Visio ファイルをPowerPointに変換する方法 - Edraw

> その他 How-Tos > Visio ファイルをPowerPointに変換する方法 - Edraw
編集者: Edraw | 2019/12/30

Edraw Maxは、Visio を使わないでVisioファイルを開き、編集、PowerPointに変換する簡単な方法を提供します。

皆様のご存知のように、Visio はフローチャート、ネットワーク図、間取り図、電気回路図などを作成するためのパワフルツールです。そのファイルは様々な場合によく用いられますが、Visio ファイルはVisio だけで開けないのです。そのため、Visio ファイルをWord、PPT、Excel、PDFなど読み込みしやすい常用の形式に変換して利用することはお勧めです。Visio というソフトがあれば、直接エクスポートしていいですけど、Visioを持たない場合はどうすればいいのでしょうか?ここで、Visio を使わないでVisio ファイルをPowerPointに変換するために簡単な方法を紹介させていただきます。

EdrawでVisioファイルをPPTに変換する方法

このVisio の代替ソフトをダウンロードして、パソコンにインストールするだけでいいです。

1. Visioファイルを開く

Edrawを起動し、「ファイル」メニューにおける「インポート」をポイントして、Visio vsdx ファイルを開きます。

Visio ファイルを開く

2. Visio ファイルを編集

Visio ファイルを再編集する必要があれば、Edraw デザインツールで、テキスト入力、色変更、サイズ調節、テーマ変更、背景追加などVisio図面への編集も可能です。

3. Visio ファイルをPPTに保存

Visio ファイルの編集が完了したら、保存と送信ボタンで、PowerPoint形式に保存します。ご要望によって、図面の比例の調節、背景のエクスポートなどを設定することもできます。

Visio ファイルをPPTに変換

Edrawで、Visio を持たない場合にも、Visio ファイルをラクラクとPowerPointに変換することができます。

さあ、この優れたVisioの代替ソフトウェアを無料体験してみましょう。

Visio ファイルをPowerPointに変換する方法 - Edraw