edraw-max-horizontal
作図ツール
活用教室
無料体験
購入

電気配線図記号とその使い方

> 回路図 記号 > 電気配線図記号とその使い方
編集者: Edraw | 2020/05/25

電気配線図には、ライト、アウトレット、スイッチ、コンセントなどが挙げられて、たくさんの標準な電気配線図記号が用意されています。素敵な電気工作物の施工図、ダイアグラムやドキュメントを作成するために、これらの記号と図形は欠けられないものです。

1. 電気配線図記号

電気配線作成ソフトにおいて、ライト、アウトレット、スイッチ、コンセントなど、豊富なあらかじめデザインされた電気配線図記号をご利用いただけます。これらの図形はユーザーが住宅電気配線を計画する時に、非常に役に立ちます。電気配線図を作成し始める前に、準備として、まずはこれらの記号をちょっと了解しましょう。 *以下のボタンから電気配線作成ツール「Edarw Max」をダウンロードできます。

1.1 電気と通信記号

電気配線記号

1.2 照明記号

電気配線記号 照明

1.3 壁、骨組、構造図形

電気配線図記号

これらのシンボルは、施工図だけではなく、間取り電気回路図セキュリティ設備避難経路図天井伏図給排水など幅広く使われています。すぐにこの電気配線図作成ソフトをダウンロードして、すべての電気配線図記号を一覧しましょう。


2. 電気配線図記号を使うのに注意すべきポイント


  • 天井取付ライト、屋外照明、非常灯など照明記号を配置する時に、その位置、数量、高さ、及びその位置に対応する照明器具のスタイルなどのことを注意すべきのです。
  • スイッチ記号を追加するときに、その位置は使いやすいのか、そのスタイルはその機能に適しているのかなど、きちんと確認する必要があります。
  • コンセントを配置する前に、家電機器の位置、高さ、数量、タイプなどを考えておくのはお勧めです。それによって、コンセントの数量、種類、位置などを決めます。



3. Edraw電気配線図記号の特徴まとめ

Edrawに内蔵の電気配線記号はすべてベクターベースで設計されたので、「カスタマイズ」という特徴があります。具体的には、以下の5点で説明します。

3.1 色が変更可能

図形の塗りつぶしは、ショートメニューにける「スタイル」のボタンでお気に入りの色を選らんワンクリックで変更できます。

記号の塗りつぶしを変更する

3.2 サイズが調節可能

図形を選び当てて、ハンドルをドラッグして、表示効果を壊すことがなく図形をご要望によって任意のサイズに調節できます。

サイズを調節する

3.3 記号が分解/組合せ可能

記号に分解(グループ化解除)、組合せ(グループ化)という操作を行えます。コンポーネントを取り出したり、新しい要素を加えたりして、新たな記号を作成できます。

配線記号を分解する

3.4 自らで設計可能

鉛筆、万年筆など図形のデザインツールを介して、ユーザーは自らで図形を設計することも可能です。

図形デザインツール

以上の電気配線図記号はすべて、Edraw 電気配線ソフトでご利用いただけます。これらのプロでベクターの記号を介して、素敵な電気配線図を設計することはかなり簡単になります。


Edraw Max -- All In One の作図ツール
  • 豊富なテンプレートと図形
  • 様々なファイル形式に対応
  • フローチャート、マインドマップ、組織図などを作成
  • Officeライクの操作感覚 初心者もすぐ使える