT($B$2)

C8 = (INT(C2)- INT($B$2))- (INT(B2)- INT($B$2))

B8/C8 の右下にカーソルを合わせると「+」が表示されるので、入力したいセルまでドラッグします。 

Step3: テーブル2を元に積み上げ横棒グラフを作成

テーブル2を選択して、「挿入」>「グラフ」>「積み上げ横棒グラフ」の順番で進みます。

「関数+積み上げグラフ」でガントチャートを作成

「関数+積み上げグラフ」でガントチャートを作成

Step4: 積み上げグラフの色を変更してガントチャートを作成

青色の部分を「白」で塗りつぶします。

「関数+積み上げグラフ」でガントチャートを作成


「関数+積み上げグラフ」でガントチャートを作成

方法3 EdrawMaxガントチャート機能

EdrawMaxは、ガントチャートの作成に特化した強力なソフトウェアです。直感的なインターフェースと豊富な機能を備えており、プロジェクト管理に必要なあらゆるツールが揃っています。

safe-blue-iconプライバシー保護 | マルウェアなし

まず、EdrawMaxを起動し、テンプレートギャラリーから「ガントチャート」を選びます。

EdrawMaxガントチャート機能
すると、プロジェクトの開始日と終了日を入力する画面が表示されます。日付を入力し、「OK」をクリックすると、ガントチャートの基本的な枠組みが作成されます。

EdrawMaxガントチャート機能

次に、タスクを追加していきます。タスクバーをダブルクリックすると、タスク名、期間、開始日、終了日、担当者などの詳細を入力できます。タスクの期間は、バーの長さを調整することで変更できます。また、タスク間の依存関係を示す矢印を引くこともできます。これにより、あるタスクが完了しないと次のタスクが始められないことを視覚的に表現できます。

EdrawMaxには、プロジェクトの進捗状況を管理するための便利な機能が多数用意されています。例えば、タスクの進捗率を設定し、完了したタスクにチェックマークを付けることができます。また、クリティカルパスという、プロジェクトの完了に直接影響を与えるタスクの経路を自動的に計算し、赤色で強調表示してくれます。これにより、プロジェクトの遅延を防ぐために注意すべきタスクを一目で把握できます。

さらに、EdrawMaxでは、ガントチャートを様々な形式で出力できます。PNG、JPEG、PDFなどの一般的な画像形式に加え、HTMLやExcelファイルとしても保存できます。これにより、チャートを他のドキュメントに挿入したり、Web上で公開したりすることが可能です。

そのほかにも、フローチャート、マインドマップ、UML図、電気回路図など、あらゆる図表の作成に対応。直感的な操作性と多彩なテンプレートで、プロフェッショナルな資料作りをサポートします。

プロフェッショナルなガントチャートを作成するなら、EdrawMaxが最適です。Googleスプレッドシートよりもはるかに多くの機能を備えており、初心者でも簡単に使いこなせます。プロジェクトの成功に欠かせないガントチャート作成に、ぜひEdrawMaxを活用してみてください。

まとめ

GoogleスプレッドシートはWebブラウザ上で動作する無料のツールです。スプレッドシートにタスクの情報を入力し、タイムラインチャートを挿入することでガントチャートを作成できます。しかし、本格的なプロジェクト管理には機能不足が否めません。例えば、タスク間の依存関係を示す矢印の設定や、クリティカルパスの表示などができません。また、見栄えのいいチャートを作るには、ある程度のスキルが必要です。

一方、EdrawMaxはガントチャート作成に特化したソフトウェアです。直感的なインターフェースと豊富な機能を備えており、プロフェッショナルなチャートを簡単に作成できます。タスクの期間や順序、担当者などの詳細を設定し、タスク間の依存関係を矢印で示すことができます。また、進捗率の設定やクリティカルパスの表示など、プロジェクトの進捗状況を管理するための便利な機能が多数用意されています。

EdrawMaxには、100以上のガントチャートテンプレートが用意されており、用途に応じて最適なデザインを選べます。初心者でも迷わず操作できるよう、ボタンやメニューが適切に配置されています。さらに、チャートの色やスタイルを自由にカスタマイズできるので、見栄えのいいチャートを作ることができます。作成したチャートは、PNG、JPEG、PDFなどの一般的な画像形式で出力できるほか、HTMLやExcelファイルとしても保存できます。

また、オンラインヘルプやチュートリアルビデオも充実しているので、ガントチャートの作成方法をすぐにマスターできるでしょう。プレゼンテーション資料、レポート、提案書など、ビジネスに必要なドキュメント作成におすすめのツールです。ぜひ一度お試しください。

safe-blue-iconプライバシー保護 | マルウェアなし
関連記事