基本電気記号とその使い方

アース電極、電極、バッテリ、電源、理想電源、抵抗器などが挙げられて、たくさんのデザインされた基本電気回路記号が用意されています。正確なダイアグラムやドキュメントを作成するには、これらの標準なシンボルは欠けられないものです。

Edraw 電気回路設計ソフトにおいて、アース電極、電極、バッテリ、電源、理想電源、抵抗器、減衰器、アンテナ、コンデンサなど様々な専用の基本電気回路記号をご利用いただけます。これらのプロな記号は電気回路図を設計する時に、非常に役に立ちます。電気回路図を作る前に、準備として、まずはこれらの記号をちょっと了解しましょう。

基本電気記号

アース電極、電極、バッテリ、電源、理想電源、抵抗器、可変抵抗器、減衰器、コンデンサ、アンテナ、ダイオードLED、水晶振動子などの基本の電気記号及びその使い方を一覧してみましょう。

基本電気記号

名前
基本電気記号
説明
アース電極
アース電極
地面に信頼性のある導電経路を提供するために、地中に部分的に埋め込まれた金属板、水道管、または他の電気導体である。
電極
電極
電流を発生させる、または電気分解のために使用される電解質に浸された電極を含む装置である。
電池
電池
1つ以上のセルからなる容器であり、それにおいて化学的のエネルギーが電気に変換されて、電力源として使用される。
電源
電源
電流と電圧を供給して、電源が無いと回路は動かない。それに直流電源と交流電源がある。
理想電源
理想電源<
損失のない電流または電圧(電池など)の理論的概念であり、完全な電圧または電流供給源である。理想電源が自然界には存在しないため、分析目的でのみ使用される。理想電圧源と理想電流源がある。
抵抗器
抵抗器
電流の通過に対して抵抗性を有する装置である。主に流れる電気の量を調整し、回路が正しく動くようにするために使用される。電気を妨げる大きさは「抵抗値」、「R」で表される。単位は「Ω」(オーム)である。
コンデンサ
コンデンサ
電気を蓄え、放出する働きをする。また、直流の電流を通さないので、直流電流に対しては絶縁(電気を完全に通さない)の働きをする。
アンテナ
アンテナ
電力を電波に変換する電気装置であり、逆もまた同様である。

以下は電気回路図でよく使われるいくつかの基本電気記号です。

よく使われる基本電気記号

どうやって基本電気記号を使用して電気回路とそのコンポーネントの回路図を作成するのか、以下例を挙げて説明させていただきます。例えば、3つの電球を含む回路に電力を供給するために、3つのD-セルがバッテリパックに入れられます。 各電球は、それぞれの抵抗器記号によって表されます。直線により、バッテリの両端に抵抗器が接続されます。

まず、回路図で使用する必要がある電気記号(この例ではバッテリー、抵抗器)を選択します。 次に、コネクタツールを使用してこれらの記号を接続してから、次の図のようになります。電気回路図を得ます。

電気回路図実例

電気-スイッチとリレー記号

メーク式接点、ブレーク式接点、直流高速度遮断機、SPST、SPDT、DPST、DPDTなど電気回路においてスイッチ記号もご利用いただけます。

電気-スイッチとリレー記号

名前
スイッチとリレー記号
説明
メーク式接点
北
電気回路内の接続したり、切断したりするための装置である。
ブレーク式接点
エアコン位置
必要時に回路の一部をシステムから分離するメカニカルスイッチである。電気絶縁装置は、安全な作業のために、システムの一部を休止状態から分離する。
SPST
固体壁
単極単投スイッチである。
SPDT
交差階段
単極双投スイッチである。
DPST
手すり
双極単投スイッチである。
DPDT
エレベーター
双極双投スイッチである。

電気-伝送経路記号

よりプロな電気回路図を作成するため、線、接合点、端子、テストポイント、フロー、ケーブルなど伝送経路についての記号も提供されます。

電気-伝送経路記号

名前
電気-伝送経路記号
説明
北
回路内のコンポーネントを接続するために使用される。
テストポイント
交差階段
回路の状態を監視したり、テスト信号を導入したりするために使用される電子回路内の場所である。
フロー
エレベーター
外向きの流れ及び内向きの流れを意味する。

素敵な電気回路の記号を求めていますか? Edraw における電気回路の記号はプロで完全です。これらの専用の記号により、すばらしくてわかりやすいダイアグラムとプレゼンテーションが出来上がります。さあ、電気回路図作成ソフトをダウンロードして、すべての電気記号を見ましょう。今すぐ無料体験

もっと見る

スイッチ記号

標準な電気回路記号

電気回路図の読み方

PID 記号

電気配線図記号

始めましょう!きっとあなたの愛用ソフトになる!

Edraw Max は多用途の作図ソフトです。フローチャート、組織図、マインドマップだけでなく、ネットワーク図、フロアプラン、ワークフロー図、服装設計、UML 図、電子工学図、科学イラスト、及びチャートとグラフなどのよく使われる図表を作成できます。

Top