edraw-max-horizontal
作図ツール
活用教室
製品ツアー
製品最新情報
無料体験
購入

Visio ファイルをPowerPointに変換する方法 - Edraw

> EdrawMax How-Tos > Visio ファイルをPowerPointに変換する方法 - Edraw
edraw編集者
編集者: Edraw | 2021/02/25

Visio はフローチャート、ネットワーク図、間取り図、電気回路図などを作成するための「作図に特化したソフトウェア」です。このような図をよく利用する業界では、Visioソフトで作られたVisio形式のファイルを編集する事が多いですが、一般的には取り扱う事が少ないですよね。

「どうしてもVisioファイルを編集しないといけなくなった」「Visioファイルの中身を確認しなければならなくなった」そんな時に役立つのがEdrawMax(エドラマックス)です。

Visioファイルを開くだけでなくここでは今後編集・印刷・確認しやすい様に、PowerPoint形式に変換する方法をお伝えしていきます。

EdrawでVisioファイルをPPTに変換する方法

事前準備として、まずはソフトウェアをダウンロードしインストールしておきましょう。
(このページで紹介する方法は無料版で動作確認を行う事が出来ます。)

1. Visioファイルを開く

エドラマックスを起動させ「ファイル」メニューから「インポート」を選択し、Visio vsdx ファイルを開きます。

Visio ファイルを開く

2. Visio ファイルを編集

Visio ファイルを編集する必要があれば、そのまま編集してみましょう。詳しい編集方法は(Visio図面への編集)左記ページで紹介。

3. Visio ファイルをPPTに保存

Visio ファイルの編集が完了したら、保存と送信ボタンで、PowerPoint形式に保存します。
図面の比例の調節、背景のエクスポートなどをこちらで設定することもできます。

Visio ファイルをPPTに変換

非常に簡単にVisioファイルを編集・保存することができますね!

まだソフトをダウンロードしていない場合は「Visioの代替ソフトウェア」を無料体験してみましょう!

もっと見る

Visio ファイルをPDFに変換する方法

Visio ファイルをExcelに変換する方法

お買い得のVisioの代替ソフトウェア

Visio 図面の編集ソフト