【8ソフトを完全比較!】地図作成のおすすめフリーソフト

> 地図 > 【8ソフトを完全比較!】地図作成のおすすめフリーソフト
編集者: Edraw | 更新日:Dec 07,2020
地図

地図は私達の生活に欠かせないものです。 場所から場所へ移動したり、様々な場所を特定するためにも必要です。 ビジネスにおいては、より多くの顧客の位置を地図上に追加してそれをマーク出来るので、ビジネスの根拠の見通しを高めるために地図は重要です。 地域に基づいて人や物を分類するためにも、地図を使うことが出来ます。

これらの理由により、私達は自分たちの活動に合わせて継続的に地図を作成し更新して行かなければなりません。 地図を作り上げるのは、非常に根気のいる大変な作業です。 したがって、より早く正確な地図作成アプリケーションの支援が必要です。 この記事では、この特定の目的に使用できる様々なソフトウェアについて考察します。

マップメーカー ベスト8

1. Visme

Visme

地図作成アプリケーションを探すとき、Vismeは最高のソフトウェアの中でも非常に高いランクに位置付けられています。 使いやすさも一因です。ユーザーは地図の一部を選択して作業できるほか、標準で付属している編集ツールのおかげで情報や文字を追加できます。 このツールを使うと、地図の様々なセクションを色分けして、凡例に配置できる特定の情報に対応させることも出来ます。 ゼロからの作成が好ましくない場合、ニーズに合わせて作業を開始したり編集することの出来る多数のテンプレートも提供します。

2. Edraw Max

Edraw Max

Edraw Maxは主に、多目的用途で知られています。その中で最も人気のある機能が簡単なマップメーカーです。 これは主に事業主が、アクセスを容易にさせるために自分の営業所の所在地を地図に載せるために使われます。 ユーザーの間で人気を集めている主な要因は、マップメーカーに付属する様々なオプションです。 地図を特徴づけるために使用される、例えば道路標識やランドマークなどを含めた形状のライブラリが豊富に揃っています。 ユーザーはニーズに合わせて、その形状を変えることも出来ます。そのため、他には無い独自の、説明に富んだ地図を作ることが出来ます。

フローチャートを無料で書くならEdrawMax(エドラマックス)
3. Google Map Maker

Google Map Maker

Google Map Makerは、ユーザーが既存の地図に地物を追加して、地図をより詳細にすることが出来る地図編集ソフトウェアです。 ビジネスの場所や建物を追加して、他の人がその場所を簡単に見つけられるようにすることも出来ます。 それは、衛星画像の無い地域のモデリングに非常に役立ちます。 図面の精度を上げるために、熟練したユーザーは作業が完了したら評価をすることが求められます。 Google Mapの開発により、独立したエンティティとしてのGoogle Map Makerは終了し、提供されていた機能はGoogle Mapに移行されました。

4. Atlist

Atlist

これは、魅力的で有益な地図を作成して、場所やビジネスを強調するために必要な手順を提供することを目的とした地図作成ソフトウェアです。 これによりユーザーは場所に目印を追加したり、緯度や経度を使ってGoogle Mapに存在するエリアを検索することが出来ます。 目印を強調するだけではなく、形をデザインしたり色を選択して入力することも出来ます。 また、地図のテンプレートも表示され、それらはユーザーが自分たちの説明に合うように編集することが出来ます。

5. Mapbox Studio

Mapbox Studio

Mapbox Studioは、ナビゲーションのようなインスタンスで使用されるリアルタイムデータだけではなく、 優れた地図編集機能をも望む高度なスキルを持つユーザー向けに設計されています。 非常に複雑なため、ビジネスの場所を追加したいだけのユーザーには適していません。 色やフォントを追加できるだけではなく、3Dモデリング機能を提供してくれることは、ハイテクに精通したユーザーにとって夢の実現です。 他のマップメーカーと異なり、地図のソースとしてGoogle Mapではなく、 Open Street Mapを使用しています。

6. Snazzy Maps

Snazzy Maps

Snazzy Mapsは、カスタマイズされた地図を作成するための迅速な解決策を提供するために設計されています。 それは、ユーザーが選択して好みに合わせて編集できる4000以上の地図レイアウトを提供することによって実現します。 ユーザーはゼロから地図を作成でき、緯度や経度を使用して場所を入力する必要があります。 Snazzy Mapsは、情報ウィンドウなどのアイテムをユーザーがカスタマイズできるようにする幅広い編集オプションも提供しています。

7. Mapline

Mapline

Maplineは基本的に、データセットを入力し、目印やアイコンを使って地図上にデータセットを表示するために使用されます。 提供された場所に基づいてデータを簡単にフィルター出来るので、ルートの計画を立てたい人達に主に気に入られています。 地図の描画には主眼を置いていないため、編集機能をあまり持たないテンプレートが3つ付いているだけです。 情報ウィンドウについても、平凡で飾り気のない物のように見うけられます。

8. BatchGeo

BatchGeo

BatchGeoは、地図を作成する最も簡単な方法を提供します。 ユーザーはデータをデータセット形式で入力するか、エクセルから取り込みます。 アプリケーションがデータを読み込むとGoogle Mapと通信して地図の画像を取り込み、それに間違い無いかどうかをユーザーに確認させます。 単純化した特質のため、カスタマイズできるオプションは多くありません。 BatchGeoでは、3種類の目印の形状、7色のカラー、6つのテンプレートからのみ選択可能です。

ご希望のマップメーカーを手に入れる

地図作成ソフトウェアは常に改良されています。 追加機能の面でも、使いやすさの面でも、これらのアプリケーションユーザーの要求水準はより厳しいものになっています。 これらを念頭に置いて、彼らは機能性と優れた編集機能を兼ね備えたアプリケーションを求めています。

このリストで全てのマップメーカーを慎重に評価した結果、Edraw Maxは主にその編集機能によって、他と比べて際立っていると言えます。 地図を描いた経験のないユーザーの場合でも、レイアウトを使って非常に詳細な地図を作るのに役立ちます。 ユーザーインターフェースも非常に使いやすく、学ぶのに多くの時間を要しません。 高品質な成果物を保証する地図作成アプリケーションを必要とするユーザーにとって、Edraw Maxは間違いなく頼りになるアプリケーションです。


Edraw Max -- All In One の作図ツール
  • 豊富なテンプレートと図形
  • 様々なファイル形式に対応
  • フローチャート、マインドマップ、組織図などを作成
  • Officeライクの操作感覚 初心者もすぐ使える
地図作成ソフト